日本のお正月とカトリック教会の四苦八苦。宣教師、悩む

こんにちは。


イエスの誕生日が、クリスマス(降誕祭)。


クリスマス(降誕祭)当日の前後にはそれぞれ「待降節」と「降誕節」があります。

1月6日の「顕現日(節)」までは降誕節なので、


クリスマスツリーは、1月6日が過ぎてから片付けても、おけー。

ということは。


元旦は降誕節のど真ん中なので、特に何をするでもなかったのですが。

カトリック教会では。

1931年。エフェソス公会議1500周年に際し。
教皇ピウス11世が、1月1日を「神の母」の祝日と制定。

これは、第2バチカン公会議(1962~1965年)で追認されます。


「エフェソス公会議」(431年)。
聖母マリアを「神の母」と称することの正当性を決議。

「聖母マリアはキリストの母と言えるが神の母とは言えない」と主張するネストリウス派が異端認定された公会議。

この決議から1500年後に、1月1日を「神の母」の祝日と制定されたのです。

気の遠くなるお話。せんごひゃくねん。



また、1月1日は12月25日の降誕祭から8日目。

ユダヤ教の律法では、生後8日目に男子に儀礼を施し(※自主規制)命名します。
よって、1月1日はイエスの誕生日から8日目を祝す日でもあるのです。


【日本におけるカトリック教会と元旦】

時は1580年代。日本にキリスト教が伝わり数十年。
ちょこちょこと困った事が出てくるお年頃。



日本のお正月の祝い方は、宣教師達からすると「迷信・偶像崇拝的」。

これを禁じると日本のカトリック信者達は堂々とお正月のお祝いが出来ません。

しかし、これでは布教に支障が。

そこで教会は、日本の行事や祝祭日を積極的に取り入れようとします。



また、当時の日本は陰暦。
太陽暦を用いる西洋の教会から一ヶ月半ほど遅れます。

すると、復活祭の46日前の水曜日(灰の水曜日)から復活祭の前日(聖土曜日)までの期間の「四旬節」が、お正月と重なってしまう年が出てきてしまいます。

四旬節とは、イエスが十字架上で死亡し復活するまでの期間。
この間は食事の節制と祝宴の自粛が行われます。

そんな時に、日本では「おめでとう」な、お正月が重なってしまうのです。

まー、たいへん。

他にも松飾りや、しめ縄、篝火、鏡餅などをどう解釈したらいいのか。



1580年。宣教師達はお正月のお祝い事について『裁決』を記し、基本方針を示します。


①日本のお正月をまず大事にしましょう。

まず信者達に基本方針を示し、安心させます。


②1月1日を「御守りのサンタ・マリアの祝日」にしまーす。

西洋のカトリック教会では祝日がてんこ盛り。
そこで日本では、キリストの祝日を中心とした祝日のみに限定し、すっきりさせていました。

「迷信や不道徳なことをさけて」という条件付きながら、1月1日を祝日とすることで、四旬節の重苦しい雰囲気を一転。

信者達も堂々とお正月のお祝いが出来るようになりました。


③ミサには、「聖母マリアの誕生」の典礼(9月8日)を採用。

聖母マリアからキリストが生まれて救いが始まる。
なので、お正月はマリア様の誕生を祝う日とすることが一番良いという結論を出しています。


④お正月の3が日は、キリスト教上の行事よりもお正月を優先。

暦が日本と西洋でずれているため、お正月の三日間が四旬節の主日になったり、水曜日・金曜日の断食の日にぶつかる事があります。

そこで改めて、お正月の3が日は断食の義務がないと決定しています。




この決定は、信者の日本人には嬉しいこと。

積極的にしめ縄や鏡餅の意味を皆で話し合って、キリスト教と関連付けていきます。

初詣だって出来ます。
数珠の代わりにロザリオを持って。

絵馬やお札だって奉納出来ます。
聖書の絵や言葉を書きます。

親戚やお友達のおうちにだって、新年のご挨拶にお出掛け出来ます。
数珠の代わりにロザリオを持って。




【『神の母聖マリア』の祝日と日本】

日本では、1990年から『元旦のミサ』は「『神の母聖マリア』を祝うミサ」へと変わりました。

これは、

1931年。エフェソス公会議1500周年に際し、教皇ピウス11世が制定し、第2バチカン公会議(1962~1965年)で追認された、「1月1日は『神の母聖マリア』の祝日」の件と絡みます。

カトリック国ではない日本に対しては、この1月1日の『神の母聖マリア』の祝日は免除されており、単に『元旦ミサ』と呼ばれていました。

しかし、1989年にローマ福音宣教省が、この特例措置をなくす手紙を日本の教会に送付。

この書簡の中で、1580年に宣教師達が日本のお正月のお祝い事についての言及があります。

「セルケイラ司教様が来日した1598年当時、日本で宣教していた司祭たちは相談し、1月1日(元日)に『御守りサンタマリア』という祭日を行うことにした。」

日本では数百年前から、1月1日にミサが行われていた事をローマ福音宣教省でも把握していた事がわかります。


こうして日本では、1990年から元旦には「『神の母聖マリア』を祝うミサ」が行われるのでした。

数年前、久々に教会へ行ったら、名前が変わっていてびっくりしたもので、ちょっと調べてみました。

うらしまたろこ、な気分で。


おしまい。


参考資料

「カトリック高田教会」
https://takadacatholic.wordpress.com/page/12/

「カトリック高松教会」
「神の母マリア祝日ミサ説教/2011年1月1日/於:桜町教会」
http://www.takamatsu.catholic.ne.jp/bishopemeritus/homily/20110101homily.html

「カトリック中央協議会」
「典礼解説・四旬節」
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/tenrei/sijunsetsu.htm


いつも応援いただきありがとうございます。あれれ?お正月のお話になってしまったー。まぁ、クリスマスのお話の流れってことで。えへへ。今年もいよいよあと少し。あたふたと大掃除してます。ベランダはお布団とかマット、まな板と枕とザルが並んでおります。おほほほ。さぁて、さぁて、さ・・・どうしよう、このごみ置き場みたいなお部屋。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
カトリックと正月とにそんな意外な関係が。
目から鱗、でした。

今年も一年お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

No title

こんばんは。

あれれれ、ややこしいこと。
宣教師たちも本当に悩んだんでしょうね。
そうやって妥協(?)し、日本の慣習を取り入れたことが、あの時代に日本でキリスト教が広まった理由なんですね。

前記事にあった隠れキリシタンの里 『茨木市千提寺地区が、隠れキリシタンの里です。』
これにはビックリ!!
私の頭には天草しか無かったもので。
考えてみると、高山右近の領地なら切支丹が多いのは納得ですもんね。
茨木市立キリシタン遺物史料館、行ってみたいわ。

野津征亨様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

イエズス会のフランシスコ・ザビエルの布教方針の流れではありますが、日本では既に千年に及ぶ信仰と慣習が存在していたので、受容と寛容と妥協が必要だったのかもしれませんね。

私も今回調べ直して、とても興味深かったです。

こちらこそ、今年も一年お世話になりました。
来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

最初に布教を始めたイエズス会フランシスコ・ザビエル達が慣習を受け入れ、現地に溶け込もうとしたことは評価されてもいいのではないかと思います。

政治的な思惑は置いといて。

何よりも、当時の日本が千年に及ぶ信仰とそれを背景とした慣習のある文化を持った国であったこと。
これも大きいのではないでしょうか。私見ですが。

司祭さん、そんなん言ったって、お正月はお正月やがな。

そんな声が聞こえてきそう。

隠れキリシタンやキリスト教遺跡は全国に点在していますが、あまり知られていないかもしれませんね。

茨木市の千提寺付近の雰囲気と資料館、いいですよー。


あ、そうだ。家康に謁見後、イエズス会司祭達が中仙道を通ったので、道々布教したのか、旧中仙道沿いにもキリスト教の遺跡がありますよー。

お近くですと、塩尻市の大宝寺のマリア地蔵、北佐久郡望月町印内の隠れキリシタンの絵解きが隠された馬頭観音や無縫塔などです。
(『信濃のキリシタン』/長野カトリック教会/1960年)

佐久市岩村田の旧家篠澤家伝来の巻物に、アルファベットのようなものが描かれていることがわかり、キリスト教に関連するのかしら?との記事もありました。

http://www.slow-style.com/detail/newsdetail_1120_7287.html

No title

オチが正月の話に・・・
この場合の自分、読んだタイミング良かったのか?^^

>降誕節

って言葉の響きだと、こっちのほうがお祝いムードを感じる^^

カトリックで由来はともかく「元旦=祝日」に正式決定してのは、近年なんですね(シランカッタ)

世界各地に土着したキリスト教は、こんな感じに日本の風習に馴染もうとしたのか。
世界に広まるだけあるなぁ、意外と柔軟対応で驚きました。

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

カトリックでは、典礼の暦が日々細かく決まっており、降誕祭前後と復活祭の間の元旦はその通過点に過ぎなかったものです。

クリスマス休暇、日本にはないのと同じで。何を大切にするかはそれぞれですものね。

フランシスコ・ザビエル自身の方針が高圧的ではなかったのが幸いでした。
教皇の軍隊とあだ名されるほど教皇に忠実なイエズス会ですが、布教の現場では驚くほど融和をしようとしています。

ただ、唯一神であること、偶像崇拝を禁じることから、相容れないものは拒んでいますよ。

日本側が宗教的文化的に成熟していたことも、重要ですね。

明治にまず入ってきたフランシスコ会とイエズス会のそれぞれの特色を考慮する必要はあると思います。
仏教、と一口に言ってもいろいろあるように。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼