スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍師官兵衛紀行の書写山円教寺の本堂は摩尼殿です。弁慶がいます。

書写山円教寺の観光案内。続きます。

三之堂から、てくてくします。




樹齢700年、幹の太さ8.4mの杉の巨木。




お客さん、肩、こりこりでんなー。


栂の巨木。剛毛。


古すぎる。

しばらくして、着きました。

天禄元年(970)創建。


ある日ここで、天人が桜の樹を礼拝するのを見て、

誰かがその生えてるまんまの桜の生木に観音像を刻んだ。

桜の樹、受難。

それが本尊の六臂如意輪観世音菩薩。1月18日だけ開扉。

「摩尼殿」のマニは、梵語の如意のこと。
如意、輪、観世音菩薩がいるのでマニ殿。

残念ながら失火で焼失。これは大正の再建。

まず、裏から回ります。さっきの道から続き。








さぁて、正面からお参りします。






この摩尼殿が、西国三十三箇所巡り第27番札所。
この下は、ぎゅーぎゅーの人混み。
画像下に写り込んでるのは、心霊現象ではなく、線香の煙。

先達さんに連れられた団体さんが多数。
ご朱印もらってお経を納めて…とても丁寧に回るんだなあーっと。






石が好き。


基礎、兼、土留め、的な石積。




ところで、比叡山の「西塔の傍らに住まいする武蔵坊弁慶」(能楽「橋弁慶」)ですが、「西の比叡山」と称されるここ書写山で育ったという伝説あります。幼名、鬼若丸。






鬼若丸が昼寝から目覚めたら皆が爆笑するから、「?」と映した鏡井戸。お顔に落書きされていたので、怒った鬼若丸。大喧嘩のあげく…


楽しい伝説。

弁慶好きな方々とコトさん、やんちゃな鬼若丸はいかがでしょう?

朝一番に来たのに、お昼時となり…


はづき茶屋で、お昼ごはーん。

おいしかった。お母さんのごはん。

これで書写山円教寺のご紹介はおしまいです。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。


皆様の応援がありがたいです。ポチ、していただけたら清水の舞台から飛び降りる真似をします
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~♪
コメントありがとうございました(*^^)
大河ドラマの「軍師官兵衛」は観ていないので内容は知りませんが、ただ一つ分かっているのは、黒田家が江戸時代まで続いたのは、竹中半兵衛のおかげですよ(笑)
竹中家は関ヶ原の戦いで徳川家康に居城を提供して、その後7000石の旗本になっていますが、旗本の中で唯一居城を持つことが許され、参勤交代もしています(大名扱い)。
一度菩提山城跡を訪ねられるといいでしょうねσ(゚ー^*)
竹中陣屋(竹中屋敷)跡も残っています(*^_^*)

史跡めぐりがお好きなようですから、共通するところもあるのでリンクを貼らせていただきますね^^
よろぴく(。^p〇q^。)プッ

まり姫様

こんばんは。ご多忙でしょうに、コメントまで戴きありがとうございます。

竹中半兵衛。
おっしゃ、行ってきます!頑張るぞ!どこかわかんないけど!(あああ…教えて戴ける方とお知り合いになれて嬉しいなあ)

まり姫様のブログ、「今日はなんの日ぃ?部長に叱られた日…」と一日を振り返りつつ拝見してます。


官兵衛のじいさま廟所に、半兵衛のお餅紋と官兵衛の藤がぐるぐる紋が並んでいました。半兵衛なくして黒田家なし!ここ、テストに出ますね!

私も恐れながらリンクさせていただきます。心より御礼申し上げます。

今日は、いい日でしたー!!
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。