軍師官兵衛紀行の書写山円教寺「三之堂」を写真満載でご紹介です

きゃー!わははーっと、爆笑してしまいました。
書写山…皆さん言いにくそうでしたね。
しょしゃざん…ちょちゃじゃん。



前記事やカテゴリ「書写山圓教寺」とあわせてご覧ください。


書写山の秀吉本陣と山中鹿之介のいる上月城の位置はこんな感じ。

書写山から上月城の距離は50キロ。
書写山から三木城の距離は35キロ。(姫路から南東)

山陽自動車道を走ると東から「淡河(おうご)」「三木」「姫路」の地名が並び、運転しながら笑顔です。

書写山の東隣の山が、懐かしの広峰神社の広嶺山、その隣が黒田休無おじさまの有明山城の増位山です。

さて、書写山。

三之堂ご紹介。

大講堂。本尊は釈迦如来。両脇に文殊菩薩・普賢菩薩。


まずはお参りします。




…なーんだ。じゃ、他のとこ見ようっと。

あれ?

モップを持ったお寺の人発見。追っかけよー!


荘厳な空気が流れてきます。内陣は異空間です。


よっこいしょ。








食堂(じきどう)



よっこいしょ。



食堂は中に入れます。2階は書写山の仏像等が展示されています。
写真撮っていいかわからなかったので…これありました、の、絵。

赤い柱のつもり。実物は縦書き。

本堂の摩尼殿の柱に残された落書き彫り。小一郎は、秀吉弟の秀長。
直径50センチの柱。ほ、ん、ど、う、の、柱。

秀吉は「わしの護持仏にするでよぉー」っと、摩尼殿のご本尊の如意輪観音像を持ち去ってるし。

戦略が思い通りにならなかった秀吉は2年後に手放し、その際如意輪観音様は鶴に乗って帰ったという言い伝えまで付属。

仏前にお供え物を置く「書写塗の大壇」まで持ち去るとは。なんてこったい。
(室町時代に製作された大壇は、幸い平成12年に書写山に戻り平成23年までお寺で使用したものが展示されてた…え、使ったんかいっ)

秀吉およびその一味!お寺さんで粗相をするんじゃありませんっ。いくら「いただきまーす」な時代とはいえ、お寺さんはいけませんっ。

名古屋弁では「だちかん」っといいます!


常行堂





舞台は正面の大講堂内の仏様に舞楽を奉納するためのものらしく。
ここで能楽「東北」が奉納された写真がありました。


常行堂とは、常行三昧(ひたすら阿弥陀仏の名を呟きつつ本尊の周りを回る修行)するための重要な道場。
大きさは5間×5間で、東向。本尊は阿弥陀如来。


この常行堂と大講堂の1階屋根と、食堂の2階が同じ高さ。


食堂2階から見た風景。




すべてがでっかい三之堂でした。


細々と頑張っております。ポチ、して下さったら門前で読めないお経を読んでみます
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼