足利義維(義冬)、従五位下左馬頭になれども将軍には?

こんにちは。



義稙亡き後、その意思と執念を継いだのは、11代将軍義澄の子で義稙の養子であった足利義維(よしつな・後に義冬)(1507-1573)。

お育ちは阿波細川さんち。


という、とーちゃんの遺志を継ぎ。

京都の室町御所で第十二代征夷大将軍となっていた実兄の足利義晴と対立する道を選び、その将軍位を虎視眈々と狙い始めます。


そんな義維の後ろ盾は、阿波国を代表する二人の権力者。

阿波守護職・細川之持(ゆきもち)と、その右腕・三好元長。


特に三好元長及び弟の康長の武勇と器量は大きな支え。


大永7年(1527)2月。桂川原の戦い。
三好元長・細川晴元達は、兄の第12代将軍・義晴を擁する細川高国を打ち破り。

将軍義晴は京都を捨て近江朽木谷へ逃亡。京都室町政権は瓦解。


ポイント。
ほっぽり出すだけで、追いかけて始末まではしないのが三好元長。
これは、子の長慶も同じ。


覚えておいてね♪


同年3月。

細川持隆、三好元長に擁立され、義維(義冬)はついに阿波を出立。
大阪の堺へ入ります。



同年7月。

「従五位下左馬頭」に叙任。

これは、征夷大将軍になる者が事前に命じられる官職。

あとは朝廷からの勅使を迎え、征夷大将軍の宣下を待つのみ。




堺の顕本寺に居住した足利義維(義冬)の周りには、都を追われ鳴門の撫養で死去した第10代将軍・足利義稙に従ってきた幕府吏僚達がおり、奉行人奉書の発給を始めています。(wikipediaより)


「堺公方」「堺大樹」と呼ばれても、肝心の待ち人、来ず。

朽木谷へ逃れたとはいえ、現職の将軍・義晴は存命。
再起する可能性もあったからでしょうか。


かれこれ5年間、待ちぼうけ。


そこへ凶報。

天文元年(1532)6月。後見人の三好元長が幕僚同士の勢力争いに敗れ、顕本寺で自害。


この時、お腹から中身を取り出して天井へ投げつけたとか。



三好氏の本拠地・勝瑞城跡に建つ見性寺境内に墓所がありましたね。


三好一族(之長・元長・義賢・長治達)の墓所。


頼みとしていた三好元長の死。


足利義維(義冬)、しょーっく。

三好一族と共に阿波へ帰国。


迎えたのは、阿波守護・細川之持でした。



ところがどっこい。

つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。
「あちょー」等でたびたび登場するちび狛犬さんは、兵庫県丹波市春日町黒井の兵主神社の子です。阿波公方なんて馴染みの薄い人のお話には、せめて狛犬劇場で楽しく楽しく・・・。暖かくなり凍結の心配がなくなったので、狛犬さんに会いに行かなくちゃ♪とわくわくしてたら、花粉症が来ました。うおー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

三好さんと細川さんが(自分の脳には)複雑なので、
狛ちゃん劇場助かってます^^

そちらは花粉ワールドですか^^;
こっちも今日は雨なので家で史料を眺めてました^^

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

三好元長親子の頃までは良くできた三兄弟とか、淡路島~讃岐・阿波は大騒動、うひゃーな感じで萌え燃えなんですが、信長が出てくると一気に萎えるといいますか、全国区になってしまってつまらないです。

後は皆様ご存じの通り、で誤魔化してー。ほほ。

さっきまでドライブしてたんですが、花粉ワールド大盛況です。
鼻水はテイッシュを詰めとけばいいのですが、おでこが痒くなるとか、顔が真っ赤になるとか、もう、やだ。

真夏までこれが続くのですわ。ほほほほほほ。

No title

ああん、気になる。
この後、足利義維殿はどうなるの?

この当時の足利氏内部の争いって、ものすごく面白い(興味深い)のね。
それにしても、5年も待ちぼうけって・・・・

『ほっぽり出すだけで、追いかけて始末まではしないのが三好元長。これは、子の長慶も同じ。』
これは、今後どう関わってくるのかな?
続きを楽しみにしています。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

この当時、足利の周りにいろんな細川がいて、そのうち三好親子じゃない三好とか三好なのに三好じゃない人が出てきて、畿内を右往左往してくれるので大変です。

5年の待ちぼうけなのは、ちょっとこの人まで面倒見てられないわっ、という面もあったかと。

将軍はちゃんといますから、細川・三好は何がなんでも義維を将軍にしようとは思っておらず・・・ちょっと温度差。


>『ほっぽり出すだけで、追いかけて始末まではしないのが三好元長。これは、子の長慶も同じ。』
>これは、今後どう関わってくるのかな?

この思考は三好に限らず信長でも共通する割と大きなテーマでして。

三好長慶、殺されそうになってものほほん、っと見逃してます。
奥が深すぎて、頭、混乱してしまいます。

No title

つねまるさん、こんばんわー

細川さん、三好さんの後ろだてがあったので、勇気100倍だったのでしょうけど、三好さんは詰があまい人だったのですか。

義維くん、三好一族とまた阿波に帰って来るとは、ちょっと可愛そうな気もします。

ところがどっこい。また立ち上がったのかな。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

詰めが甘いと言ってしまえばそれだけなんですが、この、室町幕府の将軍に対する処遇は、しっぺ返しを食らうことに。

頼朝のやり方を学ばなかったのかなーと思ったり。

義維くん、泣いて阿波に帰りますが、ところがどっこい、の連続で。

淡路島と阿波の狛犬さんを追いかけているうちに、やはり阿波といえば阿波公方でしょー♪となってしまいました。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼