スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

襟裳岬と百人浜

こんにちは。


金食い虫の黄金道路で向かうのは襟裳岬。


道端に突然、滝。

フンペの滝です。

上には川がないのに、突然、滝。

十勝連峰からの伏流水がここでお外に流れ出ています。


今回は、ちょろちょろ。


道はやや内陸に入り、北海道らしい道が続きます。


10kmも続く砂浜。百人浜とはこれ如何に。


『東蝦夷地道中記』
寛政3(1791)年。金掘り百人が捕らえられ処刑されたことから名づけられたことが記されています。

『東蝦夷日誌』(松浦武四郎)
「一夜の時化に大船多く打上、水夫百人死せしを埋めしとも、又往古幌泉土人十勝土人と戦て、其死骸を埋めしとも言り」(原文ママ)。

これによると、昔々、アイヌ同士の戦いで百人余りの犠牲者が出た、
又は時化に遇った船が多く、その死者百人を埋めた、とか。

えりも町の解説では、襟裳岬周辺海域で、南部藩の大型御用船が遭難。
多くの水死体がこの浜に打ち上げられ、生き残った人々も、飢えと寒さで息絶えた。その数、100人にも及ぶ。と。


内陸部は、牧場が点在する風景が広がります。


子牛ちゃんずが、かーちゃんに甘えていました。


牛さんは、敏感です。


かーちゃん、心配。


頑張れ、自衛隊。

そしてようやく、


襟裳岬。


あの歌、迷惑らしい。


中に展望室もあります。


灯台は大事だなー。


はいはい。


海の中に山脈が~。


しっぽは、やがて


海の底へ。


とことこ走ってきて、よかったなー。

海岸線が、百人浜。

襟裳岬周辺は見た通り、岩礁が多く、また、霧がよくかかるとか。
百人浜の伝承は、この海域の航行の難しさを語り継いでいるんだなーっと納得。


っと、しばし、ぽーっとしたのでした。

苫小牧への旅路、つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。当方、北海道ロスのため、百貨店の北海道物産展で海鮮弁当やチーズを購入し、思い出に浸っております。襟裳岬訪問の日は、まー、どうしましょー?って程に海が荒れていたのですが、襟裳岬方面は青空だったのを励みにせっせと走りました。何もない春、と歌われた襟裳岬ですが、景色も絶景。レストハウスや展望室等もあって、賑やかです。ただ、どこから攻めても、ちょーーーっと遠いのが辛いとこです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。

私この辺りは本当に知らないので、へええ~ へええ~ と唸りながら読んでます。
黄金道路と襟裳岬くらいは、知識として知ってたけど、行ったことないし。
ちょっと北海道地図を思い浮かべただけで、もの凄い風が吹くんだろうな、と想像は出来るけど。
昔の開拓者は言い尽くせない苦労をしたんでしょうね。

海鮮弁当やチーズを購入
元道民として、厚く御礼申し上げます。

No title

牛ちゃん可愛いなぁ^^
何故か つねまる様チビクマが我が家のより可愛く見える(プチ嫉妬・笑)

トンネルを超えると、十勝連峰の先っぽは、海底だった。

道産子ながら「おお~い!HOKKAIDOU」と呼びかけたくなる眺めです^^

風が強そうですが寒くありませんでしたか?
先週の低気圧が過ぎたら、最高気温は15~6度まで下がりました。
つねまる様、ほんとうにタイミング良い時期の旅でしたね^^

ぽちぽちぽちーーー☆

鍵コメ様

はじめまして。ご丁寧にありがとうございます。
貴記事にお返事申しました。

北海道、何を食べても美味しくて。
その中でさらに厳選するには、あまりにお店が多すぎて困ってしまいます。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

襟裳岬は、一大決心をして、よっこらしょー!!っとしないと、なかなか行くことが出来ない場所ですね。

苫小牧へ夜に到着すればいいので、せっかくだから行ってみよーっと。
軽く思ったのが運のつき。

訪問日は風は穏やかでした。
でも、先日の爆弾低気圧の時、風速40mになったらしく。
すごっ。

それでも、1600年代から襟裳岬界隈は松前藩の知行地で、交易が行われており、商人の船の出入りがあったので、えりも町はお稲荷さんが多いです。

商売繁盛。

しかし、開拓となると、大変だったでしょうね。

物産展では、諭吉さんが手元を離れていきました。
おほ、おほほ。

冷蔵庫には、北海道で買ってきたお野菜とメロンがてんこ盛りでーす♪
トランクに段ボール積んで、絶対買うぞ!っと、楽しみにしてましたの。えへへ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

牛ちゃん、かわいいんですけど、日高牛って、アレ。
乳牛とはちょっと違う心地。

んふ。うちのちびくま、喋るからじゃないかしら。
ほーらほら、おうちのちびくま、見てごらーん。
しゃべってませんかー?

いやぁ、ほんとに、「おお~い!HOKKAIDOU」ですね。
北海道のあちこちを見ると、他の場所が物足りなくなってしまって。
困ったもんだー。

この日は、曇りで生ぬるかったです。
十勝神社で、汗、かいてましたもの。

え。最高気温は15~6度まで下がりました、の?

さっぶー!!冬ではないですかっ。

風邪ひかないよにしてくださいね。

なんか、ものすごく隙間をぬって観光した気がします。
お邪魔致しました、です。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。