スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏原の名工・丹波佐吉の生涯。佐吉と愉快な仲間たち

こんにちは。

丹波国の柏原(かいばら)といえばー?


・・・ちびちゃん、痛いとこ突いてくるわねっ。

そう。江戸時代は、織田家が治める柏原藩でした。

今回は、それは置いといて。


柏原八幡神社のねぇ~、


そう、どっこいしょーで~す。

・・・ちゃう。


あひゃ~、じゃないっ。

名工・丹波佐吉だー!!


見よ、この深くて細かい彫りを!

石を彫って透かし彫りみたいになるなんて、すんばらすぃ~(*^_^*)


【丹波佐吉の生い立ち】

文化13年(1816)。朝来郡和田山町竹田生まれ。

幼少時に両親を亡くし、製糸業を営んでいた「若松屋」に預けられ。

文政3年(1820)、5歳のとき。
ワタリの石工(旅稼ぎの石工職人)としてこの地を訪れていた初代難波金兵衛の養子に。

文政5年(1822)春。
金兵衛は、石戸山から出る良質の石を求め、丹波市春日町野村から柏原町大新屋に移り、居を構えます。


天保7年(1836)。初代難波金兵衛作の高灯籠。高さ5m強。

てっぺん(宝珠)の先端、請花と笠石の四隅の反りが、きゅっと鋭角。
火袋の隅柱が非常に細く、竿石はきゅーっと柳腰。
よく折れず倒れず、いてくれたことよ。


全体が端正で精緻な作りの高灯籠は、丹波市指定文化財。


金兵衛のもとで、ちびっこ佐吉、頑張る。

ところが。

天保8年(1837)。金兵衛に長男・義継が誕生。

翌年、金兵衛の反対を押し切り自らワタリの石工となります。
時に佐吉、23歳。

実子が生まれたことで、遠慮したのでしょうか。




佐吉は大和・淀・伏見・大阪と各地を廻り、やがて名工・佐吉の名は 遠く離れた故郷の丹波にも聞こえるようになります。


指先の爪ひとつひとつまで細かく彫られています。


やがて10年の時を経て。

大阪の「石為」に滞在していた佐吉。
同業の間で技比べで作ったものが、「石の尺八」。

その見事な仕上がりに孝明天皇から「日本一」との賞賛を賜ります。


安政3年(1856)。
養父で師匠の初代難波金兵衛が死去。

佐吉はそれを知り、丹波大新屋に戻ります。


文久元年(1861)。
柏原大新屋の上山孝之進と柏原北山の田口金次が柏原八幡神社に寄進する狛犬を製作。

庄屋の上山孝之進は佐吉が幼い頃に読み書きを教えてくれた人。
寄進にあたり、佐吉に狛犬の製作を依頼したのでした。



柏原八幡神社の狛犬の台座。

「作師 村上源照信(花押)」

これが、丹波佐吉の銘。


佐吉の円熟期の逸品です。


再び丹波を去った佐吉が丹波へ戻ったのは、6年後。

慶応2年(1866)年。佐吉は一体の不動明王像を完成させ、ひっそりと丹波の地を去り、二度と戻ることはありませんでした。

不治の病に侵されていたという佐吉のその後の行方は定かではありません。


【柏原町大新屋の稲荷神社】


北山稲荷神社。


例え丹波を離れていようとも、師匠の金兵衛の恩を忘れず、 故郷を問われる度に「丹波大新屋」と答えたという佐吉。



稲荷神社は、丹波市柏原町大新屋に鎮座。

ここには、


佐吉の彫り上げた一対のお狐様が、います。


養父で師匠の初代難波金兵衛の死を知り丹波へ戻った佐吉が、
安政5年(1858)8月に納めたお狐様です。

稲荷神社の鎮座地は、柏原大新屋の庄屋・上山孝之進の自宅裏。

上山孝之進は前述したように、佐吉が子供の頃に読み書きを教えてくれた人。


願主は、柏原北山の田口金次昌栄。

上山孝之進と田口金次昌栄は、このお狐様の数年後に、柏原八幡神社へ狛犬を寄進するコンビ。



お屋根のあるおうちで大切にされています。



このお狐ちゃん。

師匠の実子・義継と、佐吉の合作なのです。


狐の下の銘。

「安政五年八月作之 朝来郡竹田産 石工 源照信(花押)」

丹波佐吉の銘です。佐吉、43歳。

佐吉の生まれは、朝来郡和田山町竹田。


「奉献」の文字がある台座の銘。

「大新屋村 石工金兵衛 藤原義續」

「石工金兵衛」は、佐吉が養子となった後に生まれた、初代難波金兵衛の実子・義継です。この時、22歳。


二代目金兵衛の台座の上に、丹波佐吉のお狐様が乗っている。

じいーん。


この二代目金兵衛もまた、非凡な人で。

「大和長谷寺の観音を丹波佐吉に命じて彫らしめたが、中途病に罹りて遂に其の成功を見ず寺僧大いに惜んで佐吉に其の後継者を物色させた。
慶応三年(1867)の頃同寺狛の前足を踏める手毬を透彫した時、同業者の嫉を受けて毒を羞められ為に久しく四肢の自由を失ったが帰郷快復後益々斯業に精励した」
(『新井村誌』)


この話は佐吉が最後に丹波を出た後かと思われます。

作品に対しては執念とも思われる程の彫りを見せる佐吉ですから、義継が初代難波金兵衛の実子だからという理由ではなく、彼の腕を認めていた故に、後継者として指名したのでしょうね。

何しろ同業者に毒を盛られるぐらいですもの。


(徳島市諏訪神社境内の稲荷神社の狐ちゃん)


「日本一」(by孝明天皇)の石工・丹波佐吉の弟子、綿貫重吉の狛犬が丹波市青垣の高座神社にいます。


あれ?


まぁ、なんて個性的~(*^^*)


・・・うふふ。


丹波佐吉と北山稲荷神社、つづく。


参考サイト

新井自治協議会
http://www.niinosato.jp/akimaturi/akimaturi.html#ni-j

柏原八幡神社説明板



いつも応援いただきありがとうございます。
丹波佐吉は、その作品の素晴らしさは言うまでもなく。彼の生い立ちを重ねることで一層深みが増す気がします。彼の原点「丹波柏原の大新屋」を訪れて、稲荷神社のお狐様に会う。なんて贅沢なのかしらー。いひひひひ。この「難波金兵衛」親子と丹波佐吉とその弟子達の作品群、少しずつ追いかけていきたいです。一気に巡るのはもったいない。うふふふふ。好物は最後に食べる方です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは素晴らしい!!

狛犬さんのしっぽや指先まで、見事に表現されていますね。

高灯籠も美しい☆

びっくりポンですv-353

No title

こんにちは。お邪魔します。
本当に丹波佐吉さん作の狛犬さまは風格あって、
写真で拝見しても毛の流れや筋肉の陰影まで繊細に表現されてるのがわかり
美しいですね。
最期が謎というのも気になります。
お弟子さんの作品 本当に個性的でいらっしゃいますね。

No title

萌えすぎて腰が抜けたでござる  _| ̄|○

佐吉作の狛ちゃアンヨは絶品です。
あぁ~尾を撫でたい。
爪先をツンツンしたいなぁ。

実は夜中の境内で、佐吉狛ちゃが散歩してると言われても信じるぞ^^

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんばんは、kotodayoriです。

いつもお世話になっています。

また知らなかった「丹波佐吉」さんの話、面白そうですね。本当によく歴史をご存知ですね。

今年もいっぱい勉強できそうなので、楽しみに読ませていただきます。

また、よろしくお願いいたします。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

柏原八幡神社の狛犬さんは、ほんとに石か?っと触れてみたくなるほどで。

だーれもいない境内で、独り占め。むはー。

灯籠は、奉納年代に目がいきますが、金兵衛のものを見て以来、形がとても気になるようになりました。

しずか様にもぜひ見ていただきたいなぁ。

狛ちゃんに、びっくりポンっ♪って、言ってやってくださいまし。
うふふふ。

でへー、って笑うと思いますよー(*^^*)

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

毛並みの流れや筋肉の陰影までご着目いただいて、嬉しいわ~(*^^*)

なぜここまでこだわるのか、狂気めいた気迫を感じてしまいます。

佐吉の狛犬の中には、まぁ、かわいい♪って子もいますが、
集大成のようなこの狛犬さんにはただただ見惚れるばかり。

お弟子さんは、教えてもらわず技を盗む、ってやつなのかしら。
な、何を盗んだのかな。個性かな。

綿貫重吉さんの狛犬さんは、明るくてかわいいです。
また春になったら行ってきますね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

生きているみたいですよね。

うんうん。散歩してると言われたら、見に行く。
そして思いっきり、わちゃわちゃーっとするのよー。

佐吉の他の作品には、奈良の飛鳥の道標なんてのもありまして。

柏原八幡神社の狛犬の台座の文字は指の第二関節まで入るほどの深さなんですが、道標の文字も深いです。

あー、見たい。佐吉に会いたいです。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

奈良県の宇陀の平井大師石仏群を見に行ったときに、100体ある石仏様の中でも必ず目がいく像が何点かありまして。

木造の仏像のように細かく透かし彫りされています。

これ、なんだろう?と調べて知ったのが、丹波佐吉。

これほどの腕ならさぞかし恵まれた暮らしをしたのかと思えば、
記事のような生涯で。

彫刻の中井権次一統も柏原。
不思議な土地だなぁと思います。

あっちこっちへ行っていると、何かに出会うものですね。
歴史を本で学ぶより先に体が動いてしまう大きな原因です。

困ったもんです。

No title

こんばんは。

なんともジーンとくるお話ですね。
何気なく見ている狛ちゃんやお狐さんにも、色々な物語が隠されているんだろうな。
渡りの石工さんが作った物だったりして。

興味深いお話と、見事な狛ちゃんたち、どうも有り難うございました。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

じーん。

ほんとに、そうですね。

狛ちゃんや、お狐様には、石工さんの思いが詰まったものがあるんだろうなぁと思います。

道東の愉快な狛犬さん達も、実は地元の同じ工房生まれなので、雪深い土地でも強く見えるような姿にしたのかなと。

いっとき、安価な外国産の狛犬が増えた時期がありますが、それはどうかととても疑問です。

なので、新品でも、先代さんの面影を残す子達がいると、嬉しいです。

丹波佐吉、神社仏閣巡りの柱のひとつになりました。

飛鳥の道標や石仏、もちろん、狛ちゃん。
制作年代が下るにつれ、姿が洗練されていきますが、彫りの細部に異様なこだわりを見せるようになる気がします。

次記事へ続きますが、狐の姿と、素晴らしいです。

No title

つねまるさん、おばんですばーい♪

つねまるさんの記事で知った「丹波佐吉さん」、本当にただものではないです。
バランスと風格が素晴らしく、本当に綺麗です!

一度、現物を見てみたいです。
東国にはないのでしょうかね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですわ。柏原八幡神社の狛犬さんを見ると、おいおい、どうしたー!ってほどの何かを感じます。

少し関東の狛犬さん風なのかなぁ?
どんぐりまなこにブタっ鼻が売りの関西風を吹き飛ばしていますね。
若い頃はかわいい狛犬さんを製作はしてます。

またいずれ行くの。うふ。

佐吉の生涯は長くはなく、日本ーと称されても関西から出ていないようです。

大和長谷寺が、東限なのかなぁ。
平井大師山の石仏群が宇陀へ移される前は、三重県だったんですけど。

ワタリとはいえ、大阪にいれば仕事が舞い込んでくるので、遠出をする必要もなかったのではないかと思います。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。