スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿寒湖アイヌコタン。ヌササン、イナウ、カムイノミ

こんにちは。


やっほー。

川湯温泉で4泊し、すっかりたまごの匂いが染み付いたところで。

阿寒横断道路を通って、阿寒湖から帯広へ走ります。


摩周湖さん、また来るよー。


お別れのジェラート。摩周ブルーと生キャラメル味。うまー。


先は長いので、道の駅摩周で、トイレ。


北海道は、自衛隊さんによく会います。


大阪で会うのはトラックが多いので、じろじろっと観察。


原付か?ってほど小さなバイク。


よくできた集団。

おや?


おまわりさんが撮すものは


こちら。

ってことは、だ。運転、気をつけないといかんのだ。


雌阿寒岳、もくもく中らしいです。


二つの湖とは、オンネトーとペンケトー。

オンネトーは下の湖、ペンケトーは上の湖、の意味。


北海道と似た形が、ペンケトー。

オンネトーは、葉っぱが落ちないと見えないのかな。


阿寒湖アイヌコタンに到着。

阿寒湖アイヌコタンは、戸数36、約120名と北海道で一番大きなアイヌの集落。


アイヌの民芸品屋さんや、飲食店があります。

阿寒湖をチラ見だけしてここへ来た目的は、


わんこ観賞。


私の狛犬好きは、元々がわんこ好きなので。


鼻の下伸ばして撫でております。


叱られたー( 〃▽〃)


・・・ではなく。

阿寒に来た目的は、アイヌの古式舞踊を観賞すること。

ここの奥にある阿寒湖アイヌシアター「イコロ」では、定期的に古式舞踊や人形劇、夜はイオマンテ(火祭り)が上演されます。




「アイヌの舞踊とは、自分たちが踊って楽しむだけでなく、祖先や神々に対して敬意や感謝を表す表現でもあります。

地域によって形は異なるものの、大勢で輪になって踊るものや、少人数で神々への祈りを表したもの、豊漁猟を祈願するもの、悪霊を追い払うためのもの、働いている様子を表したものなど、さまざまな種類があります。」(阿寒湖アイヌコタンHPより)


黒髪の舞かしら。

画像で見たことはありましたが、やはりライブはいいですね。


弓の舞は、儀式的なもの。



阿寒の古式舞踊は、国の重要無形民俗文化財指定、ユネスコ世界無形文化遺産に登録され、ここでは道東地区に伝わるものが上演されます。

このアイヌコタンには、アイヌ民家が再現されています。


コタンを守る神、ふくろう。


家族4人程が住む家。右手に土間、左手に居室。


チセにも様々な形があります。


チセと、高床式の食糧庫。


小さい方の住居。奥に、神窓。

東壁に設けられた窓は、神が出入りする窓。

ここから見える屋外の位置には、


祭祀の場所、ヌササン。並び立つのは、イナウ。

アイヌの人々は、それぞれの家ごとに重要な神々を祀り、
その神々を祀っておく場所が、神窓の外に作られたヌササン。

チセ、食糧庫の「ペ」(或は、プ)、ヌササン、で、セット。
(他に、屋外にトイレ、ゴミ捨て場。)


イナウ(木弊)とは、人間の祈りを神々に伝える役目をするもの。

神々によって異なるイナウを立てます。

万物に神が宿ると考えるアイヌは、様々な場面において、神への祈りを行います。

この、神への祈りが「カムイノミ」。

いずれの神に祈る時にも、まず、火の神「アペプチカムイ」に、これから行う祈願が正しく神に届くように祈ります。


大きい方の家の、炉。

アペプチカムイは、チセの中の「炉」にいるアイヌの生活で最も身近な神で、家族の暮らしを見守っています。


正面に神窓、中央よりも入口寄りに、炉。

炉の奥辺から神窓の区画が上座で、左奥には宝物置場。

模様のある台は、ゴザがかけられています。

これは「ニカプンペ」で、カムイノミや儀式に用いられ、ゴザといえどもお尻の下には敷きません。


交易の物々交換により、本州の什器が数多くアイヌの生活にも入っています。


家紋が気になる。


什器だけでなく、装束も。

これなどは明らかに本州の「木綿の着物」。

袖や丈をつめ、切伏せや刺しゅうで民族の文様をデザインしています。


おやまぁ。


面白いですね。


炉の上では、燻製を作るための枠。

至るところにイナウが見えます。


鎖、チェーンの形に木を彫り出す技術はアイヌの代表的なもの。


お土産に、この鎖のアクセサリーを買ってしまいました。

た、た、た、高かったー。


阿寒湖アイヌコタン、堪能しました。

さーて。走りますかー。

つづく。


参考文献
「静内地方のアイヌ文化」(静内町郷土史研究会)
「アイヌの人たちとともに~その歴史と文化~」(アイヌ文化財団)

阿寒湖アイヌコタンHP
http://www.akanainu.jp


いつも応援いただきありがとうございます。川湯温泉から阿寒湖に続く国道は、北海道には珍しくカーブの多い道路。雄阿寒岳の姿をあちこちから眺めつつ走るのは、とても気持ちがいいです。阿寒湖にお越しの際は、ぜひ「イコロ」で古式舞踊を。とても面白かったです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
最初に出てくるくまちゃんが可愛いですね~(^^♪

北海道はやはり広い!
よく考えたら北海道はまだ1度だけ。
また行きたいです。

安全運転。大切ですね。

No title

夜空のムコウがステキに荒れてるほっきゃーd0--です。

自衛隊関連は「無断で撮影すると職質受ける」んじゃないかとビビリバ~の小心者です^^;

きゃ~生ワンコ~~ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
そうそう首を傾げてココ撫でて~って猫の専売特許じゃなくてワンコもするよね^^

凄いわ~アイヌの本格的な施設って初めて見た。
地元にも北方民族資料館があるけど、行ったことない^^;

こうしてみてると【本当の豊かさ】って何だろうって考えさせられます^^

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんばんは☆

これが噂の霧の摩周湖(人*´∀`*)
やはり北海道の景色は本州とは一味違って、
雄大さを感じます。

アイヌ民族のデザイン大好きです♪
全ての文様に意味があるんですよね(´ー`)

やっぱり北海道は良いですね~
いつか行ってみたいものです(o´ω`o)



チアひよこ様

こんにちは。はじめまして。

北海道は、とにかく広いですねー。
ぼーっとしてるだけで満足するほど、景色の広がりは素晴らしく癒されます。

広くて道がまっすぐなだけに、スピード違反なんて、一発免停でしょうねぇ。
ほんとに、自分のためにもよそ様のためにも、安全運転しないといけませんね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

メアリーポピンズみたいに飛んでいってませんかー?
ニュースで見る限り、大変なことに。
メロン食べて、ゆっくりあそばして。

って、もう、ないのかな?うふ。

夕張じゃなくても、すごくすごく美味しいですね。
私、大好きです。今回も親友ちゃんと、自分に、たんまり購入。

え。自衛隊撮したら、職質受けるの?

藪に消えてご用をたしたのを載せなくてよかった。

生わんこと戯れる幸せ♪
足にすり寄ってくる甘えん坊ちゃんでしたのー。
かわいくてかわいくて、ぐちゃぐちゃーってなで回してきました。

あー。アイヌの資料館とか、地元の方はあまり行かないかもしれませんね。
阿寒湖アイヌコタンは、再建民家の屋外展示だけなのですが、なんかもう、あっけらかーんっとしてたので、撮影しながらあれこれ堪能しました。

今回は、屈斜路湖湖畔と、静内と、阿寒湖で資料館へ。
本州の民俗と似ていたり異なったり、とても面白かったです。

様々なものに神様がいて、幣に神をおろして、って、類似点もいっぱいなのね。

七森様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

摩周湖、真っ青でー。
本州とは違って、何もかもが豪快で雄大でした。

アイヌのデザインは面白いですね。
木彫りと民俗風習に気をとられて、刺繍の画像が少ないのですが、おっしゃる通り、全ての文様に意味があるそうで。

・・・万博の民博、行こっかな。

北海道、いいですよー。ぜひ、機会をおつくりになって。
素材がいいので、七森様なら美味しいBBQが出来るかと。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。