「真田丸」滝川一益、厩橋城で玉鬘を舞う。群馬の能楽事始め

こんにちは。

天正10年(1582)3月11日。
武田勝頼が甲斐国(山梨県)天目山で滅ぼされたことにより、武田氏滅亡。

信長により「関東管領職」の任と上野国と信濃国小県・佐久二郡を与えられ、信長秘蔵の脇差一腰と馬を携え入部したのは、滝川一益。

まず箕輪城(高崎市)に入り、厩橋城(前橋市)へ移り、厩橋城を拠点として上野国支配を図ります。


【滝川一益の能興行】

「真田丸紀行」に出ていた長昌寺。厩橋城の南に位置。

「境内に本格的な能舞台を作り人々を楽しませました」と語られておりましたが、実はここが群馬県における能発祥の地なのです。


天正10年(1582)5月。

一益は、厩橋城に上野国内の諸将を招き、能を演じます。



自ら『玉鬘(たまかずら)』を舞い、一益の嫡子・於長が小鼓を、岡田太郎右衛門が大鼓を打ったといいます。


《能楽メモ。大鼓ってなんだー》

嫡子・於長が打った小鼓(○こつづみ、×こづつみ)は、ポンポンと鳴らす皆様ご存じの鼓ですが、岡田太郎右衛門が打った大鼓(おおかわ)とは。


お雛様の五人囃子。

向かって左から、太鼓・大鼓・小鼓・能管・謡。

大鼓は、音としては、カーンカーンという、固く高い音。
馬のお尻の皮を張っています。


演能前に、炭火でかんかんにいぶって乾かします。

これによって、カーンという音が出ます。

私の習っている大倉流では、ドン、と、チョン、の「ちっちゃい音とおっきい音」の二つ。

かんかんに張った固い皮を素手で打つと、衝撃で手のひらではなく、手の甲がぽんぽんに腫れます。

そうねぇ。テーブルの角を手のひらで思いっきり打ち付ける感じ。

素手で打つと、ほんっとに痛いんだよー。
氷で冷やさないといかんほど、痛いんだよー。
初めて打った時は、ほんっとに手の甲が内出血したんだよー。

なので。


プロの方は、「指皮」という指サックとグローブもどきで保護。

指サックは、張り子のように米粉を水で溶いた糊と和紙を指に張り付け重ね、一番上を紅茶で着色した和紙を張り付けます。
乾燥させれば、こちこちになります。

全てオリジナルにするのは、自分の指の形にぴったりでないと、演奏中に飛んでいってしまうため。

演奏前に昔ながらのつぼに入った糊を滑りに用いて、ぎゅーっとはめ込みます。

グローブもどきの位置が大鼓の縁に当たります。


《『玉鬘(たまかずら)』という選曲》

『玉鬘(たまかずら)』は、『源氏物語』の玉葛(夕顔の娘)を題材とした曲で、作者は金春禅竹。

「げに妄執の雲霧の。迷いもよしや憂かりける。
人を初背の山颪。はげしく落ちて。露も涙もちりぢりに秋の葉の身も。
朽ち果てね恨めしや。」


と謡う、美しい女性がシテの曲です。

一益の選曲は、平家物語を題材とする修羅物(武将がシテ)ではなく、美しい女性がシテ。

なんでや。


ねー。

この時の一益の意図としては、織田家家臣ってのは、戦バカだけじゃないぞー、新しい城主は文武両道なんだぜーっと。


果して伝わったのかどうか。


なお、戦国時代の能舞台は、庭先に板を置いた可動式の簡素な物、あるいは、屋内の板敷の上で行っています。

現在のような「能舞台」が出来るのは、秀吉が能に耽溺する晩年以降。


《群馬県における初めての能興行》

6月2日。本能寺の変。


一益、6月7日にそれを知る。(『上野史談』)


6月11日。

一益は長昌寺で能興行を行います。

「能組十二番書立、舞台ヲ拵、瓶ヲ十二フセ」「総構ヲ大竹ニテ二重」(『石川忠総留書』等)

これが記録に残る群馬県で最初の演能とされています。

状況が状況ですから、長昌寺の「総構ヲ大竹ニテ二重」に厳重に囲んだ中での興行でした。

「能組十二番」

現在、午前11時開演、午後5時終了とすると、プログラムは能三番、狂言一番、仕舞数番です。

これでは能十二番なんてとても無理。

秀吉の晩年の演能記録など数々の資料から、戦国時代の能は、曲の全部を謡本通りに演能するのではなく、一部を取り上げるなどして、現在の半分ほどの演能時間であったと推定されています。

「舞台ヲ拵、瓶ヲ十二フセ」

能の型に、足拍子、があります。
足で床をトントンと踏み鳴らす所作ですが、この際の音を響かせるために、舞台床下に口を上に向けた龜や瓶を置きます。

屋根や柱の有無は不明ですが、庭先に板を置いただけのものが多い中、「本格的な能舞台」であると言えると思います。



太平記英勇伝35:滝川左近一益(wikipediaより引用)

滝川一益、小鼓なう。

これは、ポ、の手をしている図。いいのか、一益。のんびりしてて。


6月13日。山崎の合戦。


(高野山奥の院。豊臣家墓所)

周知の如く、光秀は秀吉の軍により、敗北・死亡。


(高野山奥の院。明智光秀墓所)


北条さんが不穏な動きを見せているし、滝川一益、さぁ、どうなる?


舞ってる場合か。


来週へつづく。


参考文献

『能・狂言なんでも質問箱』(山崎有一郎・葛西聖司著/檜書店)

『能・狂言事典』(西野春雄・羽田昶 編集委員/平凡社)

群馬県立図書館デジタルライブラリー「上野史談」小学校生徒用
http://www.library.pref.gunma.jp/index.php?key=muz6uxudu-917

同上「上野史談」


いつも応援いただきありがとうございます。甲斐国・武田信玄の家臣団の中に猿楽師五十余名がいたほどですから、大和猿楽が東へ普及していなかった事はないです。しかし、それが広く普及していることはなく、あくまでも大領主主従の話。滝川一益は上野国の諸将に見せた点が、ポイントです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へええー、へええー
と呻きながら読んでます。
大鼓を叩くと、手がそんな風になっちゃうんだ・・とか。
じゃあ、太鼓か謡が良いんじゃないだろうか。
そんな問題じゃないか。
お能を習うということは、一通り全部体験しなくちゃならないのでしょうか?

滝川一益、私も真田丸を観て、「ちょっと、マジに何の情報も入っていない訳??」 とビックリ。
それこそ、忍びの者とかいなかったのかしら。
使いを出したけど、光秀側に捕まったとか。

No title

こんばんは~途中で寝オチしてて、この時間になってもうた~アタタ

>演能前に、炭火でかんかんにいぶって乾かします。

ドライヤーとかだと部分的になるか。
燻すところが重要そうな・・・ような気がする^^

あれって、痛そうに見えてたけど、やっぱ痛かったんですね^^;
テレビだとチラりんとしか出ないから素手だと早合点してたけど、防具?つけてたんだ^^

能が本格的に広まったのって、いまみたいな能舞台が完成した頃と同時期になるんでしょうかね。
各地域の生産力(経済力)が追いついて、楽しめるようになるまでは時間差がありますもん。

玉鬘チョイス・・・教養アピールを魅せるなら、やっぱ源氏物語が一番判りやすいかも。

ニューハーフ・・・傾き者って解釈されるのを期待したんじゃなかろうか・・・・理解してもらえたかワカランけど・・・

>大領主の話

室町後期に肥前でもセレブ領主が猿楽を好んで、京都から観世太夫を招いてました。
史料に舞台を作ったってあるけど、どういう舞台かとか演目も肥前に記録がないのが残念。

ブログ紀行、次回はマジで来週?(@@)え~~
楽しみにしてます^^

ぽちぽちぽちーーー☆

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

衝撃波は後ろへ伝わるんだなーっと、真っ青の手の甲を見ながら実感しました。えへへ。

太鼓が一番ですねー。
一部を除き、後半だけしか打ちませんし。

素人でお稽古しているうちに、あれもこれもやりたくなったり、初めからお囃子だけやりたい方もおいでです。

謡より、お囃子の方が実は人気なのです。

えーっと。私はちょっと本格的にお稽古したのでして。

間合いを示すのは大鼓。
太鼓があるときは太鼓がリードしますが、この場合はノリノリなので間合いは二つか二つ半。わかりやすいです。

太鼓がない場合の方が圧倒的に多いので、大鼓の手を覚えないとお囃子付きの場合の謡が出来ません。

お囃子なしで謡う時と違い、句読点以外に決められた拍数にするために伸ばす(もつ、といいます)箇所が出てきますが、そこには大鼓のこの手が入る、という関係があるので、能や舞囃子のコーラスを努めるには必須ですの。

真田丸の滝川一益、なんかお気の毒でしたねー。
誰か教えてあげてー!って思いました。

草刈昌幸様が早かったのかなー。

情報合戦で、きっと捕まったんでしょね。お気の毒だわー。
でも、すごく楽しいですね。長野の人がうらやましいー!

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

肥前、観世大夫で検索したら、そちらへお邪魔してしまいました。ほほほ。

千葉さん、まいどありー。

で、継続的にパトロンになったのかしら。

舞台については追々記事にしますが、土俵の上に二間四方(今は三間from秀吉)の板を置いて出来上がり、の時代ですね。

その他は武家社会と能楽、等でお調べになってはいかがでしょうか。
ここで私が調べ直して返事するのは、コメントの域を越えてますので、ごかんべーん。

大鼓の皮は分厚くて、固い。

芯から乾かすためには、長時間火にあてる必要がありまして。
演能の二時間前には楽屋に入り、炭火に当てます。
遠赤外線効果なのか、炭火が一番いいんです。

炭火が用意できない時は、電熱器で代用。

演能中に湿気って、音が、ほへん、ってなるので中入りの際に新しいのと交換するほど、乾燥が必要ですのよ。

ドライヤーなんて持ち出したら、怒号、怒号、破門です。

なので、大鼓だけ、お付きの先生(後見含め)が必要です。

痛そうに見えてほんとに痛いの。
修行中の先生の血豆が破れて、舞台が血まみれになったことも。
うえええーって言いながら拭きましたさー。

No title

こんばんは!

昨年、前橋に行った時、駅からレンタサイクルで回ったのですが、長昌寺の前を偶然通りかかって足を止めたのですよ。
やはりこういう時って呼び止められたのかなって今更ながら思います。

箕輪城が群馬の能の発祥地

箕輪城が群馬の能の発祥地と知ってはいましたが、太鼓(つづみ)はやっぱり、「指皮」という指サックとグローブもどきで保護をしていたのですね!やっと理解できました。ありがとうございました。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しずか様の記事で長昌寺を拝見して、いいなーいいなーと思っておりました。

あら。呼び止められたんですね。きっと。

んんん?レンタサイクルー!?

さすがです、しずか様。
細かく廻られているのは、自転車も利用されているからなんですね。
日々、今日はどこだ?っと楽しみにしております。

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

滝川一益が長昌寺で興行したのが群馬における初の能楽の催しとはいえ、情勢を見ればそんなことしている場合ではないでしょー?と、一益のおしりを叩きたくなります。

同じ大鼓でも、歌舞伎等とは皮の厚さと固さが異なると思います。

また、素人にはなかなかカーンっという音が出ませんの。
手のスナップを効かせて思いっきり打つことが、謡に合わせると出来ないです。

手を保護しても一時間以上打ち続けるのですから、右腕全体への負荷は大きいです。びりびりです。

貧乏旅!

昨年の萩、下関~長府~門司、山口市・・・すべてレンタサイクルで回ったのですよ(^_^;)
バスはほとんど使わなかったな~
幸いお天気に恵まれたので(^_-)

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お、おおおお。すべてレンタサイクルー!

お元気でございますねー。
私は如何にして車を持っていくかばかり考えてしまいます。

お天気があった良くてよかったですね。
私も挑戦してみようかなー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼