松永久秀と三好三人衆、足利義冬を将軍にしま・・・

こんにちは。

天文22年(1553)。

頼みとしていた細川持隆が、長慶の弟・三好実休により見性寺において殺害されてしまった足利義冬。

さすがにこれには激怒して


妻の実家、周防の大内さんち(当主は大内義長)へ家出。


畿内では。

永禄元年(1558)。

将軍家(足利義輝)と三好長慶は和解。

永禄4年(1561)3月30日。

三好長慶は、義輝を将軍御成として自らの屋敷に迎え、5月6日に義輝の勧告で敵対する細川晴元とも和睦。


数年の間、平穏。


長慶はこの頃には摂津・山城・丹波・和泉・阿波・淡路・讃岐・播磨・河内・大和の10カ国に加え、伊予東部2郡・山城南部等を支配下に。


ところが。


永禄7年(1564)。

三好長慶、病没。

長慶を支えたよくできた弟達(実休・安宅冬康・十河一存)も、既に他界しており、後を継いだ長慶の甥・義継は若年。

で。

松永久秀と、三好三人衆(三好長逸・三好宗渭・岩成友通)が、台頭。



一方、将軍義輝は


香取神道流の剣豪・塚原卜伝に習う程のリアル暴れんぼー。

しかも、筆まめ。

あちこちの合戦を調停したり、せっせせっせとお手紙書いた。

「当代、京の公方様義輝と申候は、天下の覚めでたく候」(『細川両家記』)


松永久秀と三人衆、危機感ばりばり。

彼等が望むのは、傀儡の将軍。


永禄8年(1565)。

室町幕府13代将軍足利義輝を暗殺(永禄の変)。

室町御所を襲撃し、めっためたに斬り殺しましたとさ。



室町幕府の将軍を近江へ追い払うものの、殺しはしなかった三好元長・長慶とは大違い。

さて、松永久秀&三好三人衆は


第14代将軍を誰にするかと考え・・・


義澄(11代)━義晴(12代)━義輝(13代)
      ┗義冬    ┗義昭


おや。阿波公方家しか将軍継承候補が居ない。(義昭、逃亡なう)

そう。


白羽の矢がぶっ刺さったのは、


ずっと将軍になりたかった、義冬です。


三人衆(三好長逸)が迎え、周防国から阿波へ戻った義冬。

いよいよ将軍に・・・


ちょっと待て。



いくつだ、義冬。

57。


待ちに待ってたら、もう、57。


なんてこったい。


さすがにこの年では征夷大将軍職ははばかられ。


嫡男の足利義栄が次代室町幕府将軍として推挙されました。


ちなみにこの頃、松永久秀と三人衆、仲違い。


永禄9年(1566)。

足利義栄は、三人衆方の篠原長房・三好康長らに擁され摂津国へ入ります。

永禄10年(1567)1月5日。

「従五位下左馬頭」に叙任。

これは、征夷大将軍になる者が事前に命じられる官職。

あとは征夷大将軍の宣下を待つのみ。←義冬、ずっとここ




永禄11年(1568)2月8日。

朝廷より「第14代将軍」として義栄に将軍宣下。


ついについに、将軍になれたー(息子が)!!



苦節数十年。

義冬自身はなれなかったけれど。

よよよよ。


ところがどっこいしょ。


義冬を最大の悲劇が襲います。



つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。
自分の武力を持たない義冬には、待つことしか出来なかったのかな。ずーっと待ったあげく、年をとってしまったが故に手に入らなかった将軍の座。嫡男の義栄が第14代将軍になれたのが救いです。畿内に松永久秀と三好三人衆が出てきたということは、いよいよ、織田信長がやって来る頃合い。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

松永久秀・・・この人興味ありますよ!
まだ追っかけたことはないですが、機会があれば詳しく調べてみたい。

「信長協奏曲」での古田新太さん、ぴったりだったな~(^_^;)

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そぉぉぉ~なんです、松永久秀。

彼を追っかけると、三好長慶が信長前に既に畿内を手中に納めていたことがわかりますし、全国区になる前の畿内の攻防がとても面白いです。

悪評は後年の捏造が多いので、素直に素朴に追っかけたいですー。

昨今の研究でようやくこの時期の三好氏が見直されるようになってきて、とても楽しいですよー。


>「信長協奏曲」での古田新太さん、ぴったりだったな~(^_^;)

そうそう♪
あまりにぴったりすぎて他の人が霞むというパンチ力のある久秀でしたよねー。うふふふ。

No title

こんばんは~

おお、義冬さんの嫡男が義栄だったんだ。
何だか色々と脳内から零れ落ちてます(爆

暴れん坊将軍のテーマ~~~♪(* ̄O ̄)β~♪^♪一緒にハミングしちゃいました( *´艸`)

ほんと信長や秀吉が出ると、途端につまんなくなる。
ぽちぽちぽちーーー☆

No title

クレイジーパンクジジイ松永久秀キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
ミッキー・カーチスが蘇ります。
パンクじいさん奈良で雪丸くんに見つめられながら隅っこで小さくなっているのが物悲しい。

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

三好三人衆の全盛時代ですね。

暴れん坊の久秀さんといつまでもつのでしょうか。

群雄割拠のこの時代が、いちばん戦国時代なのかな気がします。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

暴れん坊将軍とか水戸黄門って、やっぱり面白かったな~、と思うのですわ。

阿波公方三代に絞ってみたら、大体の流れがほんのり見えたような気がします。ざっくり省略してよかった。

義昭に負けず劣らず、しつこいというか、執念ですね、義冬。

信長・秀吉が出てくると全国区。長慶の時が面白いのピークなのかなー。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お、おおお。
これまたマニアックなコメントありがとうございます( 〃▽〃)

雪丸ときましたか。ふふふふ。
さすがさかした様、お目が高い。

雪丸くんのインパクトに押されてパンクじいさんを忘れそうになります。

松永久秀の追っかけしてみるのもいいなーと思う今日この頃です。
何たって近い。ふふ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

義栄を上洛させる頃には既に久秀と三人衆は仲違いしていたようです。

おっしゃる通り、信長前のこの時代が一番のピークなのかなー。
あとは信長礼賛であんまり・・・。

元長・長慶から松永久秀と三人衆の時代が、ひとつひとつ調べていくには一番面白い気がします。
若い研究者さん達が次々に論文を出していて、地味に楽しいです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼