洲本城の変遷と蜂須賀家家老稲田氏

こんにちは。


炭火焼きあなご。


昨今漁獲高の落ち込みが懸念される生しらすどん。


オニオンでビーフなバーガー。


たまねぎ。

はい。たまねぎといえばー?


本州からこの橋を渡りたどり着く


淡路島。


熊野水軍の頭領の安宅治興が1526年に築城。


三好氏の重臣であった安宅氏は、最初に由良、洲本、他6箇所に築城。

治興の後は、養子安宅冬康(三好長慶弟だが兄に誅殺される)→信康(冬康長男)→清康(同・二男)。

1581年。秀吉の淡路攻略。

安宅信康は本拠地であった由良城を秀吉に明け渡し、 洲本城もこれに倣って開城。

その後の淡路国には、仙石秀久(高野山へ追放)→脇坂安治。


現存する石垣の大部分は、脇坂安治時代に造られたもの。


洲本城から見える由良城。


由良の高台から見渡せば、怪しい動きのお船も一目瞭然。

脇坂安治は慶長14年(1609)までの24年間、ここ洲本城に在城。

1609年。脇坂安治は伊予に移り、藤堂高虎が預り、城代を置きます。
1610年。池田輝政が淡路国を与えられ、三男・忠雄が、まず岩屋城に、そして、由良城に居城します。



1615年。淡路国は阿波徳島藩主である蜂須賀至鎮へ加増。
蜂須賀家家老の稲田氏一族が由良城代となります。

このとき、淡路島を領する者が、本州側から、四国側へと移ったことになります。

しかし、由良という場所はどうも使い勝手が悪い。


由良城を廃し、洲本城に再び本拠を移すことを決定。


「由良引け」と呼ばれる、由良城下をごっそり全部お引っ越しの作業です。

1631年から1635年、なんと4年間もかかりました。

この「由良引け」で由良城は廃城、洲本城が淡路政庁と定められ、明治維新まで稲田氏が洲本城代を務めることとなったのです。


やがて上のお城は廃され、麓に政庁機能を移します。

以降、上のお城が使われることはありませんでした。


今は、洲本市立文化史料館や裁判所が建ってます。


鳴門海峡を挟んで対岸は徳島。


徳島から見た淡路島。

蜂須賀家家老、稲田氏。


徳島県徳島市丈六町丈領にある、丈六寺。


「阿波の法隆寺」と呼ばれるほど寺宝の多い丈六寺には、
蜂須賀家の重臣達の供養塔や墓所が並びます。


初代家老の稲田種元の供養塔。


稲田氏の拠点、洲本。

彼らは後に、この港から旅立ちます。行き先は


シベチャリチャシ跡のある、北海道の静内。


アイヌの英雄シャクシャイン。


シャクシャインの拠点であるシベチャリチャシ跡。



なぜ温暖な淡路島から、はるばる北海道の静内へ向かったのか。

次回につづく。


いつも応援いただきありがとうございます。お久しぶりの淡路島。淡路島へ行くたびに、北海道の静内へ行きたくなっておりまして。やーっと先日、念願かなってほくほくです。淡路島といえば、たまねぎ。淡路島の美味しいものも、北海道と同じくらいだぞっと。何だろうな、やっぱり産地でいただくと何でも美味しいのかな。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おじゃまします

実は歴史は得意ではないのですが、分かりやすくて楽しいです。北海道の日高方面は四国方面からの入植者が多いと聞いておりました。こう言うことなのですね!次回も楽しみにしております。

No title

こんにちは。お邪魔します。
わーーー!! 美味しそうな炭焼き穴子に生シラスど丼~、にジューシーオニオンビーフバーガーですかぁ~~(涎) ・・って れれ? 昨日ちょっと爆睡してしまったうちに北海道ご旅行記完結されちゃってたんですか~~💦
お帰りの船上も楽しそう&美味しそうでしたー!
知らないところのご紹介いっぱいの上、 阿寒や摩周湖は、子供の時(札幌に一時期住んでて)行っただけでしたが、まだちょっと当時の名残が残ってるような感じもして懐かしかったです。、つねまる様の充実のご旅行記 楽しませていただき有難うございました!!

No title

四国から静内・・・・・・
怖い想像しかできないです・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

・・・・洲本と静内の景色の・・・なんていうか横?の広がりが違い過ぎて、道産子ながら笑うしかない^^;
開拓前の北の大地は、もっと原生林ちっくだったかと・・・^^;

桃栗三年、引っ越し四年。
町割りから全部、都市としての機能も含めて造成したって感じかな?

おニュー城下町♪
大変だけど新しい木の香りはウフフ(*´pq`)新居♪新居♪
ビフォーアフターなハッピー気分を脳内演出してみた^^/

久しぶりのはっちーに浮かれちゃった・・・il||li _| ̄|○ il||l
ぽちぽちぽちーーー☆





とかちスイーツクラブ スタッフ1号様

こんにちは。ようこそおいでくださいました。

十勝はほんとに美味しそうなものばかり。
貴記事を拝見するたび、よだれが出ます。

楽しい、とのお言葉、何より嬉しいです。
ありがとうございます。

日高の新冠は蜂須賀家が入植、静内はこの淡路島の洲本城代の稲田家主従が入ります。

静内と洲本市は「稲田家縁の土地」として友好都市になっており、徳島市を含めて、現在、開拓の歴史をまとめているようです。

ぼちぼちとしか進みませんが、気長にお付き合いいただければ幸甚に存じます。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

す、す、すみませんっ。読み逃げ坊主でございます(^_^;)

はーい。
私も爆睡してるうちに、船は敦賀へ着いてしまいました。おほほ。

淡路島も美味しいもんがいっぱいなのですねー。
あー、オニオンビーフ丼もありますわ。略して、牛丼。こほん。

お。オオオー!?
札幌に一時お住まいだったのですかー。んまぁ。羨ますぃ。

たぶーん、摩周湖や阿寒湖は、まだ当時と一緒なのかなー?
昔はめっちゃでかかってん!って言われたら、それはそれで納得しますわ。

船旅は、ほんとにのんびりなのに、多忙。
車がなければ、ビールを飲み続けて、気絶。
じゃがいもと枝豆がほんとに美味しいのですが。

これはもう、ツマミでしょー?

日々充実。仕事でもこれくらい頑張れよー、って思います。
こほん。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

怖くないよ、おいでおいでー。ほーら、怖くない。

チャシ跡から眺めて一番に感じたのが、洲本と静内、似てる。
南北を山に挟まれ、川が流れ、ちょびっとの平野。
でも、そうそう、広がりが、もにょもにょ。

静内にはアイヌの方々が住んでいたり、会所がありましたが、広大な原野だったでしょうね。

背丈より高い草むらに入って、迷子とか。
これ、怖いですよねぇ。

淡路島は何となく豊かだなーっと感じられる所なので、ギャップに茫然自失だった事だろうと思います。

>桃栗三年、引っ越し四年。
>町割りから全部、都市としての機能も含めて造成したって感じかな?

流石の言葉並び。好きだなー、この感じ♪
ほんとに時乃★栞様は頭の回転が速いですよねー。

洲本市内は現在も、ほぼ当時の町割りのままです。
よくできた区画割りで、お散歩が楽しいですよー。

夏は、はも(鱧)なの。淡路島。
冬は、三年とらふぐ。でっかいのよー。

嬉し恥ずかし、新婚さーん♪
新しいかほりの新居、新居♪ヽ(´▽`)/ワーイ

洲本へのお引っ越し、じーちゃん、とーちゃん、ぼく、の三代で大阪の陣に参加したご褒美・fromタヌキ、だったようです。

稲田家初代、まだ子供の頃に、とーちゃんの親友だった小六の元へ。
長じて、義兄弟の契りを結ぶ二人。

思考が、あらぬ方向へ一直線に突っ込んでおります。こほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼