スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂田金時がいるぞ!内緒の彼もいた。内容濃い濃い満願寺。


1293年、源氏一族の女法尼妙阿が両親の極楽往生を祈念して造立。

江戸時代に住職が法華経を書いて石塔の下に埋めたので法華塔とも呼ばれるそうで。(現地案内板より)


最下段には、梵字。これはなーに?


向かって右から、源国房、光国、明国、仲政、国直、行国、国基の供養塔です。頼光の長男の国房以下、代々。頼光の血をひく男たち。

そして、うふふーっな、源行国くん。

宇佐左大臣・藤原頼長様のご依頼で、殺人犯の興福寺の僧を多田荘に匿うなど、頼長様の腹心として働いていた様子。
几帳面な頼長様の「台記」に1152年、登場。きゃ。

年月日まではっきり書かれている(『台記』久安4年1月5日条)源義賢君(木曽義仲の父)とは、ライバルだったのか、雲泥の差だったのか…( ̄▽ ̄)=3

※お前、わけわからんわ!な方は「台記」を検索してください。


本堂軒下の龍。




なにが正解なのかわかりません。

で、ここで会いたかったもうひとつは。

源頼光の四天王の一人、坂田金時のお墓。
伝説の人かもしれませんが、ここに坂田金時を供養する印を建てた気持ちが嬉しいなあ。




違います。

それから、これ。



葉っぱでかけりゃ実もでかい。


記事作成中の心の叫び。


ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら「台記」を一晩中語ります

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

金時さん

昔話のイメージが強すぎて「永遠の子供」状態^^;

>法華経を書いて石塔の下に埋めたので

埋経って言うんですが、
経文を筒に治めてから埋めたり、埋めた後に土を盛って塚にしたりと地方によって色々のようです。

肥後の相良氏では、土を盛った塚タイプで鎌倉時代からありました^^

ところで鬼退治なんですが、自分の中では渡辺綱と坂田金時の話が思いっ切りゴチャ混ぜ・・

ゴメンナサイ金時さん・・・

時乃★栞様

こんにちは。コメントありがとうございます。

九重の石塔の前で、「いち、にぃ、さん…九つあったー」っと立ち去ってしまいました。もっと落ち着いて拝見しよう。

坂田金時さん。
頼光が鬼退治!四天王も活躍!すごいぞ!はい、おしまい!ってことで。伝説の人らしいし。ごめんなさーい。

渡辺綱くん。
先祖は、光源氏のモデルらしき源融(とおる)。
綱くんも美形だったらしいですわよ、うふふふ。
大阪の天満橋界隈を領していました。やがて渡辺党へ。

松浦党にもつながってたり…\(^o^)/

またのお越しをお待ちしております。




プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。