幕末と明治の阿波徳島藩。事件勃発前夜

こんにちは。


国生み神話が残り


たまねぎが美味しい淡路島。

1615年に淡路国が阿波徳島藩領となって以降、
蜂須賀家筆頭家老の稲田氏が明治維新まで、洲本城代。


山の上の洲本城の石積は


いないいないば・・・残念石、こら。


とっても見事な山の上の洲本城がありますが、


洲本城代・稲田氏の時代は、ふもとに政庁を設置。


初代・稲田植元の供養塔。

植元は、徳島藩の祖、蜂須賀小六正勝の盟友といわれます。

父・貞祐が讒言により切腹した後、9歳で父の友人である蜂須賀正勝に預けられ、後に義兄弟の契りを交わします。

豊臣秀吉の四国征伐の際は、正勝と共に功を立てますが、
秀吉によるおなじみ「大名として取り立てる話」を辞退。

蜂須賀家の阿波入部に追従しました。 


この関係が後々まで響きます。


稲田家の家紋は「丸に矢筈」。

二代・稲田示植の時に、淡路島由良城代。
手狭な由良から4年がかりで洲本へ引越し(由良引け)、洲本城代に。

以降、稲田家は代々、仕置職(警察、裁判、公事訴訟を司る)や洲本城代を務め、菩提寺は洲本の江国寺に。

蜂須賀家臣団5千余名のうち、約2千名(3千名とも)が稲田家家臣といわれるほどの勢力。



ここでポイント。

稲田家臣は、蜂須賀家と直接の主従関係にはありません。

藩主・蜂須賀家←家老・稲田家←稲田家家臣。


徳島市丈六寺。

例え初代が盟友であろうとも、稲田家家臣は、徳島藩士から「陪臣」「また者」などと呼ばれて差別され、両者の間には、常に感情的な対立があったといいます。

初代の頃はお互いにわかりあっていても、時の経過と共に「稲田家は他とは違う」意識だけが独り歩きしていったのでしょうか。


淡路島の賀集八幡神社の狛犬さんが笑っているうちに


時は流れ。


幕末。


第13代徳島藩主・蜂須賀斉裕の時代。(徳島市/興源寺。蜂須賀家墓所)

斉裕(なりひろ)は、将軍・徳川家斉の子(22男!)で、最後の将軍・慶喜の叔父。
幕府の陸海軍総裁に任じられ、且つ、天皇からの信任も厚かったとか。


徳島市/諏訪神社の狛犬ず。

藩主・斉裕の生い立ち等から、阿波徳島藩内は公武合体に統一。

一方、洲本の稲田家は、早くから主従ともに勤皇に努め、尊皇攘夷。

特に、稲田稙誠は行動的な尊皇派として知られ、
文久3(1863)年、積年の勤皇を賞され天杯を賜ります。

慶応4(1868)年。甥の稲田邦植は、錦旗護衛を命ぜられ、
有栖川宮総督東征下向に供奉。賞与を賜りました。
(同年、第13代徳島藩主・蜂須賀斉裕は死去。享年48)


ただ、本藩(阿波徳島藩)の許可無し。よって、厳しく非難されます。

明治2(1869)年6月。版籍奉還。続いて秩禄処分。




《秩禄処分とは》

旧藩主は

華族となり、禄高は藩高のおよそ十分の一。
旧藩主は知藩事(天皇が任命する官吏)として、引き続き旧領の統治を行う。

家臣達は

家老級が一等士族で、1000石
中老級が二等士族で、200石
物頭は三等士族で、100石
平士は四等士族で、50石


《稲田さんちの場合》

14500石を領していた稲田家は、家老なので一等士族、1000石。

稲田家家臣は、家老の家臣、つまり「陪臣」なので、四等士族より低い郷付銃卒。

士族にも入ることが出来なかったのです。


これ、端から見れば、そりゃそうでしょ、なのですが。

思い出してごーらん~♪

幕末の稲田家主従が討幕運動で大活躍した事を。

これによって、佐幕派であった阿波徳島藩と藩主・蜂須賀家は明治維新後も無事生き延びたようなもの。


稲田家家臣の心の内は、こうかしら。

稲田家家臣、徳島藩からの分藩・独立運動を展開します。



明治3(1870)年。「庚午事変」の勃発です。



つづく。


参考文献

徳島県立文書館
http://www.archiv.tokushima-ec.ed.jp/exhibition/k_020/04.htm

洲本市郷土史料館、館内配布資料「庚午事変」


いつも応援いただきありがとうございます。どこの藩にも何らかの確執はあったことでしょうが、淡路島の洲本城代の稲田家と家臣、本藩である阿波徳島藩主蜂須賀家と家臣との間の確執は、どえらい事態に陥ります。この事件をきっかけとして、淡路島は阿波徳島から、本州の兵庫県の所属になります。幕末明治は音痴のためぼちぼちとしか進みませんが、何卒お付き合いくださいませ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、kotodayoriです。

北海道からの記事、楽しく読ませていただきました、ありがとうございました。

幕末について、本はいろいろと読んでいたつもりですが、徳島藩と稲田家のいさかいは、全く知らなかったです。次を楽しみにしています。

また、よろしくお願いいたします

No title

こんばんは。

ものすごく分かりやすいです。
お目目パッチリ。

そして、この頃お登勢は貢さまと出会い、貢さまは
反蜂須賀運動に挺身して行くのです。
って、小説の読み過ぎ(笑)

そしてこの先で、もっともっと詳しく知ることが出来るんですね。
楽しみ~

それにしても、稲田家主従は悔しかったでしょうね。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

つたない記事を楽しんでいただき、ありがとうございます。
とても嬉しいです。

幕末は本当にもう、大の苦手で。
自分が行った事のある場所でないと、なかなかピンと来ません。

読んだ本は・・・本は・・・あれ?あれれ?
調べる為に拾い読みする程度なのでー、あれ?

あらやだ。本棚が寂しい。

海水浴シーズンは鬼のように混む洲本にこんな事が起きていたとは、
改めて歴史を調べる事って楽しいなーと思いました。

これからの季節も、海鮮が美味しい淡路島。
久々にゆっくりしてみたいです。

kotodayori様の、秋に変わっていく美しい記事を楽しみにしております。
今日もありがとうございました。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

洲本の町中案内は、お登勢さんがしてくれますのよ。
それと、芝右衛門タヌキ。

洲本は温泉街で、足湯もありまして。
ぎゃーっと歩いて疲れたら、海を眺めながらおやつを食べるか、足湯でまったり。

蜂須賀くんも、稲田くんも、元々のおうちは私の生まれ育った名古屋に近いので、密かに親近感が。

歯噛みするよな稲田家家臣の、冷静ではない行動と言動。
身分の保証は経済的な保証に直結するので、そりゃもう悔しかったろうと思います。

悔しい顔した狛犬さんを、画像の山から探しているところです。
うふふ。

No title

こんばんは~

>秀吉によるおなじみ「大名として取り立てる話」を辞退。

もはやテンプレ。

人様の陪臣をクレクレ。
即答で断られるまでが様式美(*´pq`)プププ

天下人が欲しがるほどの良臣を持つって本来は名誉なんだけど、
秀吉がやると「内部攪乱・離間策」に見える不思議(爆

阿波の狛ちゃ・・・萌ふわぁ(人´∀`).☆.。.:*・

稲田さん家臣ズ・・・(´・д・`)
こういうのって扱いが難しいですよね。

どんなに功績あっても幕藩体制の中で君臣として序列化されてしまう。
たぶん小六、阿波の古狸、名君至鎮あたりまでは、人間関係に配慮して気配りして不満を抱かないようにしてたんじゃないでしょうか。

戦争を忘れた泰平の世になると、戦国時代の気配りが単なる先例として形骸化するか、当代限りの恩顧として過去の遺物扱いになる。

江戸時代は江戸時代で大好きなんだけど、
戦国からの流れて調べると切なくなるんで、このまま江戸期は好きなままで研究はしない予定  (゜-Å) ホロリ
(メイン理由は単に手が回らないだけだけなんだけど、センチメンタル要素含有率?%で)

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

猿のテンプレ。

昔は「天下人のお猿に誘われてすごいなー」と思ってました。
でもこれ、誘われて「きゃーありがちゅ♪」っとなる方が、単純お馬鹿なんですね。

・・・西の天下無双が有頂天だったけどぉ。
彼はいいの。だって、むねたん、だから。
何でも許される。ふふふ。

家臣が認められて嬉しいな、って思うことが出来る人って、上司に欲しいけど。

阿波徳島の狛ちゃん、無邪気なんですよねー。
この子、ほんとに天使。

>たぶん小六、阿波の古狸、名君至鎮あたりまでは、人間関係に配慮して気配りして不満を抱かないようにしてたんじゃないでしょうか。

ほんと。
せいぜい三代までですね、創始者の意向を慮るのは。

家臣側も、それがあたりまえになってしまって、いかんところもあるとは思います。

何事も謙虚に。

北海道の好きな場所の歴史を遡ると日本全国へ及んでしまい、お手上げです。

マイブームは八雲町。

だって、心は名古屋市民の私としては、捨て置けないっ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼