多和神社(志度)の狛犬ちゃん

こんにちは。


志度寺から車で数分。

かつて志度寺境内に鎮座していたという多和神社へ向かいます。


階段。

ふぅー。


ぜーはー。


志度寺からも見ていた海。


きっとあの車は階段を上ることができるのねっ。


かわいい~って言おうと思ったけど、やーめた。


しつれいせんばん。


何かしら。


うんうん。


面白い形のしっぽ。

さすが海の近くの狛ちゃん(違)。


うふふふ。やっぱり、かわいい。


あれ?


可哀想に、お耳が取れて足元に置かれています。

で、お知らせって何でしょう?


あ、そ。


ご立派な門です。

志度寺から遷座した経緯には二説あります。

①文明11年(1479)。兵火に罹災。元和9年(1623)志度寺住職圓養によって遷座。

②寛永21年(1644)。志度寺造営の際に高松藩主・松平賴重によって遷座。

当地には、元々、連岳神社という小祠があったとのこと。


門をくぐって右折して見た光景。


教えてください。


いつも応援いただきありがとうございます。
石段をよいしょよいしょと登った先で車を見つけると、一気に落ち込みますねー。狭い道が通っているようでした。くそぉ。こちらの狛犬さん、体の大きさに比べ、お座りしている場所が広々としていて、なんとも優雅な子達です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

>可哀想に、お耳が取れて足元に置かれています。

痛々しい(´;ω;`)ウッ

車・・・地元民しか知らない間道があるんですね^^;

ズルぃ・・・・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

この上にも狛がいるのかしらん^^
ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんにちは。お邪魔します。
ちっぽにタコさん💛 
笑顔がかわゆいです~~  
でもお耳が痛々しいですね~💦
うわあ石段まだまだ続くんですか。
この後のお話たのしみです(#^^#)

No title

こんばんは。
なかなか長い階段ですね。
まだ半分なんですね(´・д・`;)

狛ちゃんのしっぽがたこさん♪

No title

こちら拝見してやろうやろうと思って放置していたものをやっと放流しました( ;谷)
お星さま処理に感心しております。
こちらは自然のままに…w

(一度コメントしたのですがどうも弾かれちゃったみたいなので再度チャレンジしてみました)

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

みみなし芳一みたいに、お気の毒な姿でした。

四国の道は酷道が多いので、あまりメイン道路から離れたくなくて。
奥へ入ると、軽でやっと、なところが国道だったりします。

正月太りで激重の身には、辛かったですわ。うう。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ちょいと変わった尻尾ですよねー。

遠くから見たときに、あれ?あれ?不思議なお顔してる?と思ったのが、痛々しい姿だったので、とっても悲しかったです。

阿さんの笑顔が救いですねー。

このあとのお話は、また迷走しそうです。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

途中に踊り場がないと、辛いですねー。
景色を撮影するフリして、ちょっと休憩。

狛ちゃん、たこさんに好かれたようで。うふふふ。
笑顔がたまらないちびっこ狛ちゃんでした。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お邪魔しましたー!

すごいですね。いろんな子達がいて。クマみたいなむくむくさん、連れ帰りたくなりますわ。

この子はうっかりまともに見えたので、お星さま処理。おほほ。
かえって目が行ってしまうかもしれませんが。こほん。

女の子狛犬さんは、ほんと、びっくりしました。

※コメント、なぜか時々はねられることありますね。
ピーな言葉があるわけでもないのにな。

No title

耳の取れた狛犬…
それって、よーく見たら、お腹に袋がついてないかい?

タスケテこまえも~ん。

猫舌=・ω・=様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

てけててってて~♪はーい、四次元お賽銭箱ぉ~♪

うふふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼