天湯河板挙、鵠(くぐい)をゲット。垂仁天皇の臣下は右往左往

こんにちは。


お菓子の神社、中嶋神社。兵庫県豊岡市。

祭神の田道間守命は、垂仁天皇の勅命により、「常世国」へ
あるものを探して幾星霜。


ようやく帰国したときには、垂仁天皇は崩御あそばし。


田道間守命は嘆き悲しみ、殉死。

この時、田道間守命が探したものは、
「非時香菓」(ときじくのかぐのこのみ)。


そうねー。あなたが持ち帰ったものは、


橘でした。


笑ってあげて。

果物を「果子」と称していたことから、田道間守命を祀るこの神社は、お菓子の神社。


祭神は田道間守命。


配祀に、天湯河棚神(あめのゆかわだなのみこと)。


安美郷中の四社(有庫神社・阿牟加神社・安美神社・香住神社)を合祀し総社として「中島神社五社大明神」と称した頃があり。

後に、各神社を分離移転。

安美神社(祭神・天湯河棚神)のみ相殿に奉祀したようですが、「由縁沿革詳かならざる」(社伝)で。

現存する本殿は、1423年から1428年に造営。


中嶋神社本殿。柱の間がふたつ。二間造。

この時点で既に二間造の形になっている事から、安美神社(祭神・天湯河棚神)の合祀は1423年以前の事と推察されています。


【天湯河棚神、鳥をさがす】

中嶋神社の配祀神、天湯河棚神(あめのゆかわだなのみこと)のお話。
(『日本書紀』では天湯河板挙/あめのゆかわのたな)

垂仁天皇には、三十歳を過ぎても声を発しない子・誉津別命(ほむつわけのみこと)がいました。

ある日。


鵠(くぐい)という鳥が、ふぁさーっと飛び。


・・・飛んでください。

その時。

歴史は動いた 物言わぬ皇子・誉津別命が



「なんだこりゃー(これは何物ぞ)」


と言葉を発したのです。

垂仁天皇はとても喜び、「あの鳥をとってこーい」と勅命。


(但馬国/養父神社の狛狼)尻尾にかたつむり。

天湯河板挙は、鳥を追って東奔西走。



ついに、出雲国、もしくは但馬国で捕らえ、献上。

誉津別命は鳥と仲良し。物を言う皇子となりました。



天湯河板挙は、この功により鳥取造に。
鳥取部・鳥養部・譽津部を賜ったのです。

さてこの、「鵠(くぐい)」という鳥。


豊岡市といえば、これ。


鵠(くぐい)とは、コウノトリの古い呼び名なのでした。



そして、天湯河板挙がコウノトリを捕らえた所を眺める場所、「三宅」に合祀以前の安美神社(祭神・天湯河棚神)は鎮座していたといいます。


それにしても。


「非時香菓」(ときじくのかぐのこのみ)も


鵠(くぐい・コウノトリ)も

「とってこーい」の垂仁天皇様、どこか憎めないお方でございます。

つづく


中嶋神社
《住所》兵庫県豊岡市三宅1


参考文献
中嶋神社/現地説明書

兵庫県神社庁HP「中嶋神社」
http://www.hyogo-jinjacho.com/data/6322083.html


いつも応援いただきありがとうございます。お菓子の神社は、豊岡市名物に係わる神様も鎮座。これがコウノトリを焼き鳥にしましたわ、なんてお話じゃなくてよかったよかった。この中嶋神社の祭神二人は、共に垂仁天皇のために尽力したんですねー。片方は、間に合わずにお気の毒でした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪

「非時香菓」って、時を選ばず香る果物って、名前が素敵ですよね。
香りと言えば、みかんの花が咲く頃は家の中までホントに良い香りでとっても幸せな気分になります(*´ω`*)
香りって凄いと思うのです。

がってんの写真、尻尾にかたつむりより、後ろのお馬さんが何だか嬉しそうに走ってるように見えて、気になって仕方ありません(^_^;)

No title

コウノトリの目、怖いですね~。

No title

こんばんは。

こんなお話があるんですか。
知らなかったわ。
天皇さまでも、親としての心は庶民と同じですね。
つねまるさん。
この鳥さんに飛べなんて無理なことは言わないで下さい(笑)

橘、昔はお菓子だったんですね。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>「非時香菓」って、時を選ばず香る果物って、名前が素敵ですよね。

・・・(@ ̄□ ̄@;)!!

そうかー!!

そうか、なるほど!!

ありがとうございます。

素敵なところに気がつく宙海様、素敵♪

食べ頃のメロンみたいな、感じかしら。

みーかんーのはぁーながぁ、さーいてぇいるぅ~♪♪

へーえー。みかんの花って、そんなに良い香りで、辺りに漂うのですか。なんと羨ましいお話。
宙海様、季節をおうちで実感出来るなんて、幸せですねー。

うちは、せいぜい桜とかツツジ。それと、ハナミズキ。
街路樹が唯一、季節を感じるものかなー。

あ、あと、キンモクセイと沈丁花の香りは、どこからともなく。
(芳香剤じゃないよー)

雨のあとの山々でくんくんすると、夏合宿の朝を思い出します。
・・・なんて貧相な私の香り(T^T)

がってんの後ろのお馬さん、気付いていただけてうれしー( 〃▽〃)
真面目な狛牛に対して、我関せず、たのしーなー♪
な所が地味にお気に入りなのです(*^^*)

雨宮清子(ちから姫)様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

先日の特集記事、とても勉強になりました。
ありがとうございます。

コウノトリ、幸せを運びすぎて疲れているのかしら。
目が充血、ではなく、目の周りが充血してますね。

ちょっと危ない三白眼です。

悪いことしたら、即座に「幸せ便」を配送停止にされそうです。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

天湯河板挙は、コウノトリに係わる方ということで、豊岡市でちょこちょこお目にかかりました。

三十歳過ぎても、子供は子供なのでしょうか。
必死になる姿、ほんとに親としての心は庶民と同じですね。

鳥さん。

頑張れー\(*⌒0⌒)b♪

無理かしら・・・えへへ。

橘、どんな味の果実なんでしょう。
スダチよりも、ずーっとすっぱいだろうなー。

おくちがいじわるばあさんになっちゃいそうですね。キケン。

No title

こんばんは
花は橘~って唄がありましたが
ミカンの事だったのですね。

お菓子の神社・・・お菓子?
それはそうですよね、昔は焼き菓子なんて
ないですもの
果物を水菓子って聞いた事ありますが
最近は水菓子はゼリーや水羊羹のことみたいですね。

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

お酒神社の次は、お菓子の神社ですか。
未踏の地、豊岡市は神社のデパートのようですから、まだ、次が出て来そうですね!

丹頂でなく、コウノトリは剥製なのかな。

No title

>「とってこーい」の垂仁天皇

,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
「とってこい帝」でインプットされそう^^

いま検索したら「橘探しの命令」を出した9年後が崩御だから、持ち帰るまで相当苦労したんでしょう。
帰国して命令した本人死亡じゃ、心身共に折れて燃え尽きるのも無理ないですね^^;

ちなみに地元で秋を感じる樹木といったらナナカマドです。
道路にイパーイ赤い小さい実が落ちるのが地味に迷惑。
市内縄張りの鳥は口が奢ってるんでナナカマドの実は華麗にスルーです^^

だいだい子狛のアンヨをこちょこちょーーー
ぽちぽちぽちーーー☆

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

花は橘~♪ですかー。きれいなお花なんですね。

みーかんーのはぁーながぁ♪しか、存じませずー。
ミカンといえば、お庭のミカンのような酸っぱさが残るミカンって、減りましたね。
最近はものすごく甘くて美味しいのですが、酸味のあるミカンも好き。

水羊羹の、竹の中に入ってる和菓子が楽しいですよねー。
ところてんみたいに押し出して、ちゅるりんっと。

昔は甘いものって貴重な味だったんでしょうね。

日本最古のお菓子というと、遣唐使の頃の「清浄歓喜団」。
今も京都にあるんですが、お寺で揚菓子をかじってるような味がします。

酸っぱくても橘の方がいいかもー。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はーい。お酒の次はお菓子でーす。

京都市内には負けますが、戦で焼けずに室町時代の建物が残るのは郡部ですねぇ。

むーらのちんじゅのかーみさまのぉ~♪

な、規模の神社でも式内社というのですから、面白いものですね。

コウノトリ親子、もちろん模型です。
剥製なのかなー。よく見なかったので、不明です。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

す、すすす、すみません。お馬鹿な事をー。

あ、「とってこい帝」でインプットついでに「ゲットだぜ」君もぜひ。

えーっと。帰国まで10年かかったそうなので、あっちにうろうろ、こっちにうろうろして探したんでしょうね。

徐福に似てますが、帰国して嘆き悲しんで殉死、ってとこが日本だなぁと思います。
ちゃんと見ている人がいて、死後も忘れないでいてくれるところも。


ナナカマド?虫じゃないの?

・・・見てきた。

ひとまず、虫は、カマドウマ、だったー(T_T)キモチワル

おお。赤い実だー!

あー、旅してるとき、いっぱい見た見た!
赤い実がいっぱいついてて、まぁ、なんて大きな千両だか万両の木ねー!って思ってました。

あー。馬鹿。

まぁ、きれいなお花ねー!って、母子できゃっきゃしてたら、「それ、トリカブトですよ」って通りすがりの地元の方から教えてもらったのだわ。

ふ、ふ、ふ。

ちびだいだい狛ちゃんの足でもくすぐっておこっと。
こちょこちょこちょ。

鳥取・・・。

こんばんは~。
お久しぶりです。
高野山奥の院の巡り、ありがとうございました。
何とか無事に見れました。
・・・隆景さんはまた今度探してみます。

お菓子の神様、田道真さん、菓子博の時に
菓子の歴史で写真だけ見たことあるんですが
立派なお社ですね!!
やはりモロ○フとか有名なお菓子屋さんの奉納があるんでしょうか。
奉納名を見ているだけで幸せになれそうな気がします。

今でも懐石料理に果物が出てくる時に
水菓子としてでてきますが
メロンやブドウ等、西洋のものが多いですね・・・。

あ、、それと昔、おいしそうになっていた橙を食べたのですが
苦くて食べれたものではありませんでした・・・。
橘にしろ、橙にしろ現代の甘いミカンに食べ慣れた私たちからしたら
菓子どころか食べ物ですらないないんだろうなあと思います。

・・・鳥を取ったから鳥取・・・。
え、そんな単純・・・、
いえ分かりやすいところから
名前が来ていたんですね・・・。
知らなかったです・・・。
垂仁天皇ですが、鳥取といい
田道真(たじま)も但馬(たじま)と繋がってそうですし
山陰とつながりが深そうですね。
今度あちらへ神社巡りをした時に見てみたいなあと思いました。

トロロヅキ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

まずはー、おかえりなさーい。
無事で何より。また行かなくちゃ~♪ですね。
旅は宿題が出来た方が楽しいですもの。

おー、菓子博ー。
お写真で参加してたんですか、中嶋神社。
すごいなー。もしかして、想像してるよりも格段に著名だったのかしらー。しまったー。

灼熱の参道の横はグラウンドのようになっていましたが、どうやら大型バスの駐車場に変身するようで。

お祭りの時は、企業の参詣が多いのかなと思いました。

ベンチにも有名企業のお名前が。○ッキーの会社とか。
神輿庫や玉垣の奉納は業界団体が多かったです。

ちまっとした燈籠なんて木々の中に埋もれてしまっていて、よっぽどすごいものを奉納しないと駄目なのねーって、よこしまな心で見学。

橘。

おお、トロロヅキ様、お召し上がりに。
えー、苦いのですか。酸っぱいだけかと思ってました。
マーマレードなんかにしたら美味しいのかな。

加工しないと口に出来ないけど、果物、だったんですよね。
渋柿を干したら甘かった、って発見した人はすごいかも。

橘というと、再来年の大河が頭をぐるぐるしてしまいます。

天湯河板挙がコウノトリを捕まえたので鳥取造、は、『日本書紀』のお話で、『古事記』では鳥取の由来は別のお話に。

いつも細かく読んでいただいて、こちらがあたふたします。
ありがとうございます。

但馬まで来ると、大阪付近とは全然違うものだなぁと実感します。
あと少しで山陰だからかなぁ。日本海側だしなぁ。

さらっと新羅の王子が出てきて、しかも但馬一宮の出石神社の祭神ってとこが少々面食らいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼