新ひだか町から川湯温泉へ。走った走った

こんにちは。



さて。新ひだか町で一泊して。


おんまさんにご挨拶。

日高はサラブレッドの産地です。


これからあの山々を越えるんだわー。


襟裳岬へ行く手前の、天馬街道を通り、海沿いに釧路へ向かいました。


昆布刈石展望台へ向かうには、ダートを走ります。

いいんだ。石が跳ねて車にあたっても。車は走ってなんぼ。


釧路湿原です。

釧路湿原の西側を北上して、鶴居村。


コウノトリじゃないよ。丹頂鶴だよ。

鶴居村からさらに北上して。


至る所に、もーもーさんがいます。


このもーもーさん、ガンつけてきました。

んふ。今回は、道東の旅。
摩周湖と屈斜路湖の間の川湯温泉に居座ってのんびりします。


初日は必ず摩周のアイスで、摩周ブルー。

これ、ミントじゃなくて爽やかなミルク味なんです。美味しいよー。
と、少し食べてから撮影。すみません。おほほ。


どうだー。



いつも応援いただきありがとうございます。今日も晴天。暑いくらいで、日焼けしてお顔が真っ赤です。1日1アイス。いやーん、日数が足りないわー。と、切実に思っております。川湯温泉は、以前から大好きな所です。ここを拠点にするとあちこち行きやすくてとても便利。摩周湖も屈斜路湖もすぐそこ。うふふふ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

あっ、この写真。すぐにわかりました。

僕も美幌峠からの屈斜路湖が大好きで、過去に2回行きました。絶景ですよね。

日高地方はまだ行ったことがなく、今度チャンスをつくって、是非行ってみたいと思っています。

今回もすばらしい写真をありがとうございました。

No title

ふふふ・・・奥さん、御当地ソフトは外せませんぜ←何キャラ?

今回は天候に恵まれて本当に良かったです^^
安心してビールが呑める(゜゜)(。。)ウンウン

おお~生丹頂鶴~~
求愛ダンス以外の素顔?ってテレビじゃ紹介しないから新鮮^^

お馬さんもいいわぁ
メリーさんはいなかったのかな?
そばで見ると羊も意外と大きくてビビったわ^^;

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんばんは。

昨日から目を皿にして読ませてもらってます。
敦賀からのフェリーって、小樽じゃなくて苫小牧に着くんだ。
そして、日高ね。
私、静内から東は行ったことがないのよ。
だから丹頂鶴も釧路も摩周湖も屈斜路湖も、見たことがなーい。
これでも道産子って言える??
つねまるさんのブログで、行った気にさせてもらいます。
一体何キロ走るんだろう?
こういう時、どこへでも自分の運転で行ける人を尊敬しますわ。

大川原英智様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

美幌峠は、絶景ですね。
おっきいなー、すごいなー、青いなーっと、いつも感動します。

日高はまだ通りすぎただけに等しいのですが、サラブレッドが多くて、馬の市場もあって、面白い所のようです。

シャクシャインの史跡がありますので、帰りに立ち寄る予定です。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

1日3アイスにしないと追いつかないですわー(T_T)
どこで何を食べてもうまいなんて、羨ましいですぜ、奥さん。

今回はほんとに、おでかけ日和で。
やはり晴天だと楽しいですね。

生丹頂鶴ね、この後走ってる真横にいたり、ふぁさーっと飛んでいたり。
運転中だから如何ともしがたく、号泣。

こっち、メリーさんを見かけないんですよ。
どこかにいるのかなー。
意外とでかくて、目付きの悪いメリーさん。ふふ。

もーもーさん、もう、お腹いっぱい。おんまさんに会いたいわ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

きゃー。緊張しますわ。

小樽は舞鶴港ですね。こちらも人気の航路で。

日高、デビューしました。
といっても、通り過ぎただけなんで、サラブレッドがいるわーって程度しかまだ見てないんです。

台風から熱帯低気圧になったものの影響で、海が荒れていまして。
海から陸へかけ上がる霧みたいなもので、前が見えず。
とにかく今日は川湯温泉まで走らないとー!っと、必死でした。おほ。

地元のものって、案外見たことがなかったり、行ったことがなかったり、しますよね。

道東は、北海道のいいところを凝縮してる気がします。
オホーツク側は、縄文時代からの遺跡がてんこもりで、すごく面白いです。

まして北海道は広い。広すぎるー!
もうすぐ上陸してから1000kmに達します。えへへへ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼