蟇股と簑束と大瓶束とお菓子。但馬国式内社中嶋神社

こんにちは。


起きてっ。


中嶋神社。


真っ赤な本殿は、国の重文。


境内説明板(クリックで拡大)。

なぜ重文指定されたかといえば、

①建築年代が明白


但馬領主・山名氏により「1423~1428年建築」と棟札写しから明白。


②構造が珍しい


二間造は、重文では6件。

③パーツが素敵


本殿には、箱入り狛犬。


本殿木鼻で叫ぶぞうさん。

まぁ~、ほんと、素敵なパーツねー(≧∇≦)

ではなく。


本殿の妻側(建物の横側、三角形の部分)の構造。


二本の虹梁(横向きの梁)と屋根を支える大瓶束と簑束。


【大瓶束(たいへいづか)】

〈例:酒垂神社/1438年建築(棟札による)〉


中嶋神社と同年代に建築された酒垂神社本殿。重文。


ころん、っとしたものが「大瓶束」。(酒垂神社)


力持ちです。(名草神社・三重塔)


【簑束(みのづか)】

〈例:現・名草神社の三重塔/1527年建築(出雲杵築大社に建立)〉


出雲杵築大社の1661-1673年の神仏分離の折りに但馬国帝釈寺(日光院)へ譲渡。

建立は、尼子経久。


初層階に、


とまと 簑束。

「間斗束(けんとづか)」という短い束の上部に、装飾の付いたものが「簑束」。

「間斗束」に植物の装飾彫刻が施されるようになるのは、鎌倉時代の頃から。

※「束の間」の「束」は、「間斗束(けんとづか)」のこと。



中嶋神社本殿。妻側。



中嶋神社では、大瓶束・簑束に渦巻きの模様。
ここが、「美麗な装飾」(境内説明板による)で貴重。


【蟇股(かえるまた)】

当初、構造材と装飾材兼用だった「蟇股」は、建築技法の向上で不要になり、装飾は日本独自の発展を見せます。

装飾専用となると、棟梁が自由にデザイン出来る為、視線が集まる場所でもあり次第に華麗になります。

後には、大工の棟梁から、専門の彫刻家の範疇へと移行します。
丹波・但馬・丹後に広がる中井権次一統の彫刻の登場です。

全国的には左甚五郎作の蟇股は「伝」を含め多数。
日光東照宮の「眠猫」は、蟇股にあります。


〈蟇股いろいろ〉


高野山、金剛三昧院の多宝塔。1223年建立。

蟇股が構造材で、装飾はない。



酒垂神社本殿、正面。1438年建立。

蟇股の外側に装飾。


同。蟇股の彫刻。


現・名草神社の三重塔。1527年建立。

蟇股と簑束、華麗に変身。簑束は、とまとになりました(違)。


梵字の装飾。読めん。


金剛三昧院境内の三所神社。1578年頃建立。

蟇股、華麗に変身。


柏原八幡宮の三重塔。1815年建立。

中井権次一統が中心となり建築。蟇股がどえらいことに。


はいはい、中嶋神社ね。

ここ、中嶋神社では。


彩色が施されています。


さて。



祭神「田道間守」は

「非時香菓(トキジクノカグノコノミ)をとってこーい♪」との垂仁天皇の勅命により「常世国」に渡り、橘を持ち帰りました。


帰国時に既に崩御していた垂仁天皇に殉死した田道間守です。

果物は「果子」と呼ばれていた事から、
田道間守を祀る中嶋神社は


別名、「お菓子の神社」に。


どこか悲しげな狛犬さん達が


ちょっと、元気出してっ。


お待ちしてます。


こんな会話が聞けるかもしれません。


お菓子の神社、中嶋神社。

とても明るくて素敵なお社でした。

おしまい。


中嶋神社
《住所》兵庫県豊岡市三宅1


参考文献

中嶋神社/現地説明書

兵庫県神社庁HP「中嶋神社」
http://www.hyogo-jinjacho.com/data/6322083.html


いつも応援いただきありがとうございます。灼熱の中の訪問でしたが、中嶋神社はとても勉強になる社殿の建築と、かわいい狛犬、興味深い由緒のお社でした。お祭りの時はお菓子がいっぱい並ぶのかなー。自販機でポカリんを買って一気飲みして、次回へ走ります。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

蟇股と簑束と大瓶束
こんなの初めて聞いたわ~
つねまるさんって、本当に物識りで驚くことばかり。
見たところ、蟇股が一番納得がいきました。
それにしても、色彩鮮やかな神社の数々で、こんな見事な神社さんがいっぱいあるのね、と感心。

やっと涼しくなったと思ったら雨ばかり。
巡り歩きにふさわしい秋晴れを祈るばかりですね。

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

「蟇股」はいつも見ているのに、なるほど、なるほど。読みました!

日光東照宮の「眠猫」は簡素な蟇股に、小さい猫が彫ってあるだけなんですけどねー。

朱塗りの神社は、インパクトがあっていいですね^^

No title

蟇股(かえるまた)と蓑束をごちゃ混ぜに覚えてた(><;)

なんか、まだ脳に浸透してない~~~汗汗
覚えなおすのに時間要する此の頃哉・・・汗汗

トマトはお気に入り(*´pq`)

ぽちぽちぽちーーー☆

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

蟇股はお寺でもよく見かけるのですが、中の彫刻などを見ると面白いです。

「室町時代の建築」だから重文、といわれてもよくわからないので、ちょびっとだけ建築のお話に。

えへへ。

大瓶束は、もう少しわかりやすい建物に会ったら、またご紹介しますねー。

ころんころんで、かわいいんですよ。うふ。

京都や奈良の超有名どころの寺社は立派過ぎて敷居が高くて。
古に栄えた地域の神社やお寺、史跡を探し出す方が楽しいです。

彩色が落ちたままの木目が現れたお社が、修復して真っ赤っかになると、すごくびっくりしますねー。

豊岡市は、とても見事なお社ばかりで、素晴らしい所だなぁとウキウキしました。

梅雨のような毎日ですね。
素敵な秋晴れが来てくれるよう、お祈りしてます。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

建築様式の変遷は、奈良や飛鳥に行くと面白いんですが、なにぶん、都会スルーなもので。おほほほほ。

眠猫、え、これ?ちっちゃ♪(≧∇≦)♪でしたが、皆がすごいすごいと言うんだから、すごいに違いない!っと思いながら拝見しました。

何かもう、あそこは他のものがデコデコ過ぎて、何がなんやら。

朱塗りのお社は、見映えがしますねー。
「神社」って感じがします。
細かい模様が描かれていると、すごく気になりますよねー。

でも、彫刻に彩色がされていると、彫りの良さがよくわからなくなるので、ちょっと残念です。

個人的な好みでは、色がついていないとか、はげたー、とかの建物の方が、いろいろと楽しむことが出来て好きです。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

とまと=蓑束。

なす=蓑束。

ピーマン=蓑束。

どうでしょう。ヘタのあるもの=蓑束、ってことで。んふふ。

これが、蓑束!って単体で見るより、色々な建物の構造を見比べる方がわかりやすいし、面白いかと思います。

建築様式の変遷について詳しいサイトさんも、多いかと思いますので。
本で調べると、気絶するかもぉー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼