勝瑞城と三好家の皆様の墓所

こんにちは。


復元された勝瑞城館と細川殿(勝瑞遺跡デジタル博物館より引用)

http://aizumi-shouzui.sakura.ne.jp/pc2009/m_01_03.html


勝瑞城は、阿波守護の細川氏9代、三好氏3代、約240年の根拠地。

中世城郭は、山城が圧倒的に多い中で、水運を利用した平城の勝瑞城は、全国的に貴重な城郭として注目されているそうです。



勝瑞城域は現在、三好家の菩提寺である見性寺の境内となっています。


何だかよくわからないまま、突進。

三好さんに会いたくて~( 〃▽〃)


江戸時代に城域の西より移転。


三好一族(之長・元長・義賢・長治達)の墓所。


三好之長(ゆきなが)(1458-1520)
阿波守護細川氏分家・讃州家の細川成之に仕え、阿波から畿内へ進出した人。


三好元長(1501-1532)
之長の孫。阿波より挙兵し足利 義維(よしつな)を立て堺公方を樹立。
堺の顕本寺で自害する時、お腹から中身を取り出して天井へ投げつけた人。


シュールだ。


三好義賢(1527?-1562)※のちに、実休。
元長の子。兄は長慶、弟に安宅冬康、十河一存、野口冬長。

天文2年(1553)。主の守護細川持隆を殺害しその実権を奪います。

お茶が好き。

「名物を五十種類も所持」「実休は武士なのに数奇者だ」by『山上宗二記』


狛さん、違うから。


三好長治(1553-1577)
義賢(実休)の子。弟に十河存保(そごうまさやす)。

織田信長と攻防。
石山本願寺の加勢、たまたま朝倉・浅井が決起した等により摂津・河内・和泉の三国をほぼ三好家の勢力下に取り戻すも、和睦して戻った本国の阿波の内政に失敗。

長宗我部軍の阿波侵攻を誘発してしまい、敗北死。



旧本丸の部分とされる城跡。

天下に名を轟かせた三好氏がここにいて、ここから畿内へ出兵したかと思うと、感無量。よよよ。


・・・。

いいの。勝瑞城は勝瑞城館とセットで、三好氏の居城として栄えたんだから。

私、中身を取り出して投げたとーちゃんと、長慶兄ちゃんを助ける実休、安宅冬康、十河一存のよくできた三兄弟にツボってますの。

みんな最期が悲しいんです。しくしく。


東屋があれば、即、おやちゅ。


現在、一部にのみ土塁が残存。


どこどこー?って聞いちゃだめ。


敵は外から来るのよ。


負け惜しみではない。


矢竹の森。

矢等の材料となるので城域でちょこちょこ見かけますが、いざというときに作っていたら間に合わないですよね。
普段からせっせと作っていたのかなー。地味だなー。


天正10年(1582)。



8月28日。十河存保は中富川の合戦で長宗我部軍に大敗を喫し、勝瑞城に籠城。

土佐の長宗我部元親が十河存保の守る勝瑞城に大挙して押し寄せます。

9月21日。十河存保、讃岐へ退き、勝瑞城はおしまい。廃城。


いくら水濠が囲んでいても、


周囲はご覧の通り、ぺったんこ。

居館を捨ててここで体制を立て直し、他の城へ移動。
そんな感じなのかな。

十河存保、よく一ヶ月弱もここで籠城したなぁー。


長宗我部軍が来たら、さぞかし怖かっただろうなー。



天正13年(1585)に阿波へ入部した蜂須賀家政は、徳島城の早期築城のため、廃城となった勝瑞城から石材や建造物の一部を持ち去ったとか。


徳島城の石積。

もぉー、はっちーったらぁ~。



おしまい。


勝瑞城館

《住所》徳島県板野郡藍住町勝瑞



参考文献

勝瑞城館現地説明板

勝瑞遺跡デジタル博物館
http://aizumi-shouzui.sakura.ne.jp/pc2009/index.php


いつも応援いただきありがとうございます。勝瑞城、これだけかよ!っというツッコミはなしでお願いします。水濠が取り囲んでいること、内部は現在、見性寺の境内であり、三好一族の墓所があること、土塁がわずかに残ること。これだけでも三好長慶好き好きには満足至極。鳴門大橋も、明石海峡大橋もない時代に阿波から畿内へ侵出して、実力で手に入れたんですもの。すごいなーすごいなーの連発でございます。うふふふ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

三好(みよし)が欠けて一好(いちよし)に^^
意味的には、つねまる様の思いを受け止めてる気がする。

調べてないとかなんとか言いつつ、
戦国初期ファンにとっては細川さま、三好さまは萌えるツボです ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・

久々に狛ちゃまに「めっ(`・ω・´)キリッ」されちゃった♪
ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんばんは。

三好長慶
つねまるさんは、お好きなんですか。
何でだろう、私、三好長慶=嫌なヤツ とインプットされてて、さっき慌てて調べたら、足利将軍を追放したからだわと分かりました。
下剋上ってやつですね。
もっと大局的に見ないと駄目ね。

細川氏が出てきて、誰だったか細川管領家に「空を飛んだり、空中で止まったりすることの好きな変った方」がいたというのも思い出してついでに調べたら、細川政元さんでした。
この方は、三好之長さんと関係があったみたいですね。
あの頃って、京都方面が本当にゴチャゴチャしていて、ゆっくり調べると面白そうですね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

大阪でしっかり郷土史を調べれば、細川三好のものばっかりで。
遠出をしなくても楽しめるのがポイント高いです。
マイナー過ぎるので書いていませんが。

昨今の若手の研究者、面白いですね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

特に三好長慶については、従来の説を見直す傾向にありますね。
若手の研究者が数々の著書で示しています。面白いですよー。

細川政元。

半将軍と呼ばれるほどの全盛期を造り上げた人ですね。
天狗になりたくて(違)、四十路になっても禁欲を貫いた人(『足利季世紀』)。

修験道に打ち込むあまり、禁欲過ぎて子供がなく。

赤松政則に細川家からのお嫁さんを望まれたときに、途方にくれ。

出家していた姉(洞松院)を還俗させて赤松政則に嫁いでもらいました(『赤松盛衰記』)。

このお姉様、ちょっとぶちゃいくさんなので、父の勝元によって寺に入れられてましたの。
赤松側では、「鬼瓦が来たでー!」と言ったとか。
失礼なお話ですよねー。

でも、この方が政治的に物凄く有能で、旦那亡き後、女戦国大名として約20年に渡り実質的な領主として播磨・備前・美作を治めましたのよ。


政元の父の勝元はグルメで、お食事に出た鯉汁の鯉の産地を当てるほど。

何でも、大阪の淀川の鯉は汁が濁らないそうで。(『塵塚物語』)。
(この時代、産地を大切にする和食が出来つつあるのです。)

この時代、大阪と京都と滋賀がえらいことになっておりまして。
じっくりと調べたらいいのですが、起きたことが多過ぎてー。

あ。

安宅冬康は、淡路島の洲本城を作った人です。

長時さん、お世話になりました

戦国期の西国大名の動向は目まぐるしく変わるので、田舎者の小生は何度時系列に直しても理解できません・・(汗)
三好長慶さん一族は小笠原一族だったんですね。知らなかった(笑)信玄に信濃を追われた小笠原長時が三好一族を頼ったのは親戚縁者の誼って訳でしたか。納得・・・。
長慶さんの後世の評価はあまり芳しくなかったのですが、最近は見直す機運が盛り上がっているとか。良い事です。
まだまだ名誉回復しないといけないお武家さん、たくさんいるように思います(笑)

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

らんまるせんせの真田丸、さすがの地元密着レポートですね。
とってもためになりまする。ありがたいありがたい。

大阪の戦国ピークは信長前の気がします。
信長後は、よそから来た人達が、わーって騒ぎながら通っていった感じ。あとにはなんにも残らず。

長慶さんへの最近の見解はいいですよねー。
諭吉がいくらあっても足りませんが、新しい書籍が出るのはありがたいことです。
これからもどんどん三好くん一族がふゅーちゃーされるといいなぁー。

あちこち廻っていると、信濃国から来た人、物等が多いことに気付きます。
とっても面白いです。

何故藍住町に諏訪神社?から始まり、小笠原氏へ遡って信濃国へたどり着き、諏訪大社の御柱祭がもうすぐだと知り、お尻がむずむず。

三好之長、元長、長慶を単独で追うのは辛いので、ぼちぼち追っかけてみようかと狙っております。うふふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼