葛城と土蜘蛛。一言主神社の蜘蛛塚。

こんにちは。


一言なら必ずお願い事をかなえて下さるという、葛城一言主神社。


話はそれますが、一言の重みってありますねー。

難しい事を難しく述べるのは誰でもできる。
難しい事を簡潔に述べてこそ、本当の理解。

なかなか出来ないけれど、謡と仕舞の先生がいつも言うことで。


もったもったと「葛城」を舞う私に「葛城は神様やけど、ちゃうねん」

・・・せんせ、簡潔過ぎてわかりません。

ぐち。

せんせの意図はこちらを踏まえての話。たぶん。

能「葛城(かづらき)」。神が受ける苦しみと古歌
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-620.html

恥ずかしがりやの葛城の神、大和舞を舞う。能「葛城」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-621.html



拝殿です。


樹齢1200年の乳銀杏。


ボケよけの「至福の像」。

カボチャがおすすめらしい。


奥に、一言稲荷神社。


おや。ちびっこお狐様が。


眉間にしわ。


最近、近視よりも、アレの気配が忍び寄っております。


よーしよしよし♪


瞼が垂れてるよー。おーい。


頑張れ、きつねちゃん。


横には境内社。

拝殿や境内社の社殿は、本殿が明治9年の改築なのでその頃のものかな。

さーて。そろそろ帰ろっかなー。


はい、何でしょう。


・・・出したらダメな感じがしますが。


そういえば、二の鳥居の横にも何かあったような・・・。


蜘蛛塚?

ただの蜘蛛じゃないよ。葛城山といえば、「土蜘蛛」です。


いわゆる神武東征のお話。


『日本書紀』(wikipediaより引用)

「翌己未年2月、磐余彦(※即位前の神武天皇
)は、従わない新城戸畔、居勢祝、猪祝を討った。また高尾張邑に土蜘蛛という身体が小さく手足の長い者がいたので、葛網の罠を作って捕らえて殺した。これに因んで、この地を葛城と称した。これによって、磐余彦は中州を平定した。」



また、 『摂津国風土記逸文』では「恒に穴の中に居り。故、賤しき号を賜いて土蛛と日う」 とも書かれており、

いわゆる、ヤマト政権に対する「まつろわぬ民」の象徴として、「土蜘蛛」の名(蔑)称が見られます。

この「まつろわぬ民」としての土蜘蛛は、全国各地に土蜘蛛伝承として残るものですが、葛城山の土蜘蛛伝承は、時代を経ると土蜘蛛が「まつろわぬ民」から妖怪へ変化し、源頼光の鬼退治伝説と結び付き、『平家物語』「山蜘蛛」のお話へと続きます。


出しません。


つづく。



いつも応援いただきありがとうございます。最近、すっとぼけてるのかほんとにボケたのか、凡ミス連発。洗顔フォームを歯ブラシにつけて「ぐえっ。まずっ」と基本のおとぼけをする朝。一言主神社と何の関わりがあるのかよくわからないけれど、これ以上ぼけませんよーに、とお願いしました。土蜘蛛と頼光のお話、頼光がすっとぼけます。お楽しみに。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、なんかすごく興味津々なお話かもです。
頼光さんのお話楽しみ。
お話とは逸れて脳内に金太郎とかお初天神とか渦巻いてます。

アラハバキあたりにも触るのかなぁ。
↑こっちは再来週にちとそれっぽいところ行ってきます

No title

かぼちゃがお勧めだからなのか、冬至が近かったからなのか(。-`ω-)ンー

狐さん眉間のシワをツンツンしたい( *´艸`)

土蜘蛛・・・蜘蛛自体は寧ろ益虫系だと思うけど、
これは出したらアカンやつ(; ・`д・´)

村クリりん(*´∀`)ノ+゜*。゜拍手+゜。*゜+


※パソが自動更新したら登録してた顔文字が粉砕しました(´;ω;`)ウッ

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

次記事がお気に召すとよいのですが。
頼光、とぼけております。

多田源氏・源満仲の子、頼光。

川西市の多田神社には源満仲、源頼光、源頼信、源頼義、源義家が祀られ、清和源氏の祖廟とされます。
また、神仏分離で別れた満願寺には金太郎さんの墓と伝わる石の祠がありますのよ。

お初天神♪
門限のある神社でびっくりしますが、場所が場所だけに。

アラハバキは、主に東日本なのかなぁ、確か。
こちらは、坂上田村麻呂の鈴鹿の鬼神退治のように、土蜘蛛か鬼神かなぁ。

お。

おでかけ、いいですねー。
アラハバキぽいとこレポ、よろしくお願いいたします~(^o^)

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

冬至にかぼちゃはボケ防止ですし、普段からかぼちゃをお食べ、とも言われますし。

うちでは小豆とかぼちゃの煮物を食べてました。いとこ煮。

土蜘蛛は能から知ったので、神武天皇の伝承を読んで、へー、妖怪じゃないんだ、へー、でした。

初めて一言主神社を訪ねたのも、蜘蛛塚を見るのが目的で。

>※パソが自動更新したら登録してた顔文字が粉砕しました(´;ω;`)ウッ

うわー。たくさん貯めてあったでしょうに。
ふ、ふ、ふ、ふぁいとー。

No title

おはようございます。

一言でも、言霊の力は大事なんだと思います。

お狐様って、どうしてこう目つきの悪い(失礼)方が多いのでしょうねぇ。時々穏やかな目のお狐様に出会うと、ほっこりするんですが、なかなか出会えません。

No title

こんにちわ。

お狐さまも至福の像さまも表情が豊かですね。私はお外の仕事で消しゴムがないと騒いで、気付いたら手に持っていたり、さっきあったものがないなんてことを繰り返しています(笑)。

No title

おはようございます~~レスのレス~

>小豆とかぼちゃの煮物

おお!我が家もです~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
ただ北海道は甘くするから味付けの方向性が違うと思う。

旅行で食べたかしらん?
北海道では茶碗蒸しも銀杏じゃなくて栗で、味付けも甘~いんです。
(旅館・ホテルは内地仕様味付けの場合あり)

前コメで忘れてたのを補足

>「葛城は神様やけど、ちゃうねん」

師匠、一言すぎです~~~~:゙;`゙;`;:゙;`;:゙`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブハッ

※せっかく戦国仕様してた特殊読みの漢字登録までもが粉砕してた事に気づいて、いまミニモニ修羅場(´;ω;`)ウッ

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

言霊。

あ、そうか、言霊、ですね。
私ったら的はずれな事を堂々と。恥ずかしいっ。

そうですね。よきことも悪しきことも、言霊は宿りますね。
前向きにいかなくちゃ。

お狐様、狐目でも穏やかなお顔がありますね。
おっしゃる通り、なかなかいらっしゃいませんねぇ。

たっつん様でさえなかなか出会えないのですから、私はいつ出会うことがあった出来るのかしら。

kame-naoki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あらやだ。うふふふ。

私も、それこそメガネメガネ・・・かけとるやないかいってのが何度か。
何故か私の周りの物はかくれんぼするんですよねぇ。

やんなっちゃいます。

でも100均で買ったものは、なくならないんですよー。
特に、長い雨傘。ううう。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

小豆とかぼちゃの煮物、おだしと醤油とみりん少々なので、かぼちゃの甘さだけかなぁ。
ゆであずきで作ったら、どえらい味になってしまったことが。
おほほほ。

あ、そうそう!茶碗蒸しに甘栗が入ってて、甘かったー!!
うちが茶碗蒸しに入れるのは、干し椎茸と鶏肉と海老と銀杏とほうれん草。

ね、ね、ね。赤飯も甘かったじょ。
甘納豆だったじょ。

うちの師匠は言葉よりも体で覚えさせるタイプなので、伝えるのがへたくそなんです。

一通りやってから、「ちゃう」

お気に召さないと、「まじか?」

あれ?あれ?っと思いながらやってる時も多いけど、言い方ってのがあるでしょって、内心むかむかすることも。

>※せっかく戦国仕様してた特殊読みの漢字登録までもが粉砕してた事に気づいて、いまミニモニ修羅場(´;ω;`)ウッ

戦国仕様の復活は大変ですねー(T_T)
考えるだけでも恐ろしい。
ぼちぼち、いこー。

No title

土蜘蛛伝承は初めて知りました。
私なら「あっ、蜘蛛のお墓だ」で、素通りしていたかも。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

土蜘蛛、だけでなく、鬼さんとか妖怪さんとかの名前でお近くに隠れているかもー。

ふふふ。植木の下を這いつくばって覗きこむ変な人の仲間になりませんことー?
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼