阿波公方代々の墓所・西光寺と蜂須賀家の仕打ち

こんにちは。


阿波公方足利家の菩提寺・西光寺。


室町幕府第14代将軍・足利義栄、第10代将軍・足利義稙、初代阿波平島公方・足利義維(義冬)の墓所。

義栄の死後は弟の義助が第2代阿波公方となり、平島館で上洛の機会をうかがいます。


第14代将軍足利義栄の母と妻、2代阿波公方義助の墓所。

義栄の妻は大内義興の娘。

将軍職を家臣に追われ、全国放浪の末に周防国大内氏を頼ったのは、第10代将軍・足利義稙。

彼の養子である義冬、その縁で大内義興の娘を妻に。


義冬も、後見人である細川持隆が三好実休に暗殺された折は激怒して妻の実家へ引っ越しましたね。



平島館の玄関(地蔵寺へ移築されたもの)

義助達阿波公方は、平島館で雌伏の時を過ごします。


しかし。



土佐の長宗我部元親が北上し、阿波へ侵攻。


200年以上も細川・三好氏の拠点であった勝瑞城が落ち


三好氏の後を継いだ十河存保は讃岐へ。


ところがらっきー♪(はじめての、らっきー♪)


元親は、阿波公方の伝統的権威には手を付けず。

阿波公方の所領(平島郷十二村・吉井・楠根・丹生・和食の三千貫)を従来通り保証。


阿波公方の面目を保ちました。


ところがどっこい。(やっぱり)


阿波徳島藩主となった蜂須賀くん。

室町幕府の将軍家が藩内にいるのは、


生かさず殺さず。


① 阿波公方の禄高を一挙に100石内外に削ります。

足利義昭は秀吉期に1万石、喜連川氏(鎌倉公方家の後裔)は大名格、西山至之・尾池藤左衛門(義輝の遺児の子)でさえ1千石といいますから、阿波公方の100石はとってもとっても冷遇。


② 阿波公方第4代目の義次を「平島又八郎」と名乗らせるなど、旧将軍家の権威を認めず。

平島にいるからって平島姓を名乗らせるとは、なんちゅー単純お馬鹿。

また、これ以降阿波公方家は、平島姓の場合は「又」を通字にします。

何でもこれは、遠祖の足利尊氏の幼名「又太郎」から取って、蜂須賀氏に強引に通字とされたものだとか。(wikipediaより)

んまー。


なんてこったい。

以下、()内は平島姓。


第5代目公方義景(又二郎)、第6代目公方義辰(又太郎)。

※4代義次(又八郎)の墓所は不明(平島館と伝わる)


第7代目公方義武(又八)。


第7代目公方義武の弟・義人。この方だけお不動さん。


足利二つ引紋が見えます。


第8代目公方義宜(右兵衛)。

京都の名儒(儒者)島津華山を招いて子弟を教育しました。


第9代公方義根の子と第7代目公方義武の弟の義人の子。

あれ?

第9代公方義根(又太郎)がいない。

そう。この義根、蜂須賀家の対応にたまりかね、


爆発。

とうとう阿波を去ってしまったのでした。

義根が去った後の平島館は廃され、今はわずかに土塁が残るのみ。


歴代阿波公方と妻や子が眠る墓所。


室町幕府の将軍も眠る足利家の菩提寺。


西光寺でした。


次回、阿波公方のお金の話へ、つづく。


西光寺
《住所》徳島県阿南市那賀川町赤池185番地




いつも応援いただきありがとうございます。
「不幸」の神様に好かれたのか、代々、踏んだり蹴ったりの阿波公方家。それでも暴れだしたりしないのは、自前の武力がないからかしら。それとも「そんなことははしたないぞよ」だったのかしら。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

ちとギックリ腰しちゃったんで手短に^^

>「そんなことははしたないぞよ」

に一票。
既成の権威なれば、政(まつりごと)は家臣がすることなのです(多分)

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

100石!
100石はあんまりでないかい?
おまけに「又八」って、まるで足軽みたい。
これでもか!っていうほど、意地悪したのね。
義根殿のお気持ち、分かるわ。
義根殿はその後どうなったんだろ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぎっくり腰とな。それはまた痛々しい。

お大事にあそばして。

気持ちだけとても気高い阿波公方かぁ。

義栄の頃には義植の時代に共に阿波へ来た旧幕臣も少なくなっていただろうし、こんなはずではとも思っただろうし、ストレスの多い毎日だったのかしら。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はい。100石。

蜂須賀家からしてみれば、藩内にめんどくさい存在があるわけで。

よそから来た蜂須賀家に対し、阿波公方家は200年以上も阿波で勇名を馳せた細川・三好が担いだ貴種。

いつ、誰が再び御輿に担ぐかわかりませんし。

とことん貶めることで、次第に、「なかったこと」にしたかったのかと。

義根さんは阿波の文化サロンのオーナーのような存在になります。

早く終わらせて次の場所へ移動したい反面、ここまで連載したので終わらせたくない愛着もありまして。

あと二回ほど、お付き合いくださいまし。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼