狛犬さんの百面相。いろんな狛ちゃん

こんにちは。

狛犬さんを愛でてくだされ。うふふ。


《鳴門市》宇志比古神社。ぼんきゅぼーん。

あまりの衝撃にお詣りを忘れた神社。


《徳島市諏訪神社》巨大なせにょーる。


《徳島市眉山町の春日神社》ちゅんちゅん顔の狛ちゃん。


《徳島市丈六寺隣の八幡神社》徳島の狛犬さんの特徴かなぁ。


《鳴門市の大麻比古神社》ものすごく絵を見せてくる狛ちゃん。


ごきげんさんでした。うふ。


《淡路島》賀集八幡神社。

ごきげん笑顔の大阪狛犬さん。


《福知山市一宮神社》兄弟がおった。

お顔にセミの 唐揚げ ぬけがら。


《賀集八幡神社・境内社》がまんしてると胃に穴があくよー(T_T)

きゅん。


《兵庫県丹波市の舟城神社》豪快に笑っておりますが


実はちょっと恥ずかしがりやさん。


《えーっと。どこだっけ?》懐かしのwalkmanのCM風。


昔はカセットテープだったんだよなー。


《京都府福知山市の二宮神社》アシカちゃん。


《京都府舞鶴市の朝代神社》何かの除幕式の時に訪問。


《同上・本殿》何かを訴えているむくむくわんこ。


《兵庫県篠山市の大賣(おおひるめ)神社》

おっ?


おお?


こらこらこら。

何に夢中になってるのかしら。


《兵庫県丹波市青垣町の高座神社》あいーん。

こちら様はきょーれつな印象がありました。


《兵庫県丹波市春日町の兵主神社》今日も楽しげなお二人。


《同上》ちびこまちゃん、どーこだ?


ちっちゃいちっちゃい二人。

記事の語り部さん役で活躍してもらっております。


《兵庫県豊岡市出石町の出石神社》何度見ても飽きないかわいさ。


この顔を見てると、もっといぢめたくなります~(*^_^*)

あー、かわいい。



いつも応援いただきありがとうございます。フォルダを見返すとまだ埋もれている子達がおりまして。今年は北海道へ行ったので平素は節約していたつもりが、近場を(あんまり近くない?)案外飛び回っていたようです。おほほほ。人生で最も価値のある資格は運転免許ですわ。えへー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

狛犬とタイトルにあると(以下略

あーん、おりこうさん顔の狛茶がエントリー(何の?)してない~ん

どの子も個性的でカワイイ ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・

あぁ、今宵も狛ちゃを愛でる幸せ・・・

ぽちぽちぽちーーーー★

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

まほうのことば、こまちゃん。

あ、あの子はねー、(もにょもにょ)。

丹波、丹後方面は出雲さんが多いので似たお顔になるんですが、よく見ると尻尾の巻き方や体の毛の具合が異なっていて。

たまりません。わふん。

No title

>尻尾の巻き方や体の毛の具合が異なっていて。

そ・・そんな細かく観察モフモフしてくるなんて、うらめし・・・

じゃなくて羨ましい!!・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・

時乃★栞様

こんばんは。

ひひひひ。よーく見ると、リスのような尻尾でも、くるくるカールの毛先が違っていて。
ひじや脇の毛、アゴヒゲも、直毛と癖毛があるんですよー。

毛先にこだわったのは、丹波佐吉かなぁ。
向こう側が透けて見える感じがします。

No title

こんばんは!

一口に狛犬といっても、こんなにいろいろあるのですね。
つねまるさんの影響で、神社に行くと、狛犬をしっかり見るようになりました。

No title

昨日に引き続き、個性的な狛犬さんたちに見惚れました。

本当に狛犬さんたちは、石工のイマジネーションの賜物だと改めて思います。

こんな狛犬さんに囲まれて暮したい‼!

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うふふ。関西ばかりですが、実にいろんな狛犬さんに出会えたことが、とても幸せなことだと思い出しております。

しずか様はあちこちにお出掛けなので、さぞかし様々な子達にお会いなのだろうと思いますの。

うらやましいです。うふ。

ぜひ、狛犬さんと戯れてあげてくださいまし♪

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

個性的な子達が多い関西圏内でも、特に石工さんのオリジナリティがあふれるのは、丹波市山南町辺りかしら。

うおう、どうしたことかー?

っと、夢中になります。

たっつん様のコマさんに囲まれた書斎がうらやましいですわ(*^_^*)

狛犬さんに囲まれた日々は笑顔が絶えないですね。うふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼