FC2ブログ

あい、それは武器。徳島からの移住と開拓

こんにちは。


淡路島洲本から北海道静内へ、明治4年5月に上陸した稲田家主従。


必死に原野を耕し、道を作り、畑作に着手します。

上陸の翌月から試作したのが、


本藩・徳島藩の名産、阿波藍でした。

明治12年より本格的に藍の製造に乗り出した稲田家家臣団に対し、
北海道の開拓に力を注ぐ開拓使は、
殖産興業策の一環として藍業にも注目し補助金などにより支援。



藍作・製藍事業は北海道の開拓において、
稲作が普及する以前の有力な畑作物となります。

また、北海道は、藍作に必要な肥料「鯨〆粕」の生産地。


北前船で、北海道から徳島まで運ぶため、価格が時に高騰。

現地調達すれば安価で「鯨〆粕」を用いることが出来る目算もあり、
阿波藍の生産を得意とする徳島の人々が続々と移住し始めます。



◆仁木竹吉

藍作に必要な肥料「鯨〆粕」の現地調達にいち早く着目。
(開拓使に提出した『殖民ノ儀ニ付願』)

明治12年。徳島県の麻植・美馬・三好の農民117戸360余人を
余市原野に入植させ、翌13年、この地において藍作を開始。

竹吉はこの後も徳島県人の移住の手引きを行い、
移住民は仁木村が手狭になると各地に転住していきました。


◆阿部興人

明治3年、庚午事変に連座(終身禁固)。後に許され県の役人に。

明治14年、実兄・滝本五郎と徳島興産社を設立。
明治18年。札幌郡篠路村の興産社農場に製造所を設置。製藍事業を拡大。
明治23年、北海道セメントを設立して社長に就任。
以降、政財界で大活躍。


彼等をはじめ様々な人物の尽力により、特に、静内・余市・有珠・札幌などでは盛んに藍作が行われました。

明治28年頃には、北海道の藍は、阿波藍を圧迫するほどの生産量に達します。

しかし、やがて伝統的な製藍業は、化学染料の合成藍に押されて衰退。



これは北海道の藍作ばかりではなく、
徳島の主要産業である藍作にも、大打撃。



県内の景気低迷は著しく、徳島県内の有力者による積極的な移住組織の創設や農場設置により一層、北海道への移住人口が増加。

徳島県から北海道への移住人口は、
明治34年以降、全国の府県の中で常に10位前後を占め、
戦前までの移住人口は、7万人にも達したのでした。


【稲田家家臣団の果たした役割】



阿波徳島藩内の確執から生じた庚午事変により



朝廷により、稲田家家臣達は士族となるかわりに、北海道への移住と開拓を命じられ


住み慣れた温暖な淡路島の洲本から


原野の北海道静内へ向かいました。

これはぱっと見、酷いわねぇ~なのですが、
明治新政府の中で士族の存在を重視していた岩倉具視達の士族支援政策でもありました。

稲田家家臣団は、もはや帰る場所がない中で必死に開拓に励み、


現在の静内の礎を築いたのです。

これは結果として、後に続く徳島からの移住者達の先例となり、お手本となったのでした。


《私見》
しかし彼等は、朝廷の命により必死に開拓を行ったのであって、
後の藍の栽培と製造に着目してからの入植とは異なる気がします。



狛犬さんが喋ったらいいのになー。


参考文献

徳島県立文書館
http://www.archiv.tokushima-ec.ed.jp/exhibition/k_020/04.htm

『北海道開拓と徳島の人びと』(徳島県立文書館/文書館開館十周年記念特別展)

『移住顛末』(稲田邦衛)
『北海道移住回顧録』(静内郷土史研究会・編)

洲本市郷土史料館、館内配布資料「庚午事変」



いつも応援いただきありがとうございます。北海道を開拓するということ、とても筆舌に尽くしがたい苦労があったことと拝察します。徳島からの戦前までの移住人口が7万人にも達したとは驚きました。その徳島のお殿様、蜂須賀家もまた、新天地を求めて北海道の開拓に着手します。さぁて、どうなることやら。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。心底励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

徳島と北海道ですと流石に気候の違いが無視できなさそうですが、比較的温暖な地域のタデアイをそのまま持っていったのでしょうかね。アイヌの人たちは別の植物を藍を取るのに使っていた様ですから、何かしら品種を変えるとかの工夫が必要だったかなという気がしますが。

No title

こんばんは。

とてもとても興味深く拝見してます。
徳島から7万人も入植していたなんて!
それじゃあ、私の回りにも徳島からの移住者の末裔の方がいたのかもしれないですね。
東北、北陸方面からの人は多いみたいだけど、あんなに気候温暖な所からの移住は本当に大変だったでしょう。
余市にも入植したんですね。
余市は会津藩の人が多いとは聞いたけど、徳島の人たちもいたとは。
苗字で調べてみると、面白い結果が出そう。

kanageohis1964様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

鋭いご指摘でございます。

kanageohis1964様がいつも記事を読んであたたかく見守って下さることが、励みになっております。

藍の種類ですが、「阿波の藍の種」を栽培した事は、稲田家主従、仁木竹吉共に文献において散見されます。

ご存じの通り、阿波徳島において、暴れ川の異名を持つ吉野川沿岸における稲作は水害に遭う事が多く、そのために当該地域では稲より早く収穫が出来る藍の栽培を行っています。

徳島で2月に植えて7月に収穫する藍ですから、時期をずらせば静内においても栽培が可能ではないかと考え、初めの数年間は失敗しながらも、雪解けの4月に植え、9月か10月まで育てれば何とか収穫が出来るようになったといいます。(『静かな大地』池澤夏樹著)

また、稲田家主従が開拓した静内は、太平洋に面し、北海道の中では積雪が少なく比較的温暖であったことも幸いしたのではないでしょうか。

ただ、藍の収穫を得られても、藍の発酵の温度管理の方が難しく、藍玉の生産が困難で、当初は葉藍のままの出荷でした。

また、アイヌの藍は北海道に自生するエゾタイセイを用いていますが、藍色素が微量であり、大量に葉を必要とすることから、産業としての藍染めには不向きであるようです。
http://fuusyoku.com/indigo-dyeing-of-ainu

寒地に向いた品種改良は行ったとは思うのですが、諸資料を見ても「阿波の藍」の連発で。
論文をあたればいいのですがそこまで追いきれておりません。ごめんなさい。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

当方、万見仙千代様に支えられて生きております。うふふ。
ほんと、らんまるせんせからのお繋がりでご縁をいただいて感謝です。

東北、北陸からの移住者数は1894年から1919年の統計でほぼ上位10位を占めていますが、徳島は1894年から1898年の統計において、第10位。

これは、藍の生産に開拓使が着目したため、藍の生産地として名高い徳島からの移住者が多かったからだとか。

仁木町は余市郡仁木町なので余市としましたが、
会津藩の入植した余市よりも、内陸部になります。

仁木町は360余名を引き連れて入植した仁木竹吉にちなんだ名称とのことで。

徳島は比較的温暖とはいえ、冬はちゃんと冬ですよー。
でも、北海道に比べたら・・・比べたら、ぬくいかなー。

北海道を大移動する旅をすると、突然本州の地名や神社、食べ物が現れるのでびっくりします。入植された方の地元なのですね。

釧路で鳥取に遭遇したときは、あー、鳥を取ったんだー、へー、っと勘違いをば。こほん。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼