「真田丸」さらば上野国。滝川一益別れの宴と謡『羅生門』

こんにちは。

さて。前回では、群馬県の能楽事始めが滝川一益の能興行、のお話を致しましたが。

「真田丸」滝川一益、厩橋城で玉鬘を舞う。群馬の能楽事始め

http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-734.html


今回はその続き。


滝川一益、小鼓なう。

一益は上野国の諸将を従え、上野・武蔵国境の神流川の河原で、北条氏邦を先鋒とする北条軍と対決(神流川合戦)。

敗北した一益は碓氷峠を越え、信濃国小諸を経て本国伊勢へ引き返します。

大河ドラマでは草刈な真田昌幸さんと差しつ差されつ、ゆっくり語り合っていましたねぇ。

実は一益は、神流川合戦に敗れて小諸へ向かう際に、上野国の諸将を厩橋城に集め酒宴を開いています。


《別れの宴で謡う一益主従》

酒宴の席で。

一益が『羅生門』の一節を鼓に合わせて「武士の交り頼みある仲の酒宴かな」と謡うと、

倉賀野淡路守が『源氏供養』の一節「名残今はと鳴く鳥の」と返しました。


「『上野史談』小学校生徒用」より。


【『羅生門』と小謡】

一益の謡った『羅生門』とは。

源頼光と家来達が長雨のつれづれに開いていた酒宴。

その最中、「羅生門に鬼が出るとの噂がある」と言う平井保昌と、「この平和な御代に鬼の居場所はない」と反論する渡辺綱。

激しい口論の末、武士の意地にかけてその実否を確かめようと、綱は羅生門へ赴くこととなり、頼光から「行った証拠に立てる札」を賜り、酒宴の場から立ち去ります。

後半はその鬼退治の場面ですが、シテが一言も謡わない異色の曲です。


なぜ、『羅生門』の一節なのか。


「ともない語らう諸人に。御酒(みき)を勧めて盃を。
とりどりなれや梓弓。弥猛(やたけ)心の一つなる。
武士(つわもの)の交わり頼みある仲の酒宴かな」



この部分は、「武士の交わり」と呼ばれ、武士の間で盛んに謡われたものです。



このように、長い長い謡の一曲の中において、TPOに合わせて謡われる「小謡」と呼ばれる部分があります。


《小謡ってなんだー》

謡の中で特に詞章や音階の美しい箇所等を「謡いどころ聴きどころ」としてピックアップしたものを、「小謡(こうたい)」といいます。

江戸時代。能が武家の式楽となり、庶民には中々目にすることが出来なくなります。

ちょうどこの頃、本が写本から印刷になります。
出版が盛んになると謡本が爆発的に売れ、謡が普及します。

また、謡の普及の元には、寺子屋があります。

江戸時代の寺子屋では主に男子を対象に謡曲を教えています。

謡曲の詞章は、実用的な教育を重んじる寺子屋で、手軽に文字の読み書き、地理や歴史、和歌、道徳など様々な知識が得られる教材として重宝されたようです。(文化デジタルライブラリー「日本の伝統音楽・歌唱編」)

http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc8/deao/youkyoku/chusyaku.html


「歌麿筆寺子屋小謡図版画」(法政大学能楽研究所蔵)

おっきな口を開けて、謡のお稽古なう。


祝言、宴会、お葬式、法事、それぞれの場面に応じた小謡があります。

例えば、宴会や能の催しの最後に、『高砂』

「千秋楽は民を撫で。万歳楽には命を延ぶ。
 相生の松風。颯々(さんさん)の声ぞ楽しむ。颯々の声ぞ楽しむ。」


特に『高砂』は、結婚式でよく耳にする「高砂やこの浦舟に帆をあげて~」等、5ヶ所も小謡があります。めでたいめでたい。

追善の折に、『卒都婆小町』

「花を仏に捧げつつ悟りの道に入らうよ。悟りの道に入らうよ」

棟上げ式の祝言「鶴亀」「邯鄲」等。
法事の際の追善「融」「海士」等。
花見では、「桜川」「鞍馬天狗」等。

特に酒席で謡われるものを「肴謡」と呼び、これは数知れず。

いかに謡が庶民の生活の中で身近に楽しまれてきたかが窺えるかと。


【『源氏供養』】

倉賀野淡路守が謡った『源氏供養』。

石山寺へ参詣途中の安居院法印(澄憲)のもとに紫式部の霊が現れ、自分は源氏物語を書いたが、その供養をしなかったため成仏できないと訴えます。
法印が石山寺に到着し回向をしていると、紫式部が生前の姿で現れ、源氏物語の巻名を読み込んだ謡にあわせて舞い、実は式部は観世音菩薩の化身であったと明かして、おしまい。


仏教において、架空の物語を作ることは「嘘をついてはいけない」という五戒の1つ「不妄語戒」に反する、という当時の思想から、紫式部が源氏物語という人々を惑わす絵空事を描いたため、死後地獄に落ちてしまった、とする伝承が元にあります。(wikipediaより)



倉賀野淡路守が謡った「名残今はと鳴く鳥の」は、後半。

地「実に面白や舞人の。名残今はと鳴く鳥の。夢をも返す袂かな。」
シテ「光源氏の御跡を。弔ふ法の力にて。我も生れん蓮の花の宴は頼もしや。」
地「実にや朝は秋の光。」
シ「夕には影もなし。」
地「朝顔の露稲妻の影。何れかあだならぬ定なの浮世や。
よくよく物を案ずるに。よくよく物を案ずるに。紫式部と申すは。
かの石山の観世音。仮にこの世に現れて。かゝる源氏の物語。
これも思へば夢の世と。人に知らせん御方便げに有難き誓ひかな。
思へば夢の浮橋も。夢の間の言葉なり夢の間の言葉なり。」


紫式部の霊が舞ううちに聞こえた「名残今はと鳴く鳥」の声。

ここで、シテはふと我に返り、地謡により、紫式部は石山寺の観世音菩薩の化身であった事が明かされます。




【滝川一益、出立】



「ともない語らう諸人に。御酒(みき)を勧めて盃を。
とりどりなれや梓弓。弥猛(やたけ)心の一つなる。
武士(つわもの)の交わり頼みある仲の酒宴かな


と「武士の交わり」を謡った一益に続き、「名残今はと鳴く鳥の」と倉賀野淡路守が謡ったことにより、この地での交わりは「これまでなり」と、別れを告げる言葉となるのです。

まさに、別れの宴。

一益主従の謡への造詣の深さが伝わるお話でした。


参考文献

『能・狂言なんでも質問箱』(山崎有一郎・葛西聖司著/檜書店)

『能・狂言事典』(西野春雄・羽田昶 編集委員/平凡社)

群馬県立図書館デジタルライブラリー「上野史談」小学校生徒用
http://www.library.pref.gunma.jp/index.php?key=muz6uxudu-917

同上「上野史談」


いつも応援いただきありがとうございます。草刈昌幸様に「酒宴の支度をするよ」と一益が言ったとき、そらもう、がっばーっとテレビに食らいつきました。


わくわくどきどき。

二人きりでしたねー。ざんねん。まぁ、ここでいきなり謡われたら、昌幸とーちゃん、口あんぐりだったかもぉ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 いつも つねまる様の博識博学に感服しております。 戦国時代の武士なんて野蛮な無学な連中と思っていましたが、違いますね。 同TVで木曽氏と取り巻きが野サルのように描かれていましたが、木曽義仲の時代ならいざ知らず、ソーカナ?と疑問譜でした。 今後も目から鱗の歴史紹介が楽しみです。

chorusan様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

人生の大先輩のchorusan様からそのように言われるとこそばゆいです。

人によって差はあるとは思いますが、三好長慶等は室町幕府や都の人々も相手にしなくてはならず、かなり文武両道ですね。
また、信長自身が幸若等に傾倒したこともあり、お取り巻きの皆さんもまた、同じようにたしなんでいます。

上司とのお付き合いでゴルフをするようなものかと。

木曽義昌も、武田家親族衆となっていますので、猿楽に触れる機会もあったろうと思います。

ちょっとお気の毒な描かれ方ですね。

室町幕府自身が傾いた頃より特に猿楽座のパトロン探しは顕著になりますが、それ以前からも望まれれば出張していますので、有力領主の間には猿楽は浸透しています。

ただ、江戸幕府の式楽となる前は、それこそ折り詰め弁当を食べながらわいわいと鑑賞していた事が太閤記等にも見られますので、今の能楽とは趣が違っていたのでしょうね。

No title

こんばんは・・・・(´;ω;`)ウッ
昨日、真田○を見損ねました・・・(´;ω;`)ウッ
土曜日録画に賭けます(`・ω・´)キリッ

結婚式の高砂が小謡の幾つかある一つだったんですね。
昔は披露宴入場で高砂が流れたもんだが、今は歌謡曲・・・って「謡」の文字入ってるやん(笑

ところで花見と鞍馬天狗の関連性がイメージできない。
某時代劇しか知らないもんで^^;

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんばんは。

滝川一益殿、本能寺の変以降、いつの間にかフェードアウトしてしまうと思ってたんですが、そんなはずは無いのよね。
伊勢まで行くのは至難の業だったでしょうね。

それにしても真田丸、キリさんがうるさ過ぎて勘弁してよ、って感じなんですけど。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あらー。
割とバタバタしてる時間帯ですし、今年は全話録画。
知らないことばっかりですしー。

あー、ごめんなさい。
鞍馬天狗の始まりは、春の鞍馬山へ僧(ワキ)が大勢の稚児を連れて花見にやってくる場面でして。

この稚児役が、能楽師の子方デビューになる事が多いんですの。

謡をやってたんで、友人達の披露宴では、高砂の謡しましたよー。
ええ、皆勤賞です。
ありがたかったですが、謡が終わるまで何も喉を通らない有り様。

終わったら、ぐびぐびーっと。

名古屋の披露宴では、謡が出なかった方に対して、あら、ちょっと、クスクス~ってされる小うるさい親族がいるお宅もありまして。

友人に恥をかかせてはならじー!っと、本気で謡ってヘトヘトでした。

こんばんは~

こんばんは~。
滝川さんにしろ、信長さんにしろ
人生の大ピンチになんで暢気に踊ったり「歌ったりしてるんだ!
と思っていたんですが、
謡う曲によってちゃんと意味があって
それを舞うことで言いたい事を伝えていたんだなあとつねまるさんの解説を読んで理解しました。
ちょいと話は変わりますが「ダウントンアビー」というイギリスの歴史ドラマ?の時代考証者が
「昔の人は大げさに自分の感情を表現しなかったし
 するのは品がないことだった。」
と言っていましたが、それは昔の日本にも当てはまるなあと。
涙涙の別れでも、自分の感情を言葉にするのではなく
こうして舞ったり歌ったりすることで露わしていたのかなと思うと、
舞は本当に奥が深いなと思いました。

また、解説楽しみにしてます!!

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

先日の合唱の記事、万見仙千代様のうきうきぃ~♪な気持ちがすごく伝わって、こちらまで元気になりましたー。

滝川一益が私みたいに元気になれればよかったのですが。
私も、信長の死後は清洲会議に間に合わずフェードアウトしていった印象だったのですが、まず、伊勢まで帰らないといけなかったんですね。

信濃を抜けるのも大変だったようでしたねー。
話に聞いていたけどよく知らなかった木曽義昌さん。
土下座→ビンタ→とほほ~、で一気にお気に入りになりました。

キリさん、うざかったですねー。
まだ十代の子供なのかもしれませんが、あなたさえいなければ、とチラチラ思いました。

おばーちゃん、さすがの貫禄ですね。
憧れちゃいますわ。うふふ。

No title

こんばんは。いつも大変興味深く読ませて頂いてをります。

あつ、さうだ、忘れてゐた。去年の夏に群馬、しかも前橋に行つたのに、あゝ、滝川一益。すつかり、失念して、行き漏らしてしまひました。

小唄のお話、大変勉強になりました。
現代ではあまり聞かれないやうな気がしますが、古典には「会稽の恥を雪ぐ」と言ふことがよく出て來るやうな気がします。
昔の人は、故事をよく知つてゐると言ふか、故事から人生を学んだり、風流を感じたりとしてゐたやうで、これ、まさに「歴史に学ぶ」なんだなと最近感じます。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

私も一益に、さっさと動けー!っと思ってました。
でも、謡ったのが『羅生門』と知り、ちょっとホロリ。

おっしゃる通り、謡には古の物語や古歌等がふんだんに取り込まれていますので、それを謡ったり舞ったりすることで思いを伝えたんでしょうね。

受け手がどう思ったか、聞いてみたいです。ふふふ。

戦一辺倒ではなかった武将も数多くいた点は、トロロヅキ様の記事でも学ばせていただいております。
先生、わかりやすくて好きです~( 〃▽〃)

ダウントンアビー、しっかり見ております。
なるほど、なるほど。
そうかー、だからすんなりと鑑賞することが出来るのかも。

舞とは外れますが、昔の時代劇と現在のものとの圧倒的な違いは、その感情表現ですよね。
ぎゅーぎゅー抱き合ったりは、してませんもの。

秀吉以前と秀吉以後で、能がガラリと変わります。
ゆっくりゆっくりですが、よろしくお付き合いくださいませ。

あー、私も有馬温泉でしっぽりしたいぞー。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うおお。ざんねんっ。群馬がどれ程の距離かよくわかりませんが、またのお楽しみにとっておきましょ。うふふ。

「会稽の恥を雪ぐ」

そうですね、謡にもよく出ます。

簡単な所で、船弁慶。ちと長いですが、その前後。


シテ「伝え聞く陶朱公は勾践を伴い
地謡「会稽山に籠もり居て。種々の知略を廻らし。終に呉王を滅ぼして。勾践の本意を。達すとかや

地謡「然るに勾践は。再び世を取り会稽の恥を雪ぎしも。陶朱功をなすとかや。されば越の臣下にて。まつりごとを身に任せ。功名富み貴く。心の如くなるべきを。功成り名遂げて身退くは天の道と心得て。小船に棹さして五湖の。煙濤を楽しむ
シテ「かかる例も有明の
地謡「月の都をふり捨てて。西海の波濤に赴き御身の咎のなき由を。歎き給はば頼朝も。終にはなびく青柳の。枝を連ぬる御契り。などかは朽ちし果つべき


これなどはいい例で、前提として知っていなければならないことがありすぎて、初見では何がなんやら。

これを寺子屋で学んだというのですから、びつくりです。

古文の授業は文法重視で苦痛でしたし、なぜ今、文法を習うのか、これを知ったらどんないいことがあるのか、受験勉強ではわからなかったです。

もったいなかったなー。

謡は、とにかく暗記するのが先行で、意味もわかってない事が多いです。しっかり読み返せば、奥が深いのですけど。ほほほ。

No title

こんばんは!

真田丸、本能寺の変からまた視聴率上向きらしいですね!

三谷さんの脚本だと、滝川さんの出番多くて面白い!

真田パパに「あの嘘つきめ~~~!!みたいな場面が特に面白かったです。
(^_^;)
真田パパ、完全に主役を食っていますねww

No title

>謡の中で特に詞章や音階の美しい箇所等を「謡いどころ聴きどころ」としてピックアップしたものを、「小謡(こうたい)」といいます。
小謡の真の意味初めて知りました。ありがとうございました。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

真田丸、面白いですー。

真田パパ、いいですね。ばーさまと共に最高です~( 〃▽〃)

そうそう、「ウソつきぃ!」の場面、気の毒なんですが面白かったですね。

ちょっと女子がアレですが、これからどうなっていくのかとても楽しみです。
しずか様の旅記事も、楽しみにしてます♪

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

小謡だけで「小謡集」が発行されておりまして、文庫本サイズなので持ち歩いてちょこちょこと見ています。

電車の中で見ていると、お稽古されている方に時々お声をかけていただくことも。

春の清水寺へ行くと、つい、口ずさみたくなりますが、恥ずかしいので我慢です。おほほ。

四方様の周りにも、そんな方がおいでなのでは?(←いてほしいなーっとすがる思い)

No title

こんにちは、kotodayoriです。

今週の大河の場面、印象的に見ました。
こんな、史実に基づいていたのですね、歴史背景がよくわかりました、ありがとうございます。

でも、謡曲にも詳しいですね、大変勉強になります。

また、よろしくお願いいたします。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

今週の大河、面白かったですねー。

私は今度こそ謡うか!?っとわくわくしてたんですが。残念。

信長が幸若舞や猿楽舞に興味を持ったことと、この時代既に教養としての謡が有力武将の間で広がっていたので、滝川一益の別れの宴に繋がっておりまして。

武田、北条、共にお抱えの猿楽師がいましたのよ。
これから秀吉が出てきますので、猿楽が一気に花開きます。
こっそり楽しみです。

謡曲に詳しいといいますか、これしかないといいますか。

お稽古を始めてはや四半世紀以上になりましてー。

京都への用事はほとんどが観世会館や河村能舞台、大江能舞台へ行くことなので、自宅と往復するだけですの。さみしいっ。

kotodayori様の記事を拝見しつつ、四季折々を感じております。
いつもありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼