新日本海フェリー、敦賀出航。働くおじさん

こんにちは。

無事、苫小牧東港へ到着しました。
海、べったべったの凪。動いてるかしら?って思うほどでした。

さて、出航前のお話。



敦賀港に入るフェリーを観察。


車の車庫入れのように、頭を振ってバックで駐車場(違)へ。


後ろの扉(真っ黒のとこ)が開いて、車両の積み込み口になります。

私、ここから入ったの。きんちょーしたー。

ここの両側の四角も、車両積み込み口。合計三ヶ所なのかな。


横のお口が開いてるところも、車両積み込み口。


新日本海♪


岸壁にごっつんこすることなく、入ってきます。



お船の前方に働くおじさんの姿。

ちなみに、窓。

下から、二等、一等、特等(ベランダ付き)。
船はお値段ではっきりとランクが・・・タイタニックだなぁ。
(新日本海フェリーの呼称は、ツーリスト、ステート、デラックス)


何が始まるかというと。


巨大な船体をつなぐ(もやいする)綱を地上で固定するんです。

船のもやいは、綱の先端に細い綱があって、それを船上から鉄砲(じゃないけど)のようなもので、地上に向けて発射。

地上はそれを拾って、よいしょよいしょっと手繰り寄せます。
そして、ぶっとい綱が現れる、と。

瀬戸内海を航行するフェリーでも同じで。
ちゅどんっとするのが下手くそな人は、地上に届かないの。


船の上のおじさんに比べ、地上は大忙し。


うふふふ。

お船は、入ってくる時と出る時の働くおじさん達が男前です。


徒歩旅とか団体さんは、タラップから乗り込みます。

これ、建物の3階。


ターミナルビルと一体化。


お腹の中からいっぱい出てきます。


新日本海フェリーは荷台のコンテナだけも積載するので、お迎えの頭(・・・牽引する車?)が入って行きます。


乗用車の積み込みは、1時出航に対し23時過ぎから開始。

待っている間に、ターミナルビルで北海道限定ドリンクをゲット。


キリンガラナです。甘かったー。

なんだかんだと楽しく過ごしているうちに、働くおじさんの誘導でお船の中へ。


下船の時の運転席からの光景。ぎゅーぎゅー。

私、割と奥の方にちょこんっと停めたので出るのは後の方かなー?と思ってたのですが。
愛車が半端なく小さくて小回りが効くので、他の車両の取り回しの空間を作るため、はじめの方に隙間をぬって出してもらいました。

らっきー。


いつも応援いただきありがとうございます。働くおじさんはとっても親切で丁寧で、不安になることなく無事お船のお腹の中へ駐車。乗り込み口からひとつ下の階は1階で、内部は6階建のビルなのでした。船旅の醍醐味は出航の時のわくわく感。陸地から離れる時のなんとも言えない雰囲気を、生ビール片手に味わいました。でへー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

フェリーで北海道の旅良いですね♪

船旅はなんとなくワクワク感が他の乗り物よりある感じで、
わたしは船に乗るというだけで目的地に着く前に、
はしゃぎすぎてしまいます(ノ∀`)(笑


これからの北海道旅行紀楽しみにしていまっす♪

No title

こんにちは。お邪魔します。
べた凪で良かったですね。お船の露天風呂はいかがでしたでしょうか? 長距離フェリー乗ったことがなく、興味深々でした!! 
秋の北海道 いいですねーー 美味しい食べ物と美味しいお酒もあり、 あ、そこがメインじゃございませんよね(^^ゞ 失礼いたしました。 
すてきな旅になりますね。

No title

いいなぁ~いいなぁ~

せっかくの大型連休なのにお家ヒッキーです(´;ω;`)ウッ
もう出発しちゃったからアレだけど、朝晩は20℃以下になるので、つねまる様には少々肌寒いかも。

良い旅路を~ぽちぽちぽち☆

No title

こんにちは。

フェリーは修学旅行と後はツーリングに行く時に乗ったぐらいで、最近は乗ったことないです。
バイクは駐車した途端、ロープで固定されてしまいます。
車はこんな感じで停めるんですね。

ガラナ、一度だけ飲んだことあります。
コーラみたいな物だと思ったら、
コーラよりさらに甘いですよね(^_^;)

七森様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

フェリーですけど、船旅はいいですよねー。
そうなの。ワクワク感は船ならではのもので。
出航時には、既に疲れていたりして。

七森様も、はしゃぎますのね( 〃▽〃)オトモダチ♪

船で過ごした時間が前半のマックスなのかも。うふふ。

じゃがいもが美味しいですよー。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お船の露天風呂、湯気も何もかもぶっ飛ぶ勢い。
でも、動く海を見ながらお湯に浸かるのは、幸せですねー。

気分は、トド。

美味しい食べ物、期待されると恥ずかしいんですが、思いっきり偏っていくと思います。おほほ。

酒はねー、えへへー。

大阪のディスカウント店で買ったの持ってきたー。

そして、北海道まで来てそれかいっ!ってな行き先ばかりです。
お、おほほ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おんなじ大地にいますよー( ・∇・)ワーイ♪

五月の連休や世間の夏休み期間に我慢したんで、やっとお外です。
(・・・そうかぁー?っと、突っ込んでおくねっ)

長い人生の中では、気楽な時もあり、縛られる時も我慢の時もあり。
うん。

気温。

それが、ですなー。
20度以下とか、13度とか、どんなだっけ?って想像がつかなくて。
思いっきし暖かい服を持ってきてしまってー。

あちーの何の。

今日はねー。
静内から、天馬街道、白糠と釧路湿原経由で川湯温泉に来ましたよー。
太平洋、めっちゃ荒れてました。

危うく波を被るとこでした。ひょー。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

修学旅行、フェリーだったんですか。すごいなー。いいなー。

バイク、すごく軽やかに乗り込んで行きましたが、すぐさまロープで固定ですか。揺れたら倒れてしまうからかな。

車、あっちこっち向いて、隙間に詰め込む感じで。
係員さん、バランスよく配置してるの、すごいなーと思いました。

ガラナ、そうなのですよ。コーラかと思ったら。
わぁーっと甘くて。
これはロックだなー(違)。

No title

こんばんは。

船の出航、良いですねぇ。
新日本海フェリー、こんなにデッカイんだ!
大昔の青函連絡船くらいの大きさ?
さすがにあちらの方が大きいのかな。
つねまるさん、フェリーに車ごと乗りこむ。
カッコいいわ。
船の外で働くオジサン、ほとんど注目したことがなかったから、記事がとっても新鮮。

それに、ガラナだー!!!
昔の北海道では 「コーラ?何それ??やっぱりガラナでしょ!」 って思ってましたよ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

調べてきましたー。

青函連絡船(各船平均的に見て)
全長 144.60m、総トン数 4,123.60トン


新日本海フェリー(すずらん、すいせん)
全長 224.5m、総トン数 17,382トン

・・・北海道の輸送のメインなので、大型になったのかな。
トラックが158台、乗用車58台の積載が出来るそうです。


フェリーに車ごと乗り込んだのはいいんですが、よもや船内で頭を振ってバックして右寄せしてー、という指示が出ようとは。

誘導されつつ車庫入れすると、どうして変なとこに斜めに入ってしまうんでしょうねぇ。

甘えてしまって、自分で考えないからでしょうね。おほほ。

港で働くおじさんは、大忙しで。
最後に、「いってらっしゃーい」と手を振ってくれるんですよねー。
内心、(早く行けー)と思ってるだろうなー。

ガラナー!!

あまーいあまーい味ですね。
ほんと、びっくりしました。

今日も雲ひとつない晴天。暑かったです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼