スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井寺の三重塔の故郷を訪ねてみた。世尊寺(その1)

こんにちは。


べんべんが広報担当僧のお寺は~


三井寺。ぼーん。


文禄4年(1595)年11月。もんきー・秀吉の「闕所(けっしょ=寺領没収)」の命により、クラッシュ&リセットされた三井寺。

再建された素晴らしい建物が並びます。


仁王門。
慶長6(1601)年、徳川家康により甲賀の常楽寺から移築・寄進。


真っ先に北政所によって再建された国宝・金堂。


一切経蔵。重文。


慶長7年(1602年)、毛利輝元により、山口県の国清寺から移築。


敷居が高い場所にそびえるのは


三重塔。重文。室町時代。

文禄3年(1597)。大和比曽寺の東塔を、豊臣秀吉が伏見城下に移築。
慶長6年(1601)。それを、徳川家康が伏見より三井寺へ移築。

一層目の須弥壇には、木造・釈迦三尊像が安置されています。
軒深く、三重の釣合よく、相輪の水煙などに中世仏塔の風格をよく伝えています。
(三井寺HPより引用)

ふむ。

こんな素晴らしい三重塔があったお寺とは、どんなところぞ~?

ってことで。


ふっふっふ。


やって参りました、世尊寺(比曽寺)へ。

私はお尻が軽いの。ふふ。


山門の左甚五郎作と伝わるお猿さん。


山門の額。


山門から中門まで遠いとぉい。


この広い場所の東西に塔が建っていたのですわ。


ほら、これよこれ。これがここにー!!

嗚呼、来て良かった~(*^^*)

正直、現在はほんとに静かな静かな里。
どうしてここに素晴らしい寺院があったのだろうと思うような所です。


ね。


右側に鎮守のお社。


ごめんよー。

まずは、全体像を見なくっちゃ~(*^^*)


中門から本堂までも、まーっすぐ。


本堂と太子堂。

創建は飛鳥時代。


反対側に、庫裡と鐘楼。

それぞれの建物は回廊で結ばれています。


配置図。目を凝らしてご覧ください。


金堂の礎石が8つ残ります。


鐘楼。


中門から振り返ると、正面直線上に山門。


東西の塔跡がはっきり残ります。


西塔跡に残る礎石。


そしてこちらが、現在の三井寺の三重塔である東塔跡。

西塔と比べ、礎石の作りが違います。精巧。


三井寺の三重塔、一辺の柱が4本ずつ。


礎石の並びは、一辺が4つずつ。

ふむ。

数は合う。

合うけど、この間隔だとカニさん歩きしないと内部へは入れなさそう。
並べ直したのかなぁ?これで正解なのかなぁ?

真ん中の穴の開いたものが、中心の柱の礎石。


測ってみた。

ただし、センチで測ると、変な数字になります。


三井寺の三重塔の故郷、世尊寺編、スタートです。

つづく。


世尊寺(史跡・比曽寺跡)
《住所》奈良県吉野郡大淀町比曽762



※世尊寺は明日香村の南にあたり、また、世尊寺から南へ下ると吉野川や吉野山。

この位置関係がポイントで。

古代から中世にかけて盛んに行われた、壷阪寺から世尊寺(比曽寺)を経て吉野山の金峯山寺へ詣でる「吉野詣」の古道に位置しています。



いつも応援いただきありがとうございます。三井寺は歴史ある素敵なお寺ですが、こちらはまたさらに往時の面影をあちこちに残す素朴で素晴らしいお寺でした。秀吉、よくぞ見つけた。さすが鵜の目鷹の目お猿の目。伏見や三井寺へ引っ越しさせられた東塔の礎石の大きさを測りながらいろいろな方向からしげしげと眺めて、今はもうここにはないけれど、当時の姿や塔の大きさを想像して、幸せなことこの上ないのでした~(*^^*)ウフフフ
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

三井寺も行ってみたいと思いつつ
中々機会が無く行けてません・・・

歴史も古いんですねぇ~

毎度思うのですが、静かな所に
五月蝿い車がきたらやはり迷惑なのでしょうねぇ・・・(汗)

パオーン様

こんにちは。ご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

五月蝿い車・・・(;・ω・)

パオーン様の愛車で静かな所を走ると、どうなのかしら。
すごい音なのかしら。

駐車場で見かけたら、あ、ドライブが好きな人なんだなーっ、でもこんな所まで来るなんて、ギャップが素敵だわーっとほほえましく思うんですが。

後ろから来たらびっくりして即座に道を譲ると思います。おほほ。

三井寺、ぜひゆっくりとご覧になってくださいな。
仏像の細かいことはわからない私でも、すごーいすごーいって感動しました。

大津はいつも混んでいるイメージなので、ちょっと苦手。
ぶいーんっと走るなら、大淀町、面白かったです。

でも大阪からだと、高速を使わないと面倒ですね。
下道スキーとしては、そこが少し寂しいものが。

No title

安心してください

五月蝿いといっても、○○族のように
空吹かしはしないですから^^

大津は確かに混んでますよねぇ~
湖岸道路は気持ちよく走れるのですけどねぇ^^

大阪からだと、国道307号~県道?3号~石山寺に抜ける道が
気持ち良いですよ^^

パオーンは滋賀までの距離ならあまり高速は使いません^^

パオーン様

こんにちは。コメントありがとうございます♪

>安心してください

・・・吹かしませんよ(*^^*)ヨカッタ

そうなんですよねぇ。湖岸道路は気持ちいいですけどねぇ。
気持ち良すぎて、一周しかけてしまいます。

あ、そうか。その道、ありましたねー♪
次、これで行こう。ありがとうございます。

滋賀県や奈良県に行くときは高速を使うのに、舞鶴に行くときは下道でのこのこ。おほほ。

熊野も168号線か169号線を使うのが好きです。ふふ。

ただいま~~~

やっとネット復活しました~~
コメント出来なくて、寂しかったよ~~~(ノД`)・゜・。

すっかり浦島シオ子なので、勝手ながら懐かしの三井寺から入らせてくださいm(__)m

あぁ、めりぃちゃんも御機嫌よう~あと出番も少しなのね(´・ω・`)

おぉ、狛ちゃんがワンコパンチ?^^

礎石~昔の単位だから携帯in計算機いるわ~
でも比べるのが楽しくてニヤニヤしちゃう( *´艸`)

久々の ぽちぽちぽちーーー★

時乃★栞様

こんにちは。おおお、おかえりなさーい。

どうしたことかと思ってました。ご無事なら何より。

三井寺散策の途中から、大和比曽寺ってどこよどこ?っと気になって、気もそぞろでしたので。

そうかぁー!ここかぁー!

っと、こーふんしました。

ワンパーンチ♪

予想外の狛犬ぱらだいすでもあり、とても素敵なお寺ですのよ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。