清水氏館跡。平維盛子孫と色川郷

こんにちは。


太田川を源流に向かって遡り


この辺りでは「小色川」となった川を渡り色川の郷へ。


この辺りは、「口色川」。

色川の源流となるのに入り口を意味する「口」が付くのは、
南西になる那智から見て、近い側なので。(『紀伊續風土記』)


平維盛が隠れ住んだという、色川。


正面にあるのが、清水氏館跡。

『紀伊續風土記』によれば、平維盛の子孫が清水氏だと伝わります。


『紀伊續風土記』

「平族が亡んだ後、三入(三位中将)維盛卿が当郷に来奔した。
この土地の著姓等は密かに迎えた。

維盛は大野村の奥、藤綱の要害に匿われ、その3年後に当村に移り、氏を清水と改め郷士となり村の著姓と婚を通した。
その子孫を色川一族という。
応永年中に書いた色川清水家由緒書に詳しい。」(口語訳)



※応永年間は、1394年から1427年までの期間。
この時代の天皇は後小松天皇、称光天皇。
室町幕府将軍は足利義満、足利義持、足利義量。


都へ残した家族を想い、心ここにあらず、な維盛でしたが。

色川に姿を隠した維盛は、

「清水」と名を換え子供をこさえ。

・・・こら。



「清水氏館跡」(那智勝浦町指定文化財)

この館跡は間口29.1メートル、奥行き21.2メートルあり、三方を石垣で囲まれています。
邸宅は約180平方メートルあり、他に馬屋、土蔵などの建物がありました。

近くには平維盛の子孫と言われている清水家の菩提寺の宝泰寺や墓地跡もあり、地方の豪族にふさわしい館であったことを想わせます。(現地説明板より)


現況、よそ様のお宅の敷地です。

維盛の子とされる「盛広」も清水姓を名乗り、
その一族がしだいに勢力をもち、
土豪として南北朝や戦国時代を通じ「色川一党」として活躍します。



『紀伊續風土記』

「建武の頃。色川左兵衛尉平盛氏という者。
南朝に奉仕して軍功があり、建武3年、法勝寺宮から日高郡岩代荘を賜わり、また、その子盛忠の軍忠を賞し、兵衛大夫に任命される。
延元年中の盛氏の注進状に、浜ノ宮村・佐野荘・新宮などで尊氏の一族と戦って忠を尽くし、山城国山崎の向明神の林などで合戦があったことを書いてある。」


色川氏が台頭したのは、南北朝時。
南朝に尽くしていることが記されています。

また、色川氏は戦国時代には、紀伊国人衆として名を連ね、
熊野の統一を目指す堀内氏と、戦いを繰り返します。
秀吉の紀州攻めの際には、堀内氏と共に秀吉に従い、所領安堵。

江戸時代は、紀州藩新宮城主の水野家に仕えます。



『大日本史』を編纂した徳川光圀。
紀州を調べるにあたり、家臣佐々宗淳(助さん♪)を紀州へ派遣。

この時に調べたものが、庄屋の清水家に伝わる「色川文書」。

新宮城主の家来が色川に行き、
清水家第19代盛成(覚太夫)と共に佐々宗淳の元へ「色川文書」を届けています。


清水氏館跡背後の山から茶畑を見つめていたら。

古い古い形の墓所がありました。


誰のものかはわかりません。


実は清水氏館跡を探してうろうろしまして。


棚田でした。


棚田でした。


ほんとに見事な石積の棚田なのでした。


地図と全然違うのに、ここだー!っと思い込んだ、よそ様のお宅。

こ、これは、間違えてもいいですよね・・・?


と、こんな急傾斜地の棚田が美しい



維盛の子孫が住んだという伝承の残る口色川なのでした。



参考文献
『紀伊續風土記』
http://www.keyspot.info/fudoki/irogawago.html

「色川氏」について

武家家伝・色川氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/irokawa.html

wikipedia色川氏
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/色川氏


いつも応援いただきありがとうございます。維盛が隠れたという色川郷には、平家の紋である揚羽蝶のついた旗が、古式の面と共に伝わるとか。室町時代には熊野三山詣の人々へ色川のお茶を供していた地域。色川清水家由緒書の編纂はその頃ですね。維盛の時代より数百年後です。ぽわーっと、そうなのかぁー、っと思っておくのがよろしいかと。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪

色川郷良いですね~♪
古い集落の原風景といった趣も残っていて、
ちょっと高い所から集落の風景を眺めてみたい感じです(o´ω`o)

わたしも熊野古道へ行った時に、
棚田跡を下の方から見上げたことがあるのですが、
見た目は完全に古城跡の城壁っぽいですよね(笑


No title

こんにちは。
橘右のいつものパターンと言ふものがあります。場所が判らず右往左往、挙句に違ふところを寫眞に撮つて來る。
寫眞を拝見いたしまして、こののち橘右がこゝを訪れたときは、いつものパターンに嵌まらず済みそうです。
いつかは平家物語、太平記の舞台となつた全国の場所を尋ね歩いてみたいです。

維盛は子孫が後醍醐天皇の綸旨を賜はることになつて、すこしは無念が晴れたのかもしれませんね。

七森様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

色川郷、よかったですー。

あ、そうよー、原風景、って言いたかったのですわ。
おほほほ。相変わらず貧相な語彙で勝負してます。おほほほ。

古い城跡と棚田。ねー。ねー。

七森様の熊野古道記事を拝見していて、
おおっ、城跡?あ、違ったー、土留めだー、っと一喜一憂してましたわ。

集落の中の道は車幅ぎりぎりで、冷や汗たーらたら。
少し広いところに車を停めて、わっせっわっせ、っと走って撮影。
ご近所の方に、車、来ないよーっと笑われましたが、そこは、マナーってことで。

熊野に点在するこのような集落、ぼちぼちと訪ねてみたいです。

波田須でえらいめに遭ってるんで、車を置いて。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

新シリーズ、すごく楽しみにしております。
よもや時代祭からあのような方向へ向かうとはー。

おーう。橘右近大夫様も、左様で。

大雑把な地図だけ持ってきて、全てが史跡に見えてしまって。
風景も素晴らしかったので、寄り道したのも一因で。
道は数本しかないにも関わらず、あたふたあたふた。

えへへ。

そうですねー、好きな物語などの場所を訪ね回ってみたいものです。

パターンとして、好きなドライブコースの中にある、これ、なんだー?から始まっているもので、支離滅裂になっております。

>維盛は子孫が後醍醐天皇の綸旨を賜はることになつて、すこしは無念が晴れたのかもしれませんね。

そうですね。色川の名家には数点残っているそうなので、
もう少し掘り下げてみたいです。

今のままでは維盛が、おちゃめさんで終わってしまいます。
ごめんよー、維盛ぃ~。

No title

つねまるさん、おばんですば~い。

清水氏館といったら伊豆にありますので、ついに東国へ足を伸ばされたかと
思いました。

それにしても見事な石垣たちですね。
棚田ということは、私有地?
私有地であれば、維持されるのも大変でしょう。

町指定文化財に興味を示す「つねまるさん」は、ただ者ではありません!

No title

つねまるさん
いつもありがとうございます

「清水氏館跡いいですね
観光地でなくひっそりとした所に残された石垣
こうゆう所探索するのが自分は一番好きです
石垣の積み方からすると江戸時代入ってからの遺構ですかね?
棚田の石垣も実に美しいですね

権中納言

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

清水さんち、伊豆にもあるのですかー。
東国を通り越して北の大地へ行ってしまったので、
なかなかそちら方面にはたどり着きません。

地理も支離滅裂なもので。ごほ。

こちら、過疎化が顕著なため、以前より移住者を募っております。
それは成功したかのように見えたのですが、
移住した方々の子供達が地区から出て戻ってこないという第二の過疎化が深刻に。

山あいの地域ですが、様々な手段でなんとか維持されているようです。

那智勝浦は史跡の宝庫なので、あっちこっちを見て廻るのが大変です。うふふ。

ただ者ではないことはないですわよ。嫌ですわ、おほほほ。
維盛に妙な愛着がわいているだけで。えへ。

権中納言様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おっしゃる通り、このようなひっそりした中に佇む石積、いいですね。
周りの空気を含めてじっくり味わうのが大好きです。

新宮城と同じような石積ですし、積みかたを見ても、
江戸時代、近世のもののような気がします。

初め気づかずに、さーっと通りすぎまして。
ええ、ブロック積の一般的な壁だと思い込んでしまいまして。

どれだー、どこだー、これかー?っと、右往左往。

ようやく町の説明板に気づいて、これか、と。

棚田の石垣の美しさが際立っておりました。
こっちの方が古いのではないかと思いつつ、
田植えや稲刈りの季節はもっときれいなんだろうなーっと
眺めて参りました。

色川郷、とても懐かしい感じがするいいところでした。

ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼