北山稲荷神社。丹波佐吉の麗しいお狐様

こんにちは。


ここは丹波国柏原、大新屋。


新井神社も、大新屋。

丹波佐吉が養父であり師匠でもある初代・難波金兵衛と暮らした大新屋。



金兵衛に実子が生まれた後、自ら旅の石工となり丹波を離れます。



金兵衛の死を知り、丹波へ戻りました。

既に「日本一(by孝明天皇)」の石工の名を得ていた佐吉。

子供の頃に読み書きを教えてくれた柏原大新屋の庄屋・上山孝之進の依頼により、稲荷神社に納めるお狐様を彫り上げました。


佐吉のお狐様がいるなんて、わくわくのどきどきです。


きゃー。きゃー。


大切にされています。


され過ぎて、見えませぬ・・・(T_T)


なんて華奢なんでしょう。

飴ちゃんのお礼に、私のお肉を差し上げたい。


品定めは、およしになって。


稲荷神社・本殿。

【祭神】受母智之神

【由緒】

創立は明暦2申年(1656)8月8日。
田原市三郎が京都の吉田殿(吉田神社)に於て御神体を懇請し、同月28日に遷官鎮祭。

元禄11年(1698)2月再建。

そして、安政5年(1858)8月。


丹波佐吉のお狐様、奉献。

明治6年10月。村社。
明治37年10月12日。境内136坪の官有地+278坪の上地林を編入。
境内地が498坪に。

昭和30年。社殿を大修理。


境内社。なんか、いる。



・・・なんだこりゃ。


境内に、鐘楼。



宝暦年間の鐘があったものの、戦争中に供出させられ。
再度鋳造したと鐘に刻まれています。


狐ちゃん、時代の変遷を見てきたのね。


逆光ですが、狐ちゃんのお手々をご覧ください。

微妙な動き。軽くついた手先。


同じようなお手々の摩気神社の狛犬さん。


「作師 照信(花押)」は、丹波佐吉の銘。


艶かしいお狐ちゃん、です。

この狐ちゃん、初代・難波金兵衛が柏原大新屋に居を構える事を決意させた石材で出来ています。

加工しにくいものの、手を加えれば加えるほど美しくなる石だとか。

丹波・丹後・出雲地域の狛犬に多い砂岩は、加工が容易な反面風化しやすく、阿の下顎が落下したり、


このようになってしまっている子が多いです。

頑張れ!こまちゃん!


丹波佐吉作のお狐ちゃんだと知らなくても充分きれいな子です。

でも。

初代・難波金兵衛の死を知り丹波へ帰り、成長した二代目金兵衛(初代の実子)と共に石を彫るとき。

佐吉はどんな思いだったのかなぁと考えながら見ると、また趣が変わってくる気がします。


ほんとに、きれいなきれいなお狐ちゃん。

お座りした後ろ足は細かく毛並みが彫られており、


柏原八幡神社の狛犬さんと似てます。


おなかいっぱい。

帰り道、鳥居の銘を見て、びっくり。


平成17年5月に建立された鳥居は、


なんと、6代目難波金兵衛さんの手によるもの。

おばちゃん、目から鼻水。

お狐ちゃんの台座は、


初代金兵衛の実子、二代目金兵衛でしたもの。



鳥居の両脇の石灯籠が初代難波金兵衛の高灯籠に似ている気もします。

うわーん。

すごいぞ、北山稲荷神社ー!

っと、かくの如く。

難波金兵衛と丹波佐吉を堪能できる、大新屋の稲荷神社なのでした。


参考サイト

新井自治協議会
http://www.niinosato.jp/akimaturi/akimaturi.html#ni-j

(北山)稲荷神社
現地説明板


いつも応援いただきありがとうございます。
稲荷神社のお狐ちゃん。画像では屋根付きのおうちに阻まれて見えにくいですが、ほんとにふんわりとした美しい姿をしていました。鳥居を納めた6代目難波金兵衛さんは、現在も大新屋の新井神社近くに店舗を構え、佐吉の作った「石の尺八」を再現してみるなど、ご活躍です。狛ちゃんのレプリカとか、ないかなぁ。もしあったら、小躍りどころか、ものすごく躍りながらお邪魔するのになー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やはり、差し上げるのは油揚げが王道かと・・・

金網ごしで、はっきりしないけど足先の丁寧な彫りに狛ちゃの名残^^

すごい綺麗なラインですね。
なんだか「美人!」って言葉が素直に出てくる^^

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

本殿はかやぶきなのですか、風格ある社殿ですね。
おまけに、雪つりまであるなんて、、

端正なコンちゃん、阿吽になっているのですね。
佐吉さんの「石の尺八」が現存していたら、を見てみたいです。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あ、そうね。おあげさんですね。

見えにくくてごめんなさい。
狛ちゃんと似たふさふさのおちりまわりと、足先の軽い感じ、いいなぁと思いました。

なまめかしい、というか、おとなっぽいというか。

狐に色気を感じてどうする、わたし。です。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あ、雪つり屋根は新井神社で、おさるさんがいたとこ。
狐ちゃんがいるのは、北山稲荷で、新井神社と同じ大新屋、にあります。

佐吉の石の尺八はないのですが、難波金兵衛現当主さんの作ったものは新聞に載ってました。

阿吽。

あー、は、あーん、とか、うひゃっと笑顔。
んー、の方は歯を食いしばったり、にひぃ~っと笑ったり。

見ているのが「大阪狛犬」さんが多いからかなぁ。

狐さんの場合は、あー、は、宝珠を、んー、は、巻物をくわえていることが多いです。

でも石工さんによって、こちらもいろいろ。

昨日、あー、と、んー、の、鶴さんを見てきました。うふ。

短歌の方へ

あちこちのブログ様へ全く同文で宣伝をされているので、削除しました。

No title

こんばんは。

いつも思うんだけど、狛ちゃんって、ちょっとゴタゴタっていうか、ゴテゴテっていうか、装飾が多いわよね(あれっ!狛ちゃん襲いかからないで)
でもお狐さんて、本当にすらっとして姿形がサッパリとして綺麗よねぇ。
狐のお面も好きだし、あのちょっと不気味っぽいところも好きだなぁ。
黒沢明監督の「夢」に、狐の嫁入りが出て来るでしょう?
見てはならないのに、どうしても見てしまうの。
狐の嫁入りなら、どうしたって見たいわよね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

「髪とおひげと、しっぽだもんっ。ぷう」

と、狛犬氏が申しております(*^^*)

体に星のような模様がある子は、若い子らしいです。

でも他に、腕毛、すね毛、わ○毛なども生えちゃったり、こぶこぶがついたり。

こてこてになる子、多いですねー。

狐のお面には、何ともいえない郷愁や、触れてはいけないもののような感じがしますね。

狐の嫁入り、見てはならないと言われると余計に見たくなりますねー。
扉の隙間から。こそっと。

でも、狐のお面と目が合ってしまって、お布団に潜り込んでガタガタ震えるのですわ、きっと。

ちょっと怖いです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼