スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多田源氏発祥の地多田神社。鬼は頼光が退治じゃ!能楽「土蜘蛛」も!

こんにちは。

今日は、時代を遡り、渡辺綱、坂田金時等の四天王を引き連れて大江山の鬼・酒呑童子退治や土蜘蛛退治、妖怪変化は武力でねじふせろっ!の、源頼光に注目。

父は清和源氏二代目の「鎮守府将軍」源満仲。
住吉大社の神託により摂津国多田(兵庫県川西市多田)を開拓し源氏武士団を形成します。


兵庫県川西市多田神社


渡辺津、は、渡辺綱の本拠地。水運業でうっはうは。


頼光自身はここ多田を本拠地とし、武勇で名を馳せるだけでなく藤原道長に仕える貴族的な側面を併せ持つ文武両道の武者として多田源氏の基礎を固めます。


明治まで多田院と称していましたが、神仏分離で仁王様は近所のお寺へ移動。

満仲・頼光・頼信(和泉式部が仕えた中宮彰子に近侍)、頼義・義家(前九年・後三年の役、奥羽討伐)を祀ります。

馬から下りろ!




上記3件が国の重文。
本殿奥に禁足地「源満仲・頼光御廟所」。

うわーん!それこそ見たいものでござるぅ!

ここ多田神社は、源氏廟所として武運長久を願う源氏一門や末裔の崇敬を集めていました。
特に源氏を名乗る徳川代々の将軍はここへ分骨されました。


入れないの。柵があるの。


池が見たいです。ねえ、せめて池が見たいです。


ところでここ。


有岡城の戦いの折りに、焼失。
ま、いっか、信長は平家を自称してはるし。

しかし、多田院は荒廃してしまいます。そこへ

はい、ありがとう。


賽銭箱。…わかったっての。



ここには東門があります。

高麗門の形。この門の面白いところは、


ポイントは、柱が鳥居の形をしているのと、控え柱の屋根が正面から見える点。西門も同形。


源頼光。能楽でも活躍します。

「土蜘蛛」

病気でへろへろの頼光のもとに、僧に化けた土蜘蛛が現れます。


化けても蜘蛛の糸をふりかけたら意味なかろうに…。

手元にあった刀で頼光が傷を負わせた後、四天王の一人・渡辺綱が点々と続く土蜘蛛の血の跡を追い、葛城山の土蜘蛛の塚で退治します。

(なお、頼光は「膝丸」の刀を蜘蛛を切ったから「蜘蛛切」と名付けました。)

おしまい。

本当に蜘蛛の糸をぶわーっと広げたり、渡辺綱と土蜘蛛がどったばったと争ったり、とても面白くてわかりやすい曲です。


ちなみに、多田神社には、「鬼切丸」があります。(源氏累代の鬼切丸・別名髭切、は北野天満宮在)

以上、多田神社と源頼光でした。


ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったらあなたのおうちで蜘蛛の糸を撒き散らします

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

ありがとうございます。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは〜

はじめまして!!

ほんとだーー
鳥居がいる!!
おもしろいですね(。-∀-。)
葵もたくさんww

みゅった様

こんばんは。ご多忙の中のお越しとコメントありがとうございます。

そうなんですよー。鳥居になってるの。
戦国アバンギャルド、ってやつ?

記事には省きましたが、まー、あおいあおいあおいあおい…な社殿でして。
爆笑と気恥ずかしい葵攻めな神社でした。

またのお越しをお待ちしております。
今日は、ありがとうございました。

はじめまして

先日来、読ませていただいています。

正直なところ、私はお城に興味がないので、石垣や建物の配置などの意味が全然わかっていなかったんですけども(何か意味があるんだろうなぁくらいは思ってた)、
こちらの記事は、そういうのがわかりやすく書かれているので、楽しく読ませていただいています。
この先の更新も楽しみにしております。

みすず。様

こんばんは。ご多忙の中のコメントありがとうございます。

お城だろうが神社やお寺だろうが石っころだろうが、なんか楽しいことはないかな?なんかあるやろ?っと放浪してます。

テストがあるわけでなし、「これ、好きじゃー!」っと叫んでるあほーですが、少しでもお気に召していただければこれ幸い。

またのお越しをお待ちしております。
ありがとうございました。嬉しかったです。



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。