スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんこと維盛

こんにちは。


八咫鏡野の八咫烏神社からさらに山奥へ向かいまして。

まず出会ったのがこちら。


大阪だよー。

きゃー。

カメラを置いて、この子を受け止め、ぺろぺろ攻撃に腰砕け。

さて、両者落ち着いたところで、ご挨拶。


ものすごく人懐こい子で~♪

って、いくら私の手が丸いからといってたこ焼きの味はしないのよ。


あらやだ。

このあと、再びカメラを置いて、わちゃわちゃーっと撫でまくり。
ぺろんぺろぉ~んっと舐めまわされ。

至福。

ほんとに、幸せ。

端から見たら阿呆でも、むきゃー!っと戯れる幸せ。

わんこー!!


とーちゃんと、わんこ。

とーちゃんとは、ぺろぺろも撫でまくりも致しませんが、
とても笑顔が人懐こい方で、会話が弾み。

この、リードなしでお散歩する二人。

いいなぁ。

と、車の通らない道を通って目指したのは


わんこ。

あ、違った。


那智勝浦町色川。


ここに身を隠した平家の公達がいます。

それは


那智勝浦の海から入水した


平維盛。

おおお、我ながら懐かしい。

維盛、復習。

維盛は、清盛の嫡男重盛の跡を継ぎますが、その頃には父は他界。
有力な後ろだてのないまま、孤軍奮闘。


木曽義仲に富士川や倶利伽羅峠の戦い等で


けちょんけちょんに負けた、平家の総大将。


都落ちの際は、平家一門の中でただ一人、家族を都へ残し西海へ。

有力な後ろだてもなく、平家の中で孤立した維盛は、
わずかな従者と共に離脱。

高野山の滝口入道を訪ね出家をしようとしますが


世俗の姿でもう一度家族に会いたいと迷いながらも


滝口入道により、出家。

彼は『平家物語』ではこのあと熊野へ赴き、補陀落渡海の地へ。
そして、那智勝浦の海へ身を投げるのですが。

熊野では、それは源氏の追討から身を隠し生き延びるためであり、
那智勝浦の山あいの色川で子孫を残したという言い伝えがあります。

そんな色川を今回の熊野旅の中心にしました。んふふふ。


※もしよろしければ、カテゴリの「『平家物語』の人々と能楽」をご覧いただけたら幸甚に存じます。

維盛の出家までのどたばた、熊野と平家の公達のお話等を精魂込めて書いたのです。が、ちょいと暑苦しいかしらー。


いつも応援いただきありがとうございます。実はしつこく維盛を追いかけておりまして、色川の集落へ向かい。まず最初に出会ったのが、わんこ。たたたた~♪っと駆け寄ってきて、きゅーっと甘えてくる人懐こい子でした。もう、お姉さんは腑抜けのふにゃふにゃになりながら、なで回しましたわー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きゃあー―  ワンコわんこ
わんこラブよ~
人懐っこいワンコ、最高ね!

維盛殿 (懐かしい)
何々?入水しないで生き延びた。
おまけに子孫まで残した。
本当かなぁ?
だけど、有り得るかもしれないって思う自分がいるわ。
でも、いくら昔とはいえ、頼朝は平家の血筋は草の根を分けても探し出した気もするし。
どっちかしらね。

No title

生ワンコ~これは旅の御褒美^^

維盛さん御無沙汰^^/

さて調べもの一区切りしたんで、またエンジンかけます。
ぽちぽちぽちーーー☆

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

わんこーーー!!

たたたた~っと駆け寄ってきて、すんすんして、ぺろんぺろんにされてー。

至福でしたー。

もう、人懐こすぎて、誘拐されてしまうのではないかと不安になるぐらい。

『平家物語』自体が、後にまとめられた「物語」なので
『吾妻鏡』等とは区別するものですが、平家の公達に関してはある程度は参考になるものと。

他の公達の最期は多くの人々の目の前で遂げられたのに対し、
維盛は、熊野で入水。
目撃者で生存したのは、滝口入道ひとり。

実は生きてきたよー、とするには絶好なのでしょうね。
祖父は清盛、父は重盛。平家一番の血筋ですし。

紀伊半島では、維盛が生き延びてここに隠れて長者の娘と結ばれて子供が出来て、その子孫がなんと、誰それー!!ってお話が多く。

いったい何人の維盛が子供をこさえたやら。

これは、家康が源氏を称したり、信長がうっかり平氏を称したりしたように、自分ちの格付けに系譜をこねくりまわした事と関連していると思います。

うちの始まりは、維盛。ぴかー。

維盛の血筋を残したら大変!っと思う頼朝ですが、
都へ残された維盛の嫡男、六代は、一旦、北条時政に捕らえられますが、生き延びます。

キーワードは、文覚。

どたばた文覚。

頼朝死後に、六代は捕らわれ、逗子市で処刑。
六代の死で、清盛の嫡流は途絶えます。

西日本の平家の隠れ里は、少しひなびた里には必ずあると思うほど多いですよー。

あ、北海道は、
義経が生き延びて北海道へ渡って、数々の女の子を泣かせて石にしちゃったお話が多いですね。

積丹半島の神威岬の岩も、確か、これじゃなかったかしら。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

生わんこ~♪わんこ~♪わんこ~♪

もう、ほんとに嬉しくて嬉しくて。

あ、一段落されまして?お疲れ様ですー。
急発進は燃費がよくないので、そろりそろりと、ねー。

って、突進しまくる私が言うのも何ですが。ごほがほごほん。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。