「真田丸」内野家康使用の扇と戦国能楽事情。武田信玄の猿楽

こんにちは。

大河ドラマの「真田丸」。

東国にとんと疎いので、今年は記事に出来ないな~と思っておりました。
でも、私だって「真田丸」のお話がしたーい。

ら。

出た。

先週、穴山梅雪と徳川家康の対談の場面。



もしやーもしやー。



きゃっほー♪

観世流仕舞扇のご利用、まいどー♪


私のお稽古用扇なので、汚くてごめんなさい。

仕舞と謡の時に使用する扇を、仕舞扇、正確には「鎮扇(しずめおうぎ)」と称します。

観世・宝生・金春・金剛・喜多の各流派によって、扇の仕様が異なります。

観世流の仕舞扇の特徴として、


要がまぁるい。


親骨に三つ彫り。


三段の水巻の文様、いわゆる「観世水」が描かれています。

他の流派では。


宝生流。「宝生五雲」という5つの雲。


金剛流。「金剛雲」や「九曜星」という華やかな柄。


金春流は、5つの丸紋が描かれた「五星」


喜多流は、3つの雲が描かれた「三雲」。

細かく言えば骨の断面も異なるなどありますが、どうでしょう。
親骨に三つ彫りがあるのが観世流の扇だけなのが見えましたでしょうか?

(各扇の画像は京扇堂様のHPより拝借しました)
京扇堂様のHPはこちら。http://www.kyosendo.co.jp/shop/


ってことで、遅まきながら私もやるの、真田丸。


ええ、もちろん、能楽が出たら、です。ほほほほ。


【戦国時代と能楽】

猿楽を元にする能楽は、足利義満、豊臣秀吉、徳川家康など、時の権力者の庇護の下で発展し、江戸幕府において「武家の式楽」となり最盛期を迎えます。


(福知山市一宮神社の能舞台)


応仁の乱から戦国時代にもなると、能の最大の庇護者であった足利幕府の威光が失われます。

ぴーんちっ。

能役者たちは、一座を維持するために新たなパトロンを求め、畿内から地方に下ります。

・九州の大友氏  ← 金春禅竹の孫、金春禅鳳
・小田原の北條氏 ← 宝生座の宝生家
・浜松の徳川家康 ← 観世座の観世元忠
・越後の上杉謙信 ← 大鼓方の大蔵二助虎家

ほんの一例ですが、戦国武将達の群雄割拠の中で、都から地方へ能楽は流動したことの意味は大きく。

これは、後の安土桃山時代、江戸時代に能が隆盛する下地となりました。


【武田信玄と能楽】

甲斐国の武田信玄のもとへ流れてきた猿楽師がいます。



まず、武田信玄の家臣団の中で、猿楽師はどれ程いたのでしょう。


「観世大夫・大蔵大夫。両座あわせて(子役を入れて)五十一人。
大蔵大夫は名人といわれた。もっぱら、大蔵彦右衛門は脇、みますや弥右衛門は小鼓、こうの孫次郎、長命勘左衛門は狂言をした。そしていつもの客はもと美濃守土岐頼芸と旧近江の守護佐々木義賢の子、義治であった。この二人は国を追われて武田家に厄介になった。 」

(『甲州武田家臣団』土橋治重氏著)


これによると、シテ・ワキ・囃子・狂言方が揃い、金春に限らず観世もおり、かなりまとまった人員を抱えていたようです。

名人といわれた「大蔵大夫」が、「大蔵大夫十郎信安」。

この人が、武田信玄の元へ流れてきた猿楽師。

徳川家康の家臣で、石見銀山や佐渡金山開発に携わり、江戸幕府勘定奉行、老中となった大久保長安のパパ。



信安の父・大蔵道入は春日大社で奉仕する大和猿楽金春座の猿楽師。

金春座の支流のうち名家なのは、大蔵座。

共に秦氏を祖とし、その後も血縁関係にある金春家と大蔵家は、相互跡継(跡継ぎがない場合、片方より入る)の関係にもありました。

道入の子のうち道違と道智はそれぞれ小鼓方と大鼓方の祖(現在の大倉流)となり、末子が大蔵大夫となります。

これが「大蔵大夫十郎信安」で、大和国から播磨国大蔵、そして甲斐国へ。

甲斐武田家の猿楽大夫(武田信玄お抱えの猿楽師)として仕えたのでした。



参考文献

『能・狂言なんでも質問箱』(山崎有一郎・葛西聖司著/檜書店)

『能・狂言事典』(西野春雄・羽田昶 編集委員/平凡社)

『甲州武田家臣団』(土橋治重著/新人物往来社 )


いつも応援いただきありがとうございます。
ここまでせっせと書きながら聞いていた(後でゆっくり観るつもり)真田丸紀行。「境内に本格的な能舞台を建て・・・」って声が聞こえて、ぶおおおー!っとテレビにかじりついたら、まさかの滝川一益。かくん。堺から都への道中で、「ストップストップ」と家康が取り出した扇も、前回と同じ扇でした。にやり。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

流派によって扇の模様が違うとは知らなかったです。
好きな模様を自分で選べるのかと・・・・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

>・浜松の徳川家康 ← 観世座の観世元忠

それで内野家康が観世流扇を使ってるんですね。
細かい時代考証してたんだなぁ。
家康と忠勝のオニギリ飯粒シーンばっかり注目してた^^

そういえば家康は自分で演じたことがあるのかなぁ
戦国武将は自分で踊ったりバックで演奏(笛or太鼓)してたと思ったけど・・・
某マンモス逸話ブログで見た話のウロ覚えですいません^^;

こっち方面は勉強不足で知らないことだらけ。
つねまる様の次の真田○ワールドを楽しみにしてます。

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

仕舞扇が一番顕著に異なっていますが、能の際に手にする扇(中啓=ちゅうけい)はお花や鱗、夕日が描かれているので、同じものを用います。

扇だけでなく、袴の結びかたや、扇の扱い方も違うんですよ。

内野家康が観世流の扇を使っているのが偶然なのか意図的なのか、わからないです。
いや、そもそも、仕舞扇を日常に持つのが、変。

でも昨日の忠勝が持っていた派手な扇は軍扇だったので、もしかしたらそうなのかも。

扇は、時代劇によく使われます。
でも、勝ち誇った人が広げた扇が「負修羅」扇で、吹いたことあります。
源平物の際に、負けた平家の人が持つ扇なので。

>家康と忠勝のオニギリ飯粒シーンばっかり注目してた^^

うんうん。私もここばっかり。ふふふふふ。

能はたしなみのひとつ、なので。

「月がきれいだねー。ちょっとセッションやってみっか♪」な具合で気軽に出来る程度にはなっていたようです。

無論、得意不得意はありまして。

立花宗茂は、狂言がお得意で、とても好評だったんですよ。(『立花宗茂』吉川弘文館)

てんしょーじんごの乱に至っては何度教えてもらっても頭から抜けていくので、自分の在庫でしかお話出来ず。

おほほ。

No title

なるほど、なるほど
信玄公の居館には、立派な能舞台が建てられています。
スマホですから、多くの文字は入力できません😆

No title

なるほどねぇ。
目を皿のようにして見て、やっと分かりました。
あのー
扇の模様は、流派によってこの様に違うんですね?
1流派=この模様って決まってるんですか。

真田丸、面白いですね。
昨日なんて、鉄腕ダッシュ、真田丸、ダウントンアビーとTV三昧。
目が疲れちゃいましたよ。

No title

ま~大変興味深い記事です!

穴山梅雪と徳川家康の運命の分かれ道・・・あの場面まっこと面白いですね!


観世・宝生・金春・金剛・喜多の流派の名前ぐらいは、京都検定の勉強で覚えたのですが、扇の仕様については全く知りませんでした。
勉強になります(#^.^#)

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほほぉ。信玄のおうちには、能舞台がありましたか。

全国各地に能舞台が作られたのですが、現存するものは少ないです。

使われなければ傷んで腐ってしまうものなので、もったいないですね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね。観世流には観世流専用の扇、となります。
決して他の流派の扇は使いません。

扇を専門店へ買いに行った時の会話です。

「仕舞扇ください」
「流派は?」
「観世流です」

仕舞や舞囃子、という舞を舞台上に出すときは、花柄や鱗、夕日など曲目に合わせた絵柄のものを用います。

ただ、骨の彫りと作りが異なるため、これも流派専用のものです。

真田丸、ほんとに面白いですねー!
長野の方がうらやましい。

あ、私も私も。

日曜の夜にテレビ三昧。ダウントンアビーは月曜日に見ればいいや、と思いつつ、やはりリアルタイムで見てしまいました。

疲れましたー。ほほほほ。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

わーい。よかったー。

ドラマの内容について書くと、ボロが出るので回避です。へへ。

伊賀越え、ほんっとに面白かったですねー。
内野家康、かなりいいんじゃありませんことー!?

京都へお越しの際に機会があれば、扇の専門店へお立ち寄りあそばして。
日舞の扇も素晴らしいですが、実際に手に取ると、持ち具合が全然違うことがよくわかります。

京阪神、あっちこっちに舞台があるので、週末はどこかで何かを上演してます。ぜひ一度、お運びくださいまし。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼