スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理を通せば由緒がぐだぐだ。志度の多和神社最終回

こんにちは。


志度の多和神社。



今日は多和神社の由緒書きから見てみます。




《① 創建》

祭神:速秋津姫命

「社伝では、『神代のむかし、速秋津姫命が多和の郷に来たりまして、この水門は潮いと深くして我が心澄みと宣い、とどまり給う。去るに及んで土人大久支、子久支、古老に真澄の鏡を授け給いて、これを我が御魂と取り託して多和の水門を祓戸と定め、国人ここに集いて祓いせば、犯せる罪もおのずから失わせむ。また朝夕に沖行く五百船、千船を守らむと宣いき。ここにその御鏡を御霊代として多和大神と鎮めましき。』とあり、祓いの神として現在に至っています。」


これは、『讃岐國官社考證』の「神代に速秋津姫尊、多和鄕の渚に來まして、此水門は、甚深くて、よき須美戸なりと宣ひて、鎭座るを、後世に、鄕名を以て、多和神社と稱奉りて」の部分。

『讃岐國官社考證』の著者は、ここ、志度の多和神社の宮司・松岡調(みつぎ)(幕末~明治)。




《② 延喜式内社》

【相殿の祭神】大鞆和氣命 帶仲津彦命 天照大日孁命 息長帶姫命 大雀命 倭武尊

「相殿については、寛平元年己酉(八八九)冬十二月に、大祝正六位讃岐朝臣春雄が神明の託宣によって前記六柱の神を勧請して多和八幡宮と称え、産土神として尊崇してきました。延喜式内社であり、元慶元年(八七七)には従五位のうえに叙せられました。」

これは、「『三代実録』元慶元年(877)3月4日の条」の、
「讃岐国従五位下多和神社に従五位上を授く」などを引用。

「讃岐国式内社二十四座」の中の「寒川郡一座・多和神社」の説明です。


《③ 遷座の経緯》

「当時の鎮座地は現在の志度寺の境内にありまして、社頭は志度寺伽藍とともに度々の荒廃があり、殊に戦国時代の文明十一年(一四七九)の兵火かかってからは小社でありましたが慶長十九年(一六一四)に当時の領主である生駒近矩により再興され、社頭も寄進されました。

寛文十一年(一六七一)六月に当時の讃岐国高松藩主松平頼重が志度寺再興に際しまして、今の鎮座地に社殿を新営いたしまして遷宮されたのが現在の本殿であります。」


これは、志度寺から遷座してきた「多和八幡宮」の由緒。
式内社多和神社のものではありません。


《④ なんのこと?》

「その後、明治にいたっては郷社讃岐三ノ宮として広くあがめられています。」


讃岐国の一宮は、田村神社(式内社)。
二宮は、大水上神社(式内社)。
三宮以下は不詳。

「一宮」の成立時期については諸説ありますが、少なくとも明治ではありません。


《まとめ》

①創建の説明をするものの、出典は当社の宮司である松岡調の著書。
②式内社多和神社の話
③当社の前身である多和八幡宮の話
④格付け?

以上の如く、当社を「式内社であり三宮である」とするための切り貼りした由緒書となってしまっています。

これがなければ、「志度寺から来たお社なのねー」と素直に思えるものを。ざんねん。



式内社だけが神社ではありません。



延喜式制定時に、鎮座していただけの話。
その後行方不明になった神社は数知れず。



本殿に向かう参道と枝分かれする小道の先の鳥居。


石の祠の集団。新しい。


本殿へ続く参道脇の石の祠とは趣が違います。

明治の神社合祀?


讃岐国名勝図絵(嘉永7 《1854》年刊)

伽藍配置は随神門の向きを除けば今も同じ。


図絵にある御手洗池も、現存。

しかし、石の祠群は見当たりません。


重厚感のある社殿です。


奉献されている日本酒「金陵」

三百年以上に渡りこんぴらさんのご神酒を造っている西野金陵株式会社のお酒。

明治初期の多和神社の宮司・松岡調は、こんぴらさんの禰宜を兼任。


飲みたかったー(T_T)


悔しいなーと思いつつ、お詣り。


本殿にもたくさんのお酒。じゅるるるる。


さぁて。

かーえろ。


あああ、かわいい。またねー。



ここへお詣りして、松岡調という人物を知ることが出来ました。

讃岐の神社を巡るうちに、再会するかもしれないなー。

楽しみだなー。



海が見える神社っていいなー。

志度の多和神社、おしまい。


いつも応援いただきありがとうございます。
地味な画像ばかりですが、とてもきれいに掃き清められた清々しい神社でした。ご近所の方がのんびりとお散歩しながらお詣りするお社というよりは、背筋を伸ばして改まってお詣りするような神社という感じがしました。うふふ。私は狛犬さんがいれば、それだけで幸せ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごめん~昨日はPC前で撃沈しちゃってた(。--。)スマヌ

一連のシリーズを読んで「ちきないちゃー」が理解できたような感じです。

延喜式の時にあったから格式ある認定って、
狛ちゃにも祀られている神様にも本質的には関係ない気がする。
氏神さまも鎮守様も、その土地と棲んでいる人に寄り添い守護するものだもん。

でも神仏分離の嵐の中では、式内社の格式の鎧が必要だったのかな~とも思う。(。-`ω-)ンー

狛ちゃには悩んで欲しく無いわ~
そこで笑顔でいてね~~

ぽちぽちぽちーーー☆

こんばんは!

各地の寺社をうろうろしている私にとっても石の祠の集団は新鮮に見えます(^_^;)

神社の新しいパワースポットのような・・・
参道脇の石の祠とは、形がまるで違いますね。

No title

つねまるさーん、こんばんわ~♪

記事の内容が難しいので、記事をヒントに勝手に勉強しています。
学生の頃、試験問題が解けないので、教授が好きだった歌手の歌詞を
答案の裏に書いてました。
これで単位が貰えたので、学費を支払った対価のない学生でした><

ということで、今日は「神社とお酒」です。
人々は
「お米がたくさん穫れますように」と祈る
そのお米で造ったものがお餅であり、お酒であり、これらが神様に対する一番重要なお供え物となる。
また、興味深い話として、昔は神社でお酒を造っていて、そこから派生した酒職人が地酒造を造り、祭礼時に奉納されるようになったとか。

つねまる教授は合格点くれるのでしょうか。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

明治4年5月14日の太政官布告「官社以下定額・神官職制等規則」で、神社は新たに格付けされます。

官幣大・中・小社や、国幣大・中・小社、別格官幣社とこれに並行して府県社・郷社・村社。

この格付けも、国による待遇の差が違うだけで崇敬の高低は関係なく。

でも、ま、もらえるもんはもらっとけー。ですかねぇ?

この格付けの先例及び根拠としたのが、延喜式神名帳。

過去記事になりますが、現在の名草神社は、既になくなっていた「式内社名草神社」をどどーんっと復活させて日光院というお寺を排除して出現した神社でした。

格付けの根拠とする他に、神仏分離の方便にも用いられたんですね。

国家神道押せ押せですから。

なので、祭神も、明治政府に都合のいい神様に入れ替わっているお社がありますので、冷めた目で見ることも必要かと。

そもそも延喜式神名帳に名前がなくても古いお社はてんこもり。

制定にも藤原氏の力が働いていることは、忌部氏がぶーぶー言っていることからも歴然。

などと考えると神社にお詣りする意義がボロボロになるので、そこはほら、ほわーんっと狛犬さんを愛でることで解決ですわ。おほほほ。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しずか様でも新鮮でございましたか。

やはり少し異質ですよねぇ。

どこからこんなにたくさんお連れしたのかなぁ。もんもんもん。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

てけててってて~♪はーい、単位ぃ~。

昔のお供えのお酒は、どぶろくのようなものだったんでしょうね。
法改正で、自家酒造が禁止となった時に一番困ったのは、神社ですよねぇ。

米と神社の歴史、調べたらいろいろありそう。

奉献された酒樽を見れば各地の地酒がわかるので、よだれを垂らしながらお酒の銘柄をメモして。

ささささーっと地元スーパーや酒蔵へ立ち寄ってお土産にします。

うふふふ。

No title

四国の讃岐国はじっくり見ていません!
バックデートでつねまるさんの楽しい記事読ませて頂いています!

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

海が見たくて、すちゃっと讃岐へ。
淡路島経由で入ったので、途中の景色も楽しめました。
この辺り、ゆっくりドライブするのには最適でしたよー。

旅に海は欠かせません。うふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。