スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝浦八幡神社。例大祭は神事です

こんにちは。


那智勝浦に来たら、生マグロ丼どん。


那智勝浦港。いつもおごちです♪


那智勝浦といえば、忘帰洞のある、こちらの巨大なほてーる。

館内で祖母が「もう歩けせん」と言い出し、おんぶした思ひ出。


こちらは、漁港。

山の向こうは


こんな景色。


いわ。


あそこまではたどり着けないのが残念。


最高の遊び場です♪

いえーい、と言っている沖合の島。

維盛が「これもり、参上」と書き記し、入水した場所。


この磯遊びの岩場の端からは


補陀落渡海の出発地の浜辺が見えます。

そんな那智勝浦に鎮座するのが


勝浦八幡神社。


神社のふちに、石標。


海海海。


すかっと気持ちのいいお天気。


こちらのお社、台風等の被害が大きく。

社叢は、

昭和34年。伊勢湾台風により樹齢300年近き杉十数木が倒れる。
平成2年。台風19号により椎ノ木の巨木でなる森が全滅。
御社殿近くの椰ノ木(樹齢推定400年)と境内の楠ノ木(昭和天皇御大典記念樹)を残すのみとなる。

平成御大典記念事業として馬目樫1,200本、杉桧等1.300本を植樹。

建物は、

昭和58年4月1日。突風による大樹倒木山崩れの直撃を受け御社殿は全壊。
平成御大典記念事業として平成2年6月2日、勝浦護国神社として復元御造営成る(総桧銅板葺)。

(和歌山県神社庁HPより)



拝殿。

【主祭神】応神天皇 
【配祀神】事代主神 少彦名神 八百萬神 猿田彦神 皇大神 保食神


海のお社らしく、ガラス玉を網で包んだもの(?)があります。

【由緒】(和歌山県神社庁HPより)

「当村鈴木某祖先より鎮守として崇敬せしところ、弘安年中(1278―1287)村民等同氏に恊議し氏神と為すと」いう(『神社明細帳』)。

古くは大勝宮と称せしとの伝承あり。

「慶長十五(1610)年の本殿上棟式に始まり、新しくは明治四十三年本殿御造営の棟札あり」(『神社財産登録台帳』)。





【合祀】(和歌山県神社庁HPより)

明治44年9月15日。町内字祭渡島海中の岩上に鎮座無格社祭渡神社(祭神猿田彦神、由緒往昔備後国靹浦渡ノ神社より勧請すと云う)を本殿に合祀。

明治10年8月15日、村内字神明に鎮座神明宮を本社境内へ移転。
(祭神皇大神、保食神の2神)

由緒不詳だが、

「上鏡天和癸亥(1683)当神社神主三代末高橋杉太夫藤原実次代と銘記の御神鏡あり、当社神主四代高橋右近藤原実晴貞享三(1686)年より代々村社八幡神社の両社に奉仕す」とあり、『高橋文書』又町名にも神明、神角が残されており古き勧請なり。

いずれも、本社に合祀。



生マグロと太平洋。那智勝浦の夜は、よよいのよい。


「勝浦に過ぎたもの三つある、お寺と祭りと三水米」

例祭では、神輿渡御行列、還御舟行列を始め大黒天の黒塗り、櫂伝馬、徒士山伏、餅搗、獅子神楽、船謡等々多彩な伝統行事が行われます。


櫂伝馬行事と神輿海中神事。

入水した神輿に対し、祭りを終わらせてないわよっと神輿に近づき、沖へと運ぼうとする5隻の櫂伝馬(カイレンマ)と、神輿の駆け引きです。


舟渡御。

櫂伝馬がやがて駆け引きを諦めると、
神輿は、専用の小舟に乗せられて、舟謡の声と共に神社へ帰ります。

海路還御は、櫂伝馬・高砂舟・猩々舟・恵美須舟・鳩舟・神楽舟・大黒天舟・山伏舟・謡舟・御船の順。


この海で行われます。

また、この神事に関わるものは、社宝。

神船(1艘) 大黒天像(1体) 高砂寿老人像(1体) 鳩像(1体) 蛭子像(1体) 猩々像(1体)

海上遷御は、那智勝浦町の指定無形民俗文化財。



普段はとても静かな勝浦八幡神社なのでした。


参考文献

和歌山県神社庁「勝浦八幡神社」
http://www.wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=8017

和歌山県ふるさとアーカイブ「勝浦八幡神社の例大祭」
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/bunka-archive/matsuri/katuura.html

那智勝浦町「勝浦八幡神社例大祭」
http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=9446


いつも応援いただきありがとうございます。那智勝浦町の指定無形民俗文化財に指定されたことで、年々観客が増えているとのこと。しかし、この一連の行事は、勝浦八幡神社の神事ですので、那智勝浦町HPでは、「神輿を2階など上から見下ろさない慣わしがありますのでご協力お願いします。」と注意しています。お祭りだー!っとはしゃいでしまったり、夢中で撮影したりしがちですが、神社のお祭りは神事だということ、忘れてはいかんですね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

そうか、御神輿渡御は神事なのね。
上から見下ろしたりしちゃいけないのね。
確かに夢中になって撮ってしまうものね。
気を付けなくちゃ。

ホテル〇島だー!!
ここ、有名よね。
一度、洞窟風呂に入ってみたいわ。
おばあちゃんをおんぶしたんですか。
広い旅館って、半端なく広いもの、お年寄りにはキツイですよね。

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

まぐろ丼、いつものことながら、かぶりつきたくなります。

朱塗りの神社はいいですね~。
日常的でない色ですから、神社、神社って感じがします。

神輿渡御行列は、一度、新庄まつり(新庄城)で見たことがありますが、
神事は厳かだなーって思います^^

神輿が入水して何処かに到着するとゲームオーバーになるのでしょうね◎o◎

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよね、神事。
自治体の観光案内や管内の行事紹介で、きちんと書いてあるところも珍しいです。
多分、由来を知らない観光客が目に余ったのかと。

うちらはねー、まだ、かわいいもんです。
ぎゃ、片足踏み入れちゃったよー!程度で。
やっかいなのは、すごく力の入ったカメラの人のごくごく一部で。
ほにゃ、の世代の方が注意すると逆ギレするんです。

巨大なホテル○島ですよー。
母方の祖母、母、私で行ったんですが、母は小柄なもので、お鉢が回ってきました。
昔は車椅子を常備してるとこが少なくて。
探すよりおぶった方が早いし、小回りきくので。おほほ。

洞窟のお風呂、忘帰洞、って呼ぶんです。
帰るのを忘れるほどの温泉。
いろんなお風呂があって、テーマパークみたいで楽しいです。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

生マグロ丼どん。いつも同じ店の同じメニュー。
せっかく行ったら、ハズレの店に入るのが嫌で。えへ。
男性には少しご飯が足りないかもしれないです。

神輿と船渡御は、天神祭でお馴染みなんですが、
那智勝浦のものは、海で神輿を浄める所が勇壮なようで。

神様がおうちへ帰ったら、おしまい。

天神祭だと、これから夏本番!ですが、こちらは敬老の日ぐらいなので、これから秋になる感じなのかな。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。