吉田神道ざっくりと、吉田兼見と弟・梵舜。白鳥神社(6)

こんにちは。

もはや、白鳥神社の記事ではなかろ?と思いつつ、いつかは決着つけるつもりの、第6回。



元々は亀卜を行う家柄であった吉田神社の卜部氏から、
室町幕府と朝廷に食い込んだ、吉田兼倶。

彼が創始したのが、「吉田神道」

「仏教・道教・儒教の思想を取り入れた、総合的な神道説とされる。吉田神道は、仏教を「花実」、儒教を「枝葉」、神道を「根」と位置づけた。
正式には元本宗源神道といい、本地垂迹説である両部神道や山王神道に対し、反本地垂迹説(神本仏迹説)を唱え、本地で唯一なるものを神として森羅万象を体系づけ、汎神教的世界観を構築したとされる。」
(wikipediaより抜粋)



難しいことは、さておこうね。


まず、伝統的な神仏習合論を否定。

仏は神が仏に姿を変えたにすぎない。

神道は仏教・儒教よりも上位にあり「あらゆるものの源は神道」。

「唯一神道」です。

神仏習合によって仏教や僧侶に従属を余儀なくされてきた神道には、まさに光明。


(養父神社の狛狼・・・私の息抜き)

中でも「国常立尊ー天照大神ー天児屋命」と伝承されてきた「元本宗源神道」こそ由緒正しいものだと吉田兼倶は主張。

さらに、吉田家だけが天児屋命(あめのこやねのみこと)の「妙業を受け継」いだ者だと自称します。

天児屋命は、天孫降臨に際して、お供として地上に降り、神道の面で天孫を助けた神様で、天上世界で神事を司った存在。

よって、当家はまさに神道の棟梁と呼ぶにふさわしい、と。

(上記を記した六条上皇の「院宣」がある。by吉田兼倶)


斎場所大元宮(wikipediaより)

これこそ、吉田兼倶の理論を象徴する存在です。

中心の八角形に茅葺きの大元宮には、天地開闢(かいびゃく)に伴って現れた諸法の根源である国常立尊(太元尊神)。

大元宮を囲み左右に三千を超える日本全国の神。

後土御門天皇より「日本国中三千余座、天神地祇八百万神」の勅額を下賜され、「神国第一之霊場、本朝無双之斎庭」と讃えられます。


神道ヒエラルヒーのてっぺんに近くなった吉田家です。


これを根拠に吉田家は、後に「宗源宣旨(高い神格を示す称号や位階を授与・承認する文書)」「神道裁許状」「鎮札」という護符などの各種証状を一手に付与する権限を有することになります。


古代の神社は、天下国家の泰平や豊穣を祈ることが第一義で、個人の祈願を込めるだけの神社は、「淫祠」として否定されていました。

ところが。

「神様を鎮めなだめる秘法により神の祟りが避けられる」とし、商売繁盛・家内安全・学業成就・厄除け祈願などの「神社ビジネス」を展開。

あらぁ。ビジネスだったんだー。




【戦国から安土桃山、江戸時代初期】

吉田兼倶の5代目、吉田兼見。

細川幽斎の従兄弟にあたります。

織田信長の推挙により堂上家(家格は半家)の家格を獲得。
近衛前久に家礼として仕えたり、明智光秀と深い親交があったり。

豊臣秀吉の庇護のもと、弟・吉田梵舜と共に豊臣家の宗教顧問としてあちこちで活躍。(検索してね)

ここでちゅうもーく。

弟の、吉田梵舜(ぼんしゅん)。

吉田家の次男は氏寺の「神龍院」に入る習わしに従い、梵舜も仏門に入りました。


《おさるとタヌキと仲良し》

慶長3年(1598)。豊臣秀吉が亡くなると、吉田神道の秘儀によって秀吉の霊を神格化して「豊国大明神」と号し豊国神社に祀ります。



慶長四年(1599)。兄兼見の後押しもあり、梵舜は方広寺隣りに建てられた豊国神社神宮寺の別当となります。

梵舜が記した『梵舜日記』(別名『舜旧記』)では、神龍院住持を主務としながら、吉田家宗家の一員として、古典書写伝承を継ぐ者として家康との交流があったことを記しています。

豊国神社神宮寺の別当である以上、来るべき苦難は、大阪の陣による豊臣家の滅亡と豊国神社の行く末。



そして、さらに梵舜の前に立ちはだかるのは、大狸・天海。

そう。梵舜こそ、おさるとタヌキの「死後」に関わり、最大の屈辱を味わうことになる人物なのです。




天台宗僧侶の天海に敗北するけど、負けないっ。

つづく。


参考文献
『吉田神道の400年 神と葵の近世史』(井上智勝著/講談社/2013)

「吉田神社」(wikipedia/https://ja.m.wikipedia.org/wiki/吉田神社)


いつも応援いただきありがとうございます。
神道に限らず宗教の理論はややこしいので、ざっくりで失礼します。神道、神道と言うけれど、吉田家台頭前の神道は、神話と神社の由緒に頼るものでした。現在ではあまり聞かれない吉田神道ですが、常に権力の中枢にいた時代があったのですね。これほどの地位にありながら、何故今はあまり聞かないのかな。今暫しお付き合いくださいまし。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

なるほどねぇ、って難しくてよく分からないヨン。
吉田兼倶さんは、かなりのやり手だったのね。
『「神様を鎮めなだめる秘法により神の祟りが避けられる」とし、商売繁盛・家内安全・学業成就・厄除け祈願などの「神社ビジネス」を展開。』
なるほど なるほど。
今の神社、そのまんまじゃない。
親近感湧くわ。
思いっきり、何でも頼んじゃってるもの。

梵舜さん、天海僧正にどんな目に遭わされるの?

吉田神社

吉田神社は、お社の前と言ふか京大の吉田キャンパスの所にある「かふう」と言ふ名前だつたかな、天ぷら屋さんが旨かつた思ひ出があります。
筍の天麩羅を揚げてからフライパンで燒いてをり、香ばしく、少し高かつたけど、ほんたうに旨かつたです。

吉田神道のお話は、目覚めばつちりの覚醒中でないとなか/\追いつかない難しい話ですね。僕は苦手で、つい、古事記に逃げ込みたくなります。でも、齋場所大元宮は興味深いお社でしたことを鮮明に覚えてをります。非時香菓で橘繋がりの菓祖神社も鎮座してゐたので、また、ぜひお参りしたいお社です。
近くには宗忠神社や黒谷さんや真如堂がありますし、櫻の頃は綺麗でした。

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

話がフルすぎて、中身が見えません!  えーん、エン。

分かるのが一個あります。
養父神社は紅葉が有名で、竹田城に行ったとき立ち寄ろうと検討したところです♪

あれ、信長とか秀吉もいますから、つい最近の話だったのかな^^

「あちょー」の狛犬さんは相当に小さいのですか。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あうー。神道にお詳しい万見仙千代様でさえ難しくてよくわからないヨンでしたら、あれもこれもとねじ込み過ぎましたねー。

お伝えするのって難しいなー。

仏様より何より、神様が一番!ってことで。おしまいっ。

神社ビジネス。厄払い。厄除け。

先日びっくりしたんですが、女の厄年って、早く終わってしまうものなんですね。なんだろう、短命だった時代がそのまんまなのかしら?

厄年になりたいわけじゃないですが、女はここでおしまい、なのかよー!ってふと不満に思いましたの。

梵舜、迫力の天海の前に、呆然自失?

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えー。筍の天ぷらを揚げて焼いてー!?

何ですか、その、美味しそうなものは。
この界隈、美味しくて安いお店が多いので好きなんですが、ほほう。

行きつけのお店で腑抜けになっている場合じゃないですねー。

吉田神道は、まぁ、そんなものがあったんだねーって程度だと思います。
結果的にお伊勢さんに論破されたので、あまり影響がないというかなんというか。

何も知らない学生の頃は、てっきり新興宗教かと思いましたの。
ちょっと異質ですね。何とも言えない光景にびっくりです。

京都市内は、学生時代から何故か真冬にばかり散歩しておりまして。
桜、紅葉の季節は避けてたのと、この季節は暇だったからかな?

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えーんえーんえーん。

いっしょけんめー書いたのにぃ。落書きも頑張ったのにぃ。えーん。

でも、ま、そりゃそうですわね。おほほ。

いつでもフルすろっとる~♪

あちょーの狛犬さんは、ほんまにちびちゃんです。
ズームしてます。
気付かずにいたら、蹴ってしまいそうな位置に、絶妙な大きさです。

竹田城は、まー、悲惨な事になってます。
山にある石垣の城に精通した専門家がいないとこうなる、って見本になってしまいました。

もう、行かないです。

No title

ぼんしゅん・・・平仮名で書くと何だかカワイイ^^

豊国神社の別当寺は方広寺の隣かぁぁぁぁぁぁ!!
自分の記事で盛大に間違っちゃった・・ドナイシマショ・・( ◢д◣)ショボーーン
大雑把な位置だけは合って・・・・・・(._+ )☆\(-.-メ)未練がましい!

こりは吉田神道を手抜きして飛ばした罪か罰でせうかil||li _| ̄|○ il||l

立ち直る(`・ω・´)キリッ
知ってる名前が出て来たお陰で自分の脳の少ない皺でも情報処理が稼動します( ̄ω ̄A;アセアセ

>本地垂迹説と神本仏迹説

これは仏教の宗論でも話題・・・じゃなくて争点になる部分の一つです。
超カンタンに言うと「神が先(本)か仏が先(本)か」って話だから。

仏教でも法華宗の一部のような原理主義に近い宗派は、やはり神仏習合状態を嫌う。
神様を寺院から追い出したいので、神本仏迹説は全否定です。

豊国神社別当寺の話、勉強になりました。
ありがとうございます^^

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あー、うん、そうなんだよー。ごめん。言い出しにくくて。

秀吉は東大寺大仏殿と手向山八幡のように、方広寺大仏殿に自らが八幡神となるお社をセットしたかったようです(「御湯殿上日記」慶長4年3月5日条)が、結果として八幡神にはなれず「豊国大明神」に。

吉田神道の根本理念が江戸時代に根拠ある史料をもとにして論破されたのでハレモノの風味がありますが、少なからず吉田神道の影響があちこちにあるので、思想を追い求めるのではなく、行動を追っていく事は損ではなく、むしろ近道かと思います。

『梵舜日記』は、秀吉から家康へ移行する時代の資料として、重要度が高いです。
自筆本は全てが残っていませんが、写本等が多数伝わる点からもわかるかと。

茶~した、とか、お花を供えた、とか、のんびりした記述が続きますが、うおおおってとこもあります。

私は、この時代の演能の曲目と演者を調べるのに使いました。


うーん。何か出たとき、自分の知ってるものに結びつける前に、もう少し枝葉を調べてみたらどうだろう?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒様

うーん。私が悪いの?

八つ当たりされてもなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒様

だいじょーぶー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼