木鼻の狛犬、十人十色

こんにちは。


どっしり重厚重鎮風。

しかし、こんな真面目さんばかりではないことを私は知っている。


ふっふっふ。

貴方の隣には、ほら。


お手々をはむはむ~ってしている子が。

・・・ぷっ。


ぎゃー。


特別出演。びっくり龍さん。


あははははは。

うひゃひゃひゃひゃ。


はいぃ~(^_^;)


こちらですよー。


はい、ちーず♪


ちょっとー。


よそ見すなーっ。


この子は北海道の静内神社。

肉球はあるのかなぁ?


あら、どうもありがとう♪

ぷにぷにぷにぷにぷにぷに。


やきもち?

木鼻にも、いろいろな狛犬さんがいるのでしたー。


照れんでよろしい。



いつも応援いただきありがとうございます。
社殿正面上にもいろいろな子達がいますねー。見上げ過ぎて首が痛くなる時もありますが、かわいいのでついつい長居。おほほ。正月ボケが抜けきりませんが、まだまだ冷凍庫にお餅が数十個。これから春まで朝食はお餅三昧。そりゃ、体重、減らないわ。おほほほほ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

"笑う門には福来る”
笑ってる狛ちゃんが なんともチャーミング♪

今年の初詣は 
つねまるさんのおかげで
狛犬さんを見つける!という
新しい楽しみで満喫してきました~☆彡

どうぞ 本年もよろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

嫁子様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うふふ。

いやぁん、嫁子様のおうちには、The・和犬!!なお二人がいるじゃありませんかぁ~(*^_^*)

うらやましいです。もふもふー。

笑っていたら、もみじちゃんに福が来るかな♪
わはははー。どうでしょう?

木鼻で笑っている子は珍しくて、遠くまで行ってよかったです。
養父市の子なのです。

嫁子様の、見つけた狛犬!どんな子だったのかしら。
うふふ。楽しんでいただけて嬉しいです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

No title

6枚目、すごい。
ツボに入ってしまいました。
かわいいなぁ(*´ω`*)

内緒様

お姉さん、泣けてきちゃいます。ありがとうございます。

京都や奈良の有名処よりも、今まで訪れたような神社仏閣の方が好きです。

むーらの鎮守のかーみさまのぉ~♪

初詣して、輪くぐりして、夏はセミを捕まえたり盆踊り、お祭りはお獅子につかまって。

四季の節目には神社で過ごす。

神社は、そんな身近な存在でした。
隅々まで眺めるようになったのは、能楽の史跡巡りをした大学の頃からかなぁ。

幸い、関西には数えきれないほどの神社仏閣があるので、
これからもぼちぼち訪れていきたいです。
気長にお付き合いくださいまし。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うふふ。

あちこち巡っていると「木鼻はこうだー!」という先入観が崩れ去る子に出会うものですねー。

かわいい子に、また出会えたらいいなぁー。

下手な鉄砲ではありませんが、あちこち巡ってよかったーと思います。

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

おさるさん特集、すごいですね!
神社にこんなにおさるさんの像があるんだなあと
驚きました。

それから狛犬。
あのでっぱりは木鼻というのですね。
初めて知りました。
うんうん、今度から探してみます!
・・・でも地味な毛利さんとこのおひざ元なので
こういう凝ったものはなかなかないかもしれません・・・。

それにしても6枚目のこまさん。
かわいい・・・!
乙女ポーズしているこまさん、
本当にうふふと照れているっぽいですね。

本年も寺社建築を色々と勉強させてください。
今年も何とぞ宜しくお願いします。

トロロヅキ様

あけましておめでとうございます。
いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おほほ。めぇめぇひつじの次はおさるさんだなーっと思って撮影しておいたのが役立ちました。

新井神社のお猿は、偶然。
びっくりしましたよー。ほぼ人と同じくらいの大きさなんです。

地味でも何かがいるかもしれませんよー。

狛犬、龍、バク、象、獅子。あ、うさぎもいました。
まっすぐの木材に、目鼻をつけただけのような子も。

画像のような乙女ちっくだったり、くまのぬいぐるみみたいだったり、いろいろな子達がいます。

社殿を建築するのは大工さんですが、別に彫物師に依頼したり、あるいは、大工さんがちょっと張り切ってみたり、微妙な木材の違いから気付くことがあります。

関西では、たんじりを造る職人さんが彫刻を納めていることもありまして。

社殿をかじる獅子の記事を年末にアップしましたが、獅子が噛むことで災厄を避けるのは、だんじりに多く見られる形です。

歴史も建築もずば抜けてド素人ですが、楽しけりゃいっかーっと。
難しい事は、専門家の方々にお任せして。

トロロヅキ様の描写が簡潔でとても好きです。

「きゅっと」してる屋根とか、わかりやすいのに、ポイントを突いている。

人に伝えるには自分がわかっていないといけませんもの。

頭のいい人なんだなーっと、思ってます。

見習わなくては。

こちらこそ、様々な話題を楽しみにしております。
本年もよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼