スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室町幕府第10代将軍・足利義稙

こんにちは。


阿波公方の菩提寺、西光寺。

ここには、歴代の阿波公方が眠ります。


その中で特に大切にされているのが、


(左から)
室町幕府第14代将軍・足利義栄
室町幕府第10代将軍・足利義稙
初代阿波平島公方・足利義維(義冬)。


今日は真ん中の、足利義稙のお話。


室町幕府第十代将軍・足利義稙(よしたね)。
(1466年9月9日~1523年5月23日)


将軍在職は2度。

1度目は延徳2年(1490)7月5日~明応3年(1494)12月27日
2度目は永正5年(1508)7月1日~大永元年(1521)12月25日。


「阿波公方」家の発端となった人。


応仁の乱を引き起こす原因となった室町幕府八代将軍足利義政の弟、足利義視の子。



八代将軍足利義政、九代将軍義尚達の相次ぐ死により、転がり込んだ征夷大将軍の座。



らっきー♪

が。

管領の細川政元の反対を押し切り、反逆者を討伐するため京都から出陣しているうちに家臣たちによって征夷大将軍をクビの上、幽閉。(明応の政変)


前代未聞の珍事です。

足利義稙、憤慨。逃亡。

越中、近江、加賀、次いで中国地方の最西端・周防国まで巡り、有力守護大名を頼り、征夷大将軍職復権を狙います。

この間実に13年半。


必死。


ちなみに細川政元、ですが。

室町幕府の三管領(斯波・畠山・細川)である細川氏本家・京兆家の人。

修験道・山伏信仰に凝って、女性を近づけず生涯独身。


「天狗になりたかった管領」と覚えてやって下さい。


永正4年(1507)。その細川政元が暗殺されて政元の3人の養子の間で細川家が分裂状態(永正の錯乱)に陥ります。

ちゃーんす♪

周防国において大内義興の支援を得、その軍事力に頼り、永正5年(1508)に京都を占領。

将軍職に復帰。



日本史上唯一『一度クビになり復活した征夷大将軍』になりました。

ところがどっこい。

大内義興が周防に帰国後、今度は当時管領であった細川高国(政元の養子)と対立。


足利義稙、血の気が多いのか性格がまずいのか。


大永元年(1521)に細川晴元・細川持隆を頼り京都を出奔。

高国は義稙に代わる新将軍として、11代将軍・義澄の遺児・義晴を擁立。


義晴の征夷大将軍宣下に伴い、足利義稙は再び、将軍職をクビ。
(権大納言・源氏長者・淳和奨学両院別当には在任)



義稙は、和泉国堺から、淡路、そして、鳴門の撫養(むや)に流れ着きます。


撫養です。むや。



復権の日を夢見ながら、阿波国・撫養で死去。


「惠林院殿贈一品征夷将軍/巌山道寂大禅定門 」



足利義稙の思いは次の世代へ。

つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。
足利義稙の時代、畿内はとても賑やかです。13年半もの間日本のあちこちをうろうろした足利義稙。「流れ公方」「島の公方」などと呼ばれたようですが、まぁ、よく諦めずに粘ったものだと思います。撫養で最期を迎えることはさぞかし無念であったことでしょうね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

足利義稙さん、大変な人生だったんですね。
武士であり貴族でもありの、中途半端な立場だったのかな。
無念の死だったんでしょうね。

細川政元さん、かなり気になる管領さん。
天狗になりたかったのね。
家臣も大変だったでしょうね。

No title

こんばんは~

これがホントの有耶無耶・・・・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

足利義稙・・・九州勢&戦国初期萌えとしては足利義材の名前の方が馴染み深いです^^

それにしても凄い情熱?執念?ですね^^

ぽちぽちぽちーーー☆

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

細川政元、天狗になりたかったひと。

関西ローカルの歴史番組でかなり詳しく楽しく解説されまして。
極端な人であったようで、調べると面白かったです。

足利義稙は、執念ですねぇ。
もはや将軍としてのお仕事は書類の発行だけになりつつあっても、一旦味わった高い地位ってのは、忘れられない蜜の味?

この頃になると、周囲も動きが激しい上に素早く、面白い時代です。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

花粉きたー!一気にきたー!なので、時々呆けてたらごめんなさい。

名前、阿波中心なんで足利義稙で通したので、失礼してます。

足利さんちは、しつっこいのかしら?

あ、そうそう。幼名・千熊丸繋がりで三好長慶に名前萌えです。
なんかこう、もこもこしたかわいいイメージが西国無双と混ざります。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。