津軽藩士、七割が斜里に散る。『松前詰合日記』最終回

こんにちは。

斉藤勝利の記した『松前詰合日記』の表紙。

「此一冊は 他見無用 

   松前詰合日記 

 永く子孫江と伝」




流氷に覆われたオホーツク海。

何もないながらも、お年始挨拶を交わした斜里場所の津軽藩士達。


2月上旬、公儀御役人の交代があります。

田沼意次時代に蝦夷地調査を行った経験豊富な最上徳内は、斜里から紋別・宗谷を経由して松前へ。

代わって宗谷から岩間哲蔵が入ります。


《2月6日~3月6日》

ほぼ毎日のように死者が出ます。

宗谷・松前での養生を希望し出立しても、皆、途中の網走、常呂、紋別で死亡。


《3月15日~4月2日》

3月15日、三御長屋御人数残らず病気となり、病死の者も多く出たので、なんとなく物淋しくなり、なおまた食事の世話をする者、水汲みの者もなくなり、枕を並べて寝伏している有様は、見るからに哀れな光景となった。

いよいよ無事な者がいなくなり、アイヌの「弁慶」という青年を飯炊き、水汲み、薪作り等に雇います。


4月2日(陽暦4月27日)になって大海の氷が解け始めたので、やがて船も通うようになるだろうと喜び合った。
それにしても、生魚は去年の9月に食べてから現在まで口にしていない。7ヶ月間いっさい食べず、その姿すらみたこともない。



宗谷から藩船で米・味噌等は運び入れており、
日記の中に「ひもじい。食べるものがない」といった記述も見られない事から、彼等を苦しめたのは飢餓ではないようです。

津軽藩士達を襲ったのは、「浮腫の病」。

オホーツク海を一面覆う流氷。

これにより生魚や昆布等を得られなかった事が、
彼等の病の原因と考えられています。


《5月2日》

松前城下から御飛脚として2名が斜里に到着。
松前城下の様子などを語り合ったが、久しぶりのこととて非常に珍しく感ぜられ、楽しかった。


5月18日。最後の死者が出ます。


《閏6月24日》

昼過ぎ、当地の沖合いに帆掛船が現れます。
これが、「当初引き払い命令」の御用状を持参した船だったのです。

450石積み千歳丸到着しだい引き揚げよとのことで、これを皆々に伝えたところ大いに喜び、このことを公儀御役人衆へ報告し、それから準備に着手した。

長屋3ヶ所、物置所、稽古所の建物は全て残置し、斜里場所支配人へ引き継ぎ。

米・味噌・塩の類は公儀で買い上げの予定なので、それぞれ計量。
その代金57両(約400~500万円)。

(※この事からも米の備蓄は充分あったことが判ります。)


いよいよ斜里を離れる日が来たのです。

そこで。

斜里で死亡した者達の墓所へ。

「桧で高さ2間・7寸角1本の墓標」に「病死者72名の俗名を席次順に書き記し」、墓所に立てます。


それから墓所の土を少しずつ死者の数だけ紙に包み、名前を書き記して箱に入れ、それを七島莚(むしろ)で包み、帰国のさい斎藤文吉の宿元へ持参のうえ、各自の宿元へ届けることにした。

迎えの船「千歳丸450石」が到着し、風向き次第で出立となったことを墓前に伝え、各自へ水を供えたのであるが、思わず涙にむせんだのである。



遺骨の代わりに、墓所の土を家族のもとへ届けるのです。
生き残った者には、まだまだ辛いお役目が残ります。

宗谷から斜里へ集まった津軽藩士は、105名。
うち、斜里の墓所に眠るのは、72名。


《閏6月26日(陽暦8月17日)》

生き残りの17名は、ようやくお役目を終え、斜里の地を後にしたのでした。




現在、斜里の町では、毎夏にねぷた祭が催されます。

それは、津軽藩士の故郷、弘前のねぷたの形。



斜里町立博物館には、ねぷたが展示されています。


以上、斉藤勝利の記した『松前詰合日記』のお話でした。


おしまい。


参考文献
「知床博物館第13回特別展図録『近世の斜里』」
「知床博物館第3回特別展図録『斜里—下町の歴史散歩—』」(斜里町立知床博物館刊)

斜里町HP「町のあゆみ」
https://www.town.shari.hokkaido.jp/20syokai/20rekishi/10ayumi/

サイト「斎藤文吉の『松前詰合日記』を考える」
→→斎藤文吉の「松前詰合日記」を考える
http://island.geocities.jp/pghpnit1/saitohbunkichi.html

※記事中の緑文字は上サイト中『松前詰合日記』より引用

北海道大学北方関係総合目録『松前詰合日記』
http://www2.lib.hokudai.ac.jp/cgi-bin/hoppodb/record.cgi?id=0A030250000000000


いつも応援いただきありがとうございます。津軽藩士達が斜里町に残したものは、仲間の亡骸を埋葬した墓所。帰国しても労いの言葉こそあったでしょうが、大勢の死者を出したことは藩の汚点として箝口令が敷かれたに等しい状態。生き残った者達の心情は如何に。一方、斜里町には、日記の発見後に彼等の記念碑が建てられました。毎年夏に催されるねぷた祭で彼等を偲んでいます。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

浮腫を発症して死んだ人が多かったということは、恐らくは持ち込まれた米食以外に栄養を補給するものがなかった故の脚気だったのでしょうね。よもや極寒の地で「江戸患い」に罹っているとは誰も思いも寄らなかったのでしょうが、むしろ彼らが初めて体験する厳冬の方に原因があると思ってしまったのかも知れませんね。

箝口令ですか。

今朝は冷えたよね・・・という信州上田でマイナス10度があるかないか。歳を重ねるとともに寒さには段々耐えられなくなっている体に失望しております(笑)
堪え難きを耐え、忍び難きを忍んで亡くなった方は北海道に死ぬために行ったようなものですネ。
小生なら脱走して津軽海峡あたりで溺死ぢていたでしょうか。頓死や凍死などまっぴら御免です・・(笑)

さりとて任務の有効性はともかく、彼らの働きにより北海道は日本であり続けたのでしょう。
いつか祈りを捧げに訪れてみたいものです。

No title

こんばんは。

72名が死亡・・・
本当に悲惨ですね。
海辺に住んでいながら、海の物が食べられない。
辛い出来事です。

全く知らなかったことを教えていただき、有難うございました。

kanageohis1964様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね、おっしゃる通りだと思います。
米と味噌、塩は充分支度していても、他に栄養を補給するものがなかった原因に、流氷が。

昆布すら採れないと嘆いてもいます。

極寒の地で次々と罹患する様は、さぞかし不安であったでしょうね。

宗谷の方が暖流が弱いながらも入るため、
斜里よりも越冬には栄養面ではましであったようです。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ロシア南下に対する幕府の動きについては、
田沼意次がいたらもっと迅速に出来たのではないかと思います。
まぁ、想像ですが。

斜里場所警備は結局この時で終わるのですが、
日記には継続して行われる事を前提に覚え書きのようにいつから寒くなるからあれを用意して、といった追記も見られます。

与えられたお役目を必死に全うし、失敗を繰り返さないようにと思ったんでしょうね。

地元津軽よりも、斜里で覚えられていることに、きゅん、っとしました。
箝口令が敷かれて闇に葬られた史実はまだまだあるんでしょうねぇ。

まったく、津軽の方々にはお気の毒としか言いようがありません。

そちらはマイナス二桁になるんですかー!
最低気温が一桁になったぐらいで、布団から出るの嫌、って言っていてはあきませんねー。

ぶるぶるぶる。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

当時はとにかく厳寒の方に気をとられていたのかと思います。

知らない土地で次々と罹患し死んでいく仲間達を見て、
どれほど不安で怖かったかと思うと、心が痛みます。

今回、斜里の歴史を掘り下げてみて初めて知ることが多かったです。
拙い記事ではございますが、何か伝われば幸いに存じます。

次はアイヌの歴史にも着目したいなぁと。
斜里のアイヌ、真冬はどうしていたのかな。

『松前詰合日記』を最近になって知りました

つねまるさん、こんにちは。

北海道は学生時代に行きましたが、羅臼から知床半島巡りをしたことはよく覚えています。一度冬の流氷を観たいものだと思っています。
ロシアとの関係史を調べ始めて『松前詰合日記』に辿りつきましたが、つねまるさんがここで書いておられたのですね。津軽藩の多くの兵士が亡くなった歴史は、多くの人に長く記憶にとどめてほしいものです。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

斜里町立知床博物館に、弘前の大きなねぷたの展示があり、これはなんだ?と思ったのがきっかけでした。

博物館発行の書籍にも『松前詰合日記』の事に言及しており、これはとても貴重な本だとわかりました。

苦手な外交問題は、しばやん様の記事で疑問が解決してすっきりしました。ありがとうございます。

同じ北国でも、弘前とオホーツク海側とでは恐ろしく気候が異なった事を掴みきれなかったため、津軽藩士達はとても悲惨な結果となりましたね。

これも大切な史実だと思い、拙い記事ですが数回に分けてしたためました。

この頃の幕府のとんちんかんな対応は厚岸町で見受けられます。
厚岸町のHP内に割と詳しく書かれておりますので、よろしければ。

厚岸町の牡蠣、すごく美味しいですよ~(*^_^*)

北海道の近世については、ロシアに対抗しつつアイヌの人々をどうしたのかを次のテーマにしようと思っております。
そのためにはまた北海道へ行かなくちゃー、です。うふふ。

流氷、いいですよねー。
関西からだと乗り継ぎになるので悩ましいところです。うーむ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼