飛鳥神社と平維盛「太刀落としました」。太地町

こんにちは。


おっとびっくり。


これでも風力発電。


さらば~地球よぉ~♪ぱららら~♪


しかし船は宇宙へ旅立たないのであった。


こんな大きな骨の


大きなほ乳類の町、太地町。


町の中心部に鎮座する飛鳥神社。

訪問したのは10月12日。
宵宮祭が10月14日、例大祭は翌15日とのことで、
お宮全体が華やいでいました。


寄水、って初めて見た。

目の前は


・・・漁協。

漁に出た船が戻って来ない時、家族親族は飛鳥神社に集まり、
夜通し火を焚いて無事を祈り続けたといいます。
太地の人が「宮様」という神社。


飛鳥神社。

【祭神】予母津事解男神(よもつことさかのおのみこと)

【由緒】(和歌山県神社庁HPより)

当社は、寛永元(1624)年8月に現新宮市熊野地に鎮まり坐す阿須賀神社より勧請。

棟札に「寛永元年子八日、太地諸衆等時の庄屋和田金右衛門」とある。

『紀伊風土記』には「飛鳥神社本社、拝殿、末社、村中浜辺にあり、村中の産土神なり云々」とあるが、それ以前より氏神が祀られていたことは、天慶5(881)年陽成天皇の頃の丁未記に「辛丑五年六日、高倉上人、氏神復興、事解男命を祭る、旧九月八日縁日」と記載されていることから、うかがうことができる。



和田氏とは、太地古式捕鯨の創始者で、太地町内に4、5千坪もある屋敷を構えていました。

阿須賀神社の主祭神は、事解男之命。



おっ。勇ましい狛犬さん。


あらやだ。


ぶたっぱな。かわいい。


うふふふ。

さて、こちらの飛鳥神社。

本殿が元禄3年10月建築の総漆塗で、太地町指定文化財なのです。

が。


・・・そぉ~お?

っと疑問で、去年は記事にせず。

今年、事実が判明。奥の建物が、覆屋でした。


ドア、オープン♪


これぞ、本殿。

例大祭前で、拝殿の扉が開かれていましたのよー。

わーい♪


元禄3年10月建築の総漆塗の本殿です。

太地古式捕鯨が盛んであった頃の繁栄が想像出来ますねぇ。


渋いです。細かいです。


黒い柱には、龍の模様。

貴重なものを拝見申しました。



飛鳥神社に伝わる社宝に「太刀落島(通称)」があります。

たちおとしました?



お隣の那智勝浦の海から補陀落渡海の名のもと、
入水するため海へ出た平維盛。


太刀落としました。

・・・維盛~(T_T)



「太刀落島(通称)」(たちおとしました

和歌山県神社庁HPより

長さ4尺8寸の薙刀のような太刀。

太地町沖合で、往昔海老網にかかったのを漁師が神社に奉納したと伝えられている。海水の為、相当腐蝕している。
平維盛が海中に投じた太刀であるとの説である。



『紀伊續風土記』

神殿に平維盛の大刀というのを納める。
刀身の長さ2尺、柄と合わせて3尺のものが2振りある。
目釘の所から2つに折れており、無銘。
この刀を古くから村の中で伝えてきた事は『寛文雑記』にもある。



和歌山県神社庁の解説では微妙にニュアンスが異なりますが、
飛鳥神社や太地町の伝承等をあれこれ見ると、落とした、ようです。

このように太地町でも、維盛は那智勝浦の海から入水したのではなく、
入水したと見せかけ沖合の山成島から太地の水ノ浦に渡る途中、
海中に太刀を落としたが、無事熊野の山奥へ身を隠した。
という伝承として残っているのでした。



維盛ってば、ほんとにもう。


まったく。憎めないお子です。


飛鳥神社の社宝には他に、三十六歌仙の扁額(年代作者奉納者等不詳、明治3年の暴風雨の時、散逸し26枚現存)が伝わります。



飛鳥神社の前の海。

静かな静かな町のはずなのです。



いつも応援いただきありがとうございます。飛鳥神社のお祭りは、地域の方々が大切に伝えてきたもので、獅子舞は各家を一軒一軒廻るそうです。それにしても維盛。平家物語でも伝承でも、ドジっ子というか、微妙に運がないというか。まわりの従者達は、大丈夫かしらこの子・・・と、さぞかし心配であっただろうと思うのでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

『漁に出た船が戻って来ない時、家族親族は飛鳥神社に集まり、夜通し火を焚いて無事を祈り続けたといいます』
これに近いことを昔見ました。
小樽郊外の蘭島という海水浴場に泊まった時、水難事故があり、浜辺では何か所も夜中火を焚いていました。
聞いた話では、亡くなった人がその火を頼りに岸に帰って来る(遺体が上がる)というんだけど、果たしてどうなんだろう。
ちょっとゾクゾクしてしまった覚えがあります。
漁師町の人たちは、切実な思いで火を焚いたんでしょうね。

それにしても維盛。
家来の中には、この人はダメだと逐電しちゃった人もいたのでは。
一度ケチがつくとずっと負の連鎖になったりするよね。
ところで、神殿に納められてると言う維盛の刀は見られるのかしら?
ものすごく興味があるんだけど。

思い出しました

本文や記事に全く関係ありませぬが、「いぢめる?」で思い出したのが「ぼのぼの」(笑)
小生は「しまっちゃうおじさん」の大ファンで「密かにしまわれたい・・」と熱望しておりますw

先日、義仲の落武者伝説のある長野県塩尻市の洗馬宿の長瀬という場所を訪れました。隠れ里にはふさわしい場所でしたが、すでに二世帯の寒村。いずれ忘れ去られるのでしょうネ・・・(汗)

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

水難事故。

まぁ、そんなことがあったのですか。

生死を問わず、無論生きて帰ってくるのが一番ですが、
火を焚いて待つ事はわかるような気がします。

夜の海って本当に真っ暗で、灯台の灯りがどれほどありがたく感じることか。

維盛の頃は、忠義とかご恩と奉公という観念はまだなく、
さくっと逐電もあったでしょうね。
平家の主流から外れたこともありますので、
都落ち以前から家臣の数は減っていたことと思います。

富士川の戦い等では、いわゆる浪人のような者達を雇っているので、
気づけば維盛と乳兄弟プラス少しの家臣、になってしまいます。

社宝ですが、本殿と同様に所有者は飛鳥神社宮司、となっております。
宮司さんの裁量で見られるのかもしれませんが、
一般的には博物館等の特別展示に出していただけたら、になるでしょうね。

同時代のものは、熊野速玉大社や本宮、那智大社の境内の資料館で展示されています。
維盛の従兄弟や叔父さん達のものが、ちらほら。

でもやっぱり、維盛のものが見たいですわねー。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

急峻な山城登山からの無事のご帰還、何よりでございます。
画像を拝見するだけでめまいがします。

ほんとに、おうちへ帰るまでが遠足ですよ、ですね。


そうでーす♪「いぢめる?」はシマリスくん。

しまっちゃうおじさんに密かにしまわれたら、
あれ、どうなるんでしょう。
しまうというより、埋めてたような。

私はシマリスくんのねーちゃんが好きです。

義仲も落武者伝説が。まぁ。
密かに人が暮らしていた所だから隠れ里の伝承が成立するのでしょうから、あまり賑やかではないにせよ、二世帯ですか。

・・・寂しいなぁ。

らんまるせんせ、出番ですね。

せめて誰かが記録に残さないと、調べたくても何もないことになってしまいますもの。

No title

こんばんは~
相変わらず調べものに追われてました^^;
過去記事、読み逃げしてすいませんm(__)m

鯨骨の鳥居、初めて見ました^^
鯨尻尾だけオブジェ~夜にライトアップしたら某ヤマトみたいにワープ中に見える気がする。

御神体~おお、これは珍しいものを^^
黒龍彫りカッコいい~~(・∀・)イイ!

カタナカタナカタナ~(*´○`)o¶~~♪
カタナを落とすと~(*´○`)o¶~~♪
太刀魚、太刀魚、太刀魚~(*´○`)o¶~~♪
たちうぉ~になるぅ~~(*´○`)o¶~~♪

大嘘です~~そんな由来ないから信じないで~~
しばらくぶりに来たら、相変わらずのアホですわil||li _| ̄|○ il||l

維盛ラブ注入(←古っ)ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

何やらそちらはもう冬の様子。
調べものに夢中でお風邪など召されませんよにねー。

この記事をアップしようとした日に、組合長脅迫事件が。
ちーっとチキンな心臓なので、日にちをずらしてみました。

骨の鳥居、大きいんですよ。
尻尾なんかも本来なら、もっと明るいはずのオブジェなんですけど、
ドキドキします。

ワープに入る時の、もももーんって感じ、わかるわかる♪

鳥居をくぐった瞬間、おっしゃー!って思って。
ビバお祭り♪です。

太刀魚って、切り身しか見たことなくて。
小骨が多いんですよね。
魚を食べるのがどへたくそで。旅先で太刀魚の焼いたのが出たとき友人が

「・・・夜が明ける」

って、ほぐしてくれた思い出が。えへへへへ。

研究の合間のおやつタイムになれば幸いです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼