福知山藩主の能舞台は創意工夫。福知山市一宮神社

こんにちは。


福知山市の一宮(いっきゅう)神社。


丹波・丹後の国境の守護神として崇敬され、天正年間、福智山城が築城されると、城中・城下の鎮守神として崇敬を集め、城主によって社殿の修復がなされ、宝物、神饌田等の奉献もありました。(境内説明板より)


まぁー、大きなおくち。


うふふ、かわいい♪

ここの目的はこちら。


境内の能舞台。

うふふふ。



安政4年(1857)、城南の小丘(現在の東岡町)にあった朝暉神社境内に藩の普請方によって建立された舞台。

明治7年(1874)に一宮神社に払い下げられ、翌年に現在地へ移築。


シテやワキが登場する道、「橋掛り」。


「土蜘蛛」では、土蜘蛛と独武者の攻防がここでも繰り広げられます。


橋掛りの奥には「鏡の間」があり、シテは自分の姿を鏡に映して集中。

通常は鏡の間と橋掛りの間は、五色の幕。

シテの「おまく(幕)」の声により、後見及び幕の担当が幕を上げます。

「おまくっ」と短く言われたら、ぱっと上げて
「おまぁく」とゆっくり言われたら、ゆっくり静かに。
幕の上がる速さで何が現れるのか、シテの位がわかります。



面白いのは、屋根の形。

上が水平。橋掛り部分の屋根の勾配により、遠近感が増すように工夫がされています。


舞台から見た橋掛り。


能の面は、視界が極端に遮られています。

いわゆる「摺り足」なのは、足の裏の感覚で舞台と橋掛り等との境目を感じとるためと言われます。

この「摺り足」ですが。

完全に着地させてずりずりしているのではなく、体重は動いてない方の足にかけており、浮かした足と板の間には、紙一枚が入る程度の隙間はあります。
でないと、長袴の時に動くことは出来ません。

それでも板目の境は、囃子方の頭と雰囲気と併せてはっきりわかります。

なので、


この木目の継ぎ目、大事です。


舞壺は、一枚板が同じ方向に。

ここへ入ればあとは柱の位置でわかります。


天井も、丁寧に作られています。


切戸は地謡や後見が出入りする場所。

油断すると頭をごっちんこ。


しかし、この舞台には地謡が座る場所がありません。


通常の能舞台。赤い装束の人の後ろに地謡がいます。


種明かしは、これ。


平時はコンパクト。


立派な舞台でした。


能舞台は飾り物ではなく、使われてこそ生きるもの。

あちこちの神社に残る能舞台でも演能されていればいいのですが、多額の費用がかかることもあり、なかなか難しいようです。

しょぼん。


いつも応援いただきありがとうございます。能楽は武家の式楽であったので、福知山藩の普請方がこの舞台を造った事は、藩主の意向によるものでしょうね。とてもしっかりとした構造の舞台だと思います。往時はこの舞台で様々な演能があったのだろうな~としんみり。神様へのご挨拶も早々に、お社そっちのけで舞台をながめ、這いつくばって舞台下を覗き込んで、ぐふふふふっ。でも、でも、自分では不審者ではないつもり~(T_T)。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

立派な能舞台で、松が生きているように、鮮やかに色を残していますね。

演能に多額の費用がかかるとは、演者を呼ぶ費用なのでしょうか。
つねまるさん、ボランティアでいかがですか(^_-)-☆

福知山市一宮神社!

さすが能舞されつねまるさんの解説付き記事は素晴らしいいです!
老生の一宮神社(いっきゅうじんじゃ)の記事とは大違い何時も感嘆しています!

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほんとに立派な舞台で、こんなところで薪能なんてされたら素敵なのになー、もったいないなーと思いました。

能一番を催すのには、囃子方4名(太鼓ありの場合)、地謡8名(削減可)、シテ、ワキ方、狂言方、後見、等、最低でも十数人は必要なので、たいへんです。

仮に催す事になっても、チケットが売れるかどうか。

なかなか難しいです~(T_T)

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

誉められると天まで昇ってしまいます。
ありがとうございます(*^^*)

福知山市一宮神社で検索したら、四方様の記事にたどり着きましたのよ。
おめでたいご縁がおありだったのですね。

私にできることは、たわいもない雑談なのですが、
誰かおひとりでいいので、「お?」と感じていただけたら嬉しいです。

ほんとにこちらの舞台は素晴らしかったです。

綾部市も丹波猿楽の梅若座一門がいらしたのですから、
面が伝わり、難波の曲も残っているのですよね。

梅若ご一門は関西でもご活躍ですので、
何かの折に演能されるといいなぁと思っております。

あたたかい励ましのお言葉、ありがとうございました。
元気が出ました!

こんばんは~

かわいい阿ちゃんと吽ちゃん^^

>体重は動いてない方の足にかけており、浮かした足と板の間には、紙一枚が入る程度の隙間はあります。

何かの苦行なんj・・・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ
これ慣れてないと地味にしんどい動作ですね^^
自分なら、ふくらはぎがプルプル攣るわぁ^^;

福知山~いつも備後福山藩と混同してしまうのは自分でも謎(; ・`д・´)

ぽちぽちぽちーーー★

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

この狛犬さん、いい和犬っぷりでしょ~(*^^*)
石工さんはわかったから、探すんだ~(*^^*)ウフフフ

能の構えは、ふくらはぎや太股の裏表、肩甲骨の内側、腕の外側等に筋力が必要なので、どうやら老後にたいへんよろしいらしくて。

所さんの何かの番組で以前やってまして。

確かに、能楽師の先生の体は素敵な筋肉。

お稽古し始めの頃は全身が筋肉痛ですごく辛いです。
変なとこに力を入れてしまって、身動き出来ず。

備後福山?

何故だー。えらい遠いじょー。
そちらから見たら、ぜんぶ一緒なのかー。こらー。

福知山は光秀が作ったらしいよー。
光秀といえば、丹波攻め攻め。はい、福知山は丹波ね(*^^*)
黒豆おいし・・・あー、そっちは何でもおいしい~(T_T)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼