スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色川神社。熊野の自然信仰と狛犬さん

こんにちは。


平維盛が身を隠し子孫を残した伝承のある那智勝浦の色川郷。


和歌山県と三重県は神社合祀による神様のシェアハウスが多く。


強引な政策であったとしても過疎化等が顕著な今となっては、
誰もお世話することなく朽ち果てるよりは・・・と迷いもしますが


ご神体がそびえる場所に立つと、
人ならぬものを感じた先人達の気持ちがわかるような気がします。


ちなみに、パワーなんちゃらは苦手です。


色川神社のご神体とされる岩壁、裏側からの遠景。


神社合祀の為に建てられた社殿と古来からのご神体、
どっちをお詣りしたらいいのか迷う羽目に陥っております。


賽銭箱のあるのは、こっち。


大きな大きな岩の壁。


奉納の燈籠は、ご神体の岩壁を臨む場所に。


1843年。天保の大飢饉前年。


1910年。幸徳事件など。

天保14年の奉納の燈籠は他にもあり、前年から雲行きが怪しかったのかな。
反対に、豊作で余裕があったのかな。


社殿に向かって左、建物によって岩壁と隔離されてしまった燈籠達。

文政、天保、明治年間奉納。


なぜ自然石を奉納したのかなー。丸いから?


社殿前には、文政7年奉納の燈籠。1824年。

かといって社殿が文政年間のものというわけではなく。


大正3年合祀のため社殿が建てられるまでは、今の社殿の下辺りに神籬を設けて行われ、古老の話によれば、神籬を設ける場所に「大」の文字を掘りつけた角石を常置していたという。(和歌山県神社庁HPより)



うーむ。


どこだろう。


じぃーっと。


どこだー。


かしら?


これじゃないでしょうけど、なんか好き。

そもそも角石って、どんな石だー。


・・・すみません。沢遊びしてました。


ら?


あ、狛犬さんだー。


んふふふ。


ご機嫌です。


相方さんは、真面目ちゃん?


吽ちゃんのストレートなご意見。


あ。


かわいそう。

いいのよ、今は社殿にいっぱいの神様が同居してるんだから。


もっちゃり尻尾と垂れ耳がかわいい二人です。


前夜の雨で、空気すっきり。

つづく。


参考資料

和歌山県神社庁・色川神社
http://www.wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=8018


いつも応援いただきありがとうございます。川の水はとてもきれいで冷たくて気持ちがよかったです。そして狛犬さん。阿ちゃんは笑ってるのか吠えてるのか、のどかなお顔。吽ちゃんには小さな角があって、少し唇を噛み締めるようなお顔。二人ともとってもかわいかったです。周囲から隔離されたようなパリッとした空気のお社の中でかわいい狛犬さんに会うと、ほっこりしますね。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもありがとうございます。管理人改めスタッフ1号です。
こちらに来ると、旅に出たくなります(^^)
自分で歩いて来たような気持ちになれますね。
きっとそんな目線で撮影されているのでしょうねー。
いいなぁ〜。和歌山。行ってみたいな〜。

No title

狛ちゃんz可愛い^^

管理人改めスタッフ1号様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

貴記事を拝見するたびに、素材がうまい北の大地が恋しくなりますわ。
一日にスイーツはひとつ、と決めていても、無理っ。

撮り忘れがないように、ひたすらパシャパシャしてます。
でもねー、案外肝心なものをすっこーんっと忘れるものですねー。
きゃー(泣)ってこと、多いです。

狛犬さんのお尻は山ほどあるのに、顔がない、とか。

和歌山は、海、山、史跡、甘辛揃えた美味しいもの、あります。
一番遠い関西なんですが、ついつい通ってしまいますの。
京都や奈良より、神社らしい神社に出会う事が出来るので、せっせと。

か、か、関空からなら、近いかなー。

私はそちらへ行きたくて仕方ないです。
お互い、ちょーっと遠いですね・・・(T_T)

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いいこ、いました。

岡崎さんかなー?って諦めていたら、大阪さん風の和歌山さん。

やっぱり狛犬さんに会わないと、満足出来ないですわ。おほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。