讃岐引田城に行きました

こんにちは。

今日も四国。

せっかく四国へ来たので、どこか山城へ行きたいなーっと思って、Twitterを眺めていたら「城郭放浪記」様がたまたま呟いて下さったので。

東さぬき市の引田(ひけた)城へ。


どきどき。


海に突き出た場所なので、眺めはさいこー。


山全体が岩山なので、ごつごつ。

狼煙台、ってとこらしく。



海の眺めもさいこーですが、海原へお知らせしても仕方がないかなと、こっちを向いてみました。


石積の材料は、自給自足。


おやつを食べに山城へ。


えへへ。

山から下りて、あとはのんびり。


狛ちゃんズ。


うひゃー。


うぎゃー。


楽しーい。


いつも応援いただきありがとうございます。
常々、山城について、当時は樹木は伐採されてつるつるだったと教えていただいておりましたが、大河ドラマでほんとにつるっぱげてたので驚きました。引田湾に突き出た形の半島に広がる引田城、楽しかったです。ここもつるつるだったのかー。麓から見上げたら、さぞかし威圧感あっただろうなー。引田城、今夜は旅先なので詳細は後日に。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

狛ちゃんズ可愛いですね(*´ω`*)

眺めがいいですね。
こんなところでおやついいですね♪
先日、京都の豊国廟に登拝したのですが、汗だくヘロヘロになったのに、木々がいっぱいで景色が見えなくて、超がっかりでした。
もしかしたら、少し回ってみたら、見えたかもしれないけど、そんな元気が無かったw
つねまるさんはよく登られてるので、凄いなと思っています。

No title

こんにちは^^

石積ステキ!
その場にいたら自分も「きゃー♪」って声がでちゃうかも

狛ちゃたちもステキなスマイル
楽しい旅になりそうですね^^

熱なし鼻水風邪引きでマスク常備でした(トホホ)
ぽちぽちぽちーーー☆

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はるばる徳島まで来て、何やってるんだろう?と、ふと思う時もありましたが、笑顔の狛犬さんに会うと、やっぱこれだよこれ!っと、有頂天に。

おほほ。

いや、豊国廟は、しんどそうですもの。
そうか、汗だくヘロヘロになるのですね。

・・・やめとこっ。

景色もアレなんですね・・・(T_T)

引田城は、比高120m程の小山なんですが、石を掘った階段と、岩場を少しなので、山城なのに歩きやすかったです。

皇族の方が来訪したらしく、公園として整備された時代もあったので。

でもー、一気に登るので、そりゃもう、三歩進んでは休み、小石に躓き。運動不足が甚だしいです。うぇー。

登ってしまえば、尾根続きなので、楽ちんでしたー。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あら。お熱なくても鼻風邪は気を付けて。
治りかけに鼻づまりで口を開けてると、気管支が危険ですよー。

ぜーはーしながら登って、やっと見えた石積。
うきゃー♪うきゃー♪です。

初心者なので、土のうねうねだけでなく、こういうのがあった方がわかりやすくて楽しいですねー。

海を見ながらダメ人間になりつつ、せっせとまわってきました。

No title

つねまるさん、こんばんわー

古い城のようですが、石垣がスゴイですね。
山城は展望が良いし、山のぼりした後だから、ミカンが美味しかったでしょうね。

まさかの車で行けた。 でしょうか^^

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

車で行けたらいいのになー。
登城口までは、車。当たり前やーん、でした。

なぜかここへ皇族の方が来訪したらしく、登城口から狼煙台までの登りはとても整備されて歩きやすかったです。

あとは、尾根伝いですし。

一気に登る比高120mはこれくらいなのかな?って目安になりました。

ふっふっふ・・・しんどかったです。
でも、piglet01様なら、一気に登ることができると思いますよー。

石積がすごい箇所は、最下段の石の下はそのまま崖。
地震が起きたら、全部そのまま落下しそうです。

どうやって積んだのでしょうねー。

海が見渡せる山城、気持ちよかったです。

おやつタイムのために、ミニトマトとミカンを仕込んで正解。
ドラえもん体型には登山は死に物狂いになるので、すこーしずつ進むです。

なので、お城巡りは、一日にひとつ。
無理しない無理しない。一休み一休み♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼