スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平維盛、神になる。色川神社と神社合祀

こんにちは。


総大将となった富士川の戦いでは、源氏の軍勢に怯え


平家一門の中で唯一家族を都に残して都落ち。


世俗の姿だ今一度家族に会いたいと切望しつつ、出家し


補陀落渡海の道中、太刀を落としてしまう愛すべき維盛。

ニュースです。

維盛、神になりました。


口色川から


川を下り


太田川として合流するこの辺りは


鮎の住む清流。


ぽちょん。


色川神社。


県道脇に、社頭。


とりあえず県道から石段を下りると、ただならぬ気配。


我が身ながら小汚ないので、


川岸へ。


樹皮は剥いてある木の鳥居。

鳥居をくぐって、割拝殿。


いざ、本殿へ。


色川神社・本殿。

『紀伊續風土記』

「深瀬明神森」  
境内森 東西70間、南北25間

村の南禅宗11町余り、溪水の合流する所にある。
挺立している巌壁を祀って社はない。
ここは険しい山が両方から迫って切通しのようである。
巌壁はその高さ14.5丈ばかり。はなはだ雄偉である。



色川郷中の産土神で京師深草明神を勧請したと言い伝える。
考えるに深草明神を祀るということは覚束ない。

深瀬はすなわち色川の深瀬で川の神を祭っているのであろう。
色川の名もここから起こっていることも思うべし。




宝暦9(1759)年10月の『牟婁郡神社号覚書上』によれば、
色川7ヶ村の惣氏神でした。

もとは深瀬明神あるいは深草神社といい、
京都深草より勧請されたとも伝えられますが、創祀年代は明らかではありません。



この深瀬の岩壁は、社殿のある今も拝礼が真っ先に行われ、
祭礼日には川辺に賽銭箱が設けられます。

大正3年に神社合祀のために社殿が建てられるまでは、
無社殿神社でした。


よって、社殿が建てられた今、参詣が変なことに。


和歌山県神社庁HPによれば、

明治43年12月23日許可をうけ大正3年4月18日、村内15社の神社を合祀し、大正3年11月4日許可を得て、今の名に改めた。

合祀した神社は、次の15社である。

大字高野鎮座 村社 地主神社。
大字直柱鎮座 無格社 地主荒神神社。
大字大野鎮座 無格社 金毘羅神社および境内神社維盛神社。
大字大野鎮座 無格社 大神社および境内神社稲荷神社。
大字大野鎮座 無格社 剣神社。
大字大野鎮座 無格社 風ノ宮神社。
大字大野鎮座 無格社 大塔神社。
大字田垣内鎮座 無格社 水本神社。
大字田垣内鎮座 無格社 地主神社。
大字田垣内鎮座 無格社 大神社。
大字坂足鎮座 無格社 星帝神社。
大字樫原鎮座 無格社 王子神社。
大字熊瀬川鎮座 村社 藤本神社。



維盛は那智勝浦の海から入水したのではなく、この郷に隠れ住んだという伝承の残る口色川から程近く。


川のせせらぎだけが聞こえるここ、大野の地で。

維盛は、維盛大明神として祀られておりました。

が。


神社合祀により、シェアハウスで暮らしております。


往古からのご神体は、こちらなんですけど。



・・・維盛って・・・(T_T)


色川神社、つづく。


参考資料

和歌山県神社庁・色川神社
http://www.wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=8018

熊野・難陀龍王の滝(垣内高彦/文芸社)
https://books.google.co.jp/books?id=zboSo7WGSCsC&pg=PA161&lpg=PA161&dq=維盛神社+那智勝浦&source=bl&ots=tr_Ms00oPM&sig=AfZaLaG6VWQRigFOUNCVHgPnGsc&hl=ja&sa=X&ved=0CDQQ6AEwCWoVChMIx7q667_gyAIVw9imCh1LpgAT#v=onepage&q=%E7%B6%AD%E7%9B%9B%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%E9%82%A3%E6%99%BA%E5%8B%9D%E6%B5%A6&f=false


いつも応援いただきありがとうございます。熊野の特徴に、那智の滝のように、古くからの自然信仰の姿が残る点があげられます。色川神社は、対岸の岩山をご神体とする信仰形態に、近世になり、神社合祀のための社殿が建てられ、近隣の神社を合祀するという熊野におけるお社の典型でした。維盛、大明神となってもやはり微妙に運がないというか。ぎゅーぎゅー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

色川神社背景の峡谷が素敵です。 縦長の写真はトリミングですか?

No title

こんばんわですー。
維盛、維盛。
何処かで見たなぁと、気になってたんですけど、今日やっと見つけました。
平野区の、瓜破天神、西瓜破天神の御祭神でしたわ。
ここも合祀で、でも三柱でシェアなので、ちょっと広い(笑)

なんでも元は、重盛父さんに大層世話になった源氏の武将が、
維盛入水を聞き追悼のために建てたとか。
源氏が平家を祀るとかアリなんや。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自然信仰いいですなあ

こんばんは。
先々週熊野に行って来たのでどこら辺りのお話か
地理感が出てきたのでほうほうと納得しながら読みました。
この神社、入口からして入りにくそうで
崖が御神体なのも納得です。
那智の滝や、速玉さんの梛、神倉神社の岩など
熊野の自然は濃くて、信仰されるのも無理はないと思いました。

平家の落人伝承が熊野にもあるんですね。
知らなかったです。
こちらの場合は海沿いに逃げた方は
大概見つかって源氏に処刑された話が多いのですが
これだけ急な山合いであれば
十分隠れ暮らせるなあと思いました。
都からも歩いて逃げれる距離ですし
他にも平家の落人伝説が残っていそうな場所ですね。

chorusan様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

木々が生い茂っているのでわかりにくいのですが、
一枚岩のそれはそれは見事な峡谷でした。

あ、画像。

ご覧の通り画像満載なので、ブログの写真は撮影時に16:9の横長にしておりまして。
そのままたて向きに撮影したら、むにょーんっと縦長に。
設定を変えればいいんですけど、そのままで。

この岩壁、何をどうしても全体が入らず、斜めにしたら酔っぱらったみたいになりました。

No title

なんか、もう、いいんじゃないかと。
家族大好き、寂しんボ維盛だから、ギューギュー大家族世帯社を楽しんでるかもですよ^^

維盛さんが目の前にいたら、何となく世話しちゃう気がする^^;
イケメンだからじゃくて、放っておけない雰囲気というか、お腹出してモフモフプリーズしてくる生ワンコ的無双の魅力がありそう^^

ぽちぽちぽちーーー☆

猫舌=・ω・=様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

維盛、維盛。

きゃー、ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/

わざわざ探していただき、恐縮しております。
貴記事へお邪魔して参りましたー。
あああ、感動。はるばる熊野まで行かなくても、維盛が御祭神になっているお社があったなんてー。

喜連瓜破、きれうりわり。

源氏の某の所領だったのかしら。

重盛父さんではなく、息子の維盛の入水のニュースを聞いて追悼のために建てるとは、何とも奇特な方がいたものですね。

頼朝が怖くはなかったのかなー。

源氏が平家を祀ったなら、平家が源氏を祀った所もあるのかなー。

遠方へえっちらおっちら行く前に、足元を攻めておかないともったいないですね。

鍵コメ様

前夜の雨で、しっとりしっとりです。

県道の下になってしまった川岸でもあり、また、切り立った岩山がある場所に鎮座しているので、とても山深く感じました。

笑顔のわんこさん、ほんとにいいお顔。
ぎゅーっと抱き締めたくなる雰囲気のお子ですね。
いつまでも大切にされて、ほんとに幸せな子だと思います。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ふたごパンダ~♪かわいかったですねー。

お。地理勘が出来まして?

熊野三山が前面に出ているので忘れがちですが、
往時に比べると神仏分離と神社合祀の影響でお寺と神社の数は激減してます。

熊野の真骨頂は、お感じになったこととは存じますが、自然とそれを神と結びつけた信仰形態。
建物が邪魔だわっと思う事が、ちらーり、ちらほら。

田辺の湛増達のような熊野水軍、上皇達の熊野信仰は一連の源平合戦と不可分で、どちらかといえば源氏寄りなのですが。

和歌山県の大半を占める紀伊山地。
維盛だけではなく、他の平家の面々が隠れ住んだと伝わる場所が点在してます。

都から見た伊豆や鎌倉が当時は僻地であったように、
坂東武者から見た熊野は、探索が面倒になるような地域であったかもしれないなぁと。

ほんとは、紀伊水道を渡ればすぐ四国、平家の得意とした西海にも繋がっているのになー。

平家の落人伝説はあくまでも伝承なので、根拠を示せ、と言われても困るところがネックです。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

熊野記事を連投しつつ、そろそろ神社合祀を攻めよかなー?と思っても、面倒になり。

ぎゅーぎゅー、で、お茶を濁し中。
石ひとつだけが残るお社跡が果たして確実にそうなのかという自信がなくて。

合祀後にやっぱやだーっと戻した場合、
一旦合祀された記録を残すのが悔しいのか、履歴がうやむやになっている所が多くて、滅茶苦茶新しい社殿と創建由緒が繋がらず。

お腹出してもふもふプリーズ生わんこ?

それは無双ですね。

鼻の下をブラジルまで伸ばして、もふもふむぎゅーっとしたいですわ。

そんな所が維盛のあちこちに残る生存説の根拠なのかしら。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。