FC2ブログ

軍師官兵衛が秀吉におすすめした書写山円教(圓教)寺をさくっとご紹介致します。


大講堂


常行堂


食堂(じきどう)

ここは「西の比叡山」とも呼ばれる書写山円教寺(圓教寺)の西谷にある「三之堂(みつのどう)」


(背景は書写山からの眺め)
本多家廟所の場所にはかつて五重の塔があり、これを含めて中世伽藍配置となります。建物は全て落雷・火災で焼失。五重の塔を除き十五世紀半ばの室町時代に再建・現存。

別所長治が毛利に寝返ったため、秀吉は官兵衛のおすすめ書写山円教寺に本陣を移します。広いし、眺望もきくし。


「官兵衛と同じ景色を見よう!」開催中。

でも伝令はいちいち登山しないといけないよねー…気の毒に。

違うでしょ。

境内をさくっとご紹介。


姫路藩主本多家廟所


姫路藩主徳川直基墓所


姫路藩主榊原家廟所


奥の院開山堂軒下を支える力士。左甚五郎作。甘えん坊。


和泉式部歌塚
「冥きより冥き道にぞ入りにける 遥かに照らせ山の端の月」


東谷には

西国三十三箇所巡りの第27番札所。


見上げるのもたいへん。

それから

…境内にはたーくさんの種類コケがあるのっ。

さて、英賀御堂のところでご紹介したのですが

英賀御堂からこの梵鐘が強奪され、信徒が必死に奪い返した事件。


新興勢力である本願寺と旧勢力と争いが起きたわけですね。


そんな書写山円教寺は、四季折々の美しさが実感できる素敵なところです。
実はカテゴリで書写山円教寺をたてておりまして。よろしかったらお運び下さい。本多家代々をご紹介したり、してます。



ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら門前で読めないお経を読んでみます

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼