FC2ブログ

八阪神社。甲賀市信楽町は近衛家の荘園

こんにちは。


滋賀県甲賀市信楽町。


信楽町柞原の八阪神社。

この付近は「紫香楽宮」と奈良の平城宮を往来した道になるのか、歴史あるお社が点在する地域です。


むぅらの鎮守のかーみさまっのぉ~♪の趣。


紅葉探して一苦労です。


舞殿。


何が内緒ないしょなのかしら。

祭神は、素戔嗚命(すさのをのみこと)。

本殿が、1688年建築の国指定文化財(文化遺産オンラインによる)なので




でええええぇ~(T_T)


確かに、内緒ないしょでした。



覆屋の中で大切に守られて、いつまでも当時の姿を留めていただけたら、何よりです。



創祀年代不詳。

もと大字畑違垣山下の宮原に鎮座その他(杉山・中野・柞原・畑・田代)の産土神として素戔嗚命(すさのをのみこと)を奉祀。

正応年間(1288~1292)。領主近衛家基により柞原の地に移される。
この頃は東に鎌倉幕府。執権は北条貞時。
信楽は、平安時代より近衛家の荘園。

天文元年(1532)九月。社殿を造立。
寛保三年(1743)。本殿の屋根を修理。

明治初年。牛頭天王の社号を八坂神社に改める。



近衛家の荘園であった信楽にはまだまだ素敵なものがてんこ盛り。


近所のおじいちゃま自慢の石仏様にご挨拶して、さよならしました。


参考サイト
八阪神社本殿/文化遺産オンライン
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/186473

滋賀県神社庁/滋賀県神社庁「八阪神社」
http://www.shiga-jinjacho.jp/ycBBS/Board.cgi/02_jinja_db/db/ycDB_02jinja-pc-detail.html?mode:view=1&view:oid=635


いつも応援いただきありがとうございます。「大阪から来てくれたの?」っと笑顔のおじいちゃまの歓迎を受け、立ち話。拝殿と覆屋は近年新しくされ、本殿を末長く伝えていきたいとのこと。氏子さん達に大切にされているお社は、気持ちがいいですね。ほくほくしながらお詣りしました。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~冬支度の買い物してました~(。-_-。)vブイッ♪

内緒・・・この先、立ち入るべからず的な?

近衛さんの土地かぁ~摂関家だなぁ~
(何となく感じただけで意味なし感慨^^;)

ところで、今は八阪神社っていうんですね。
大坂が大阪みたいな感覚なのかしらん^^

八坂神社でインプットしてるから、漢字変換が出なかった( *´艸`)

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんばんは。

本当に、地域に根付いて大事にされている神社って良いですよね~
私も大好きです。
境内には小さなお社や、お社は無くても鳥居と石碑と祠なんかが残っていることってあるじゃないですか。
ああいう場所で、一つ一つにお詣りしているおじいさんを見た時、何とも厳粛な気持ちになったことがあります。
それぞれに神様がいらっしゃるんですよね。
大事な大事なご神殿を守る狛ちゃん達、張り切るよね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね。どんなに立派でも寂れていくお社を散見すると、ここのような大切にされている神社は、ほっとします。

それぞれに神様がいらっしゃる。

確かにそうなんですよね。

立派なものがいいとも限らず、大切にされてこそ神様のいる神社。

大事な大事な神殿を守る狛犬さん、みんなけなげに働いてますものね。

時々、護ってるのか守られてるのか不明なお茶目さんがいますけど、
それは愛嬌。

うふふ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

近衛、と書きつつどきどきしました。
私は考察するほどの頭がないのでおてやわらかにお願いしますね。

八阪神社の名前は調べると面白いかもしれませんね。
(と、投げ出す無責任)

No title

つねまるさん、おばんですば~い♪

本殿が1688年。
なんと保存状態がいいのでしょうか。

八坂神社は金回りがよくて、維持が容易なのでしょうね。
ちょっと気になるのが「内緒、ないしょ♪」ですが、内緒ってな~に。
と聞きたくなりますね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

本殿、覆屋の中に内緒ないしょされていて、隙間からしかお詣り出来なかったんです。よよよよ。

八阪神社、氏子さん方に本当に大切にされていて、
狛犬さんも、長寿記念に奉納された子達だったんですよー。

ぽーんっと寄付できるような身分になりたいもんです。

給料日前の連休はつらかったです。ううう。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼