神社で神酒醸造。だって酒垂神社なんですもの

こんにちは。


でへ♪っの、酒垂神社。

兵庫県豊岡市。


祭神の酒弥豆男命・酒弥豆女命は、杜氏の祖神、酒造司の守護神。


まっかっかー♪


奉納された酒樽を見ていたら。


うぬっ!名草神社とな!


懐かしい三重塔。


赤い三重塔は妙見山日光院が、神仏分離中の出雲大社から本殿の御用材と交換で移築されたもので云々。


懐かしい記事はこちら。初回と最終回。

但馬妙見日光院はじまり。まずは波乗りウサギ
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-438.html

但馬妙見日光院と名草神社。忘れられない寺社。最終回
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-460.html

神仏分離について、全21回の大長編。



さて。酒垂神社に戻り。


一間造。柱の間がひとつ。

その割に太い柱の本殿です。


へへへへ。

と、このままでは私はものすごくのんべさんみたいなので。


本日は境内をお散歩。


お、ありがとー。


かわいい狛犬さんの背後に。


稲荷神社と八幡神社。


八幡神社は、少々、お気の毒。


竹と紐の弓。奉納されたのかなー。


本殿の覆屋の大きさに改めてびっくり。

とっても、すーすーしそうな覆屋ですが、
これがあったから、本殿は酔っぱらった色を保ってきたのですね。

大事だいじ。


山の神社。

無言の圧力。画像処理で明るくしてますが、ちょいと真っ暗で怖かったんだな。


山の神(地名)に鎮座していたものを、大正3年に境内に遷祠されました。(クリックで拡大)


どっしりとした拝殿の横には


大きな木。


手水舎も手水鉢も標準サイズです。


木がおっきい。


(兵庫県神社庁HPより引用)酒垂神社は、いわゆる式内社で起源も古く、物部韓国連久々比命が、五穀豊穣を祈って酒造神の酒弥豆男命を祀ったとされる。

境内に隣接して酒米を作った神田があり、酒造用水として、奥の谷あいにわく清水を使っていた。

明治以降自由な酒造が禁止されてから氏子らは、手作りの甘酒を供えている。(引用終わり) 


どうやら、神田で収穫した米と山奥に湧く清水を用いて神社で神酒を醸造していたようですね。


お社の周囲は田んぼ。(これがかつての神田かは不明。)


「かつては9月10日(旧暦)が祭日で、当日榊を立てて神霊を招請し、神社で醸造した神酒を供える特殊神事を行っていた」(wikipediaより)とか。

どぶろくみたいなものかなー。


奉納額のお酒。

今は、甘酒かぁ。ふぅーん。


木鼻のお方のように、明るくていいお社でした。

紅葉がきれいらしいので、また来たいなー。


狛ちゃんに会いに、来るよー。

だってぱらだいすぅ~なんですもの。

でへへ。


夜はこんなところで、ライスジュースと麦炭酸。

かんぱーい(^_^)/□☆□\(^_^)



おしまい。


酒垂神社
《住所》兵庫県豊岡市法花寺725


いつも応援いただきありがとうございます。境内社はこじんまりとして、静寂に包まれていますが、往時は賑やかだったことだろうと思います。現行例祭日は10月15日で、神輿が獅子舞等を供奉して御旅所まで巡幸するとか。お祭りの時は賑やかになるといいなぁ~とちょいと心配してみたり。お酒の神様、大好きですわ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。とても励みになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どぶろくは好物です(なにこの感想( ;谷)

No title

こんばんは~
日本にもバッカスみたいな神様がいるのね。
つねまるさんが心配ってことは、ちょっと寂しげなのかな。
日本中の酒造メーカーから、お詣りに来たりしないの?

酒神さま

で脳のスイッチが入ってしまって、由来が吹き飛んでます^^;

但馬妙見日光院と名草神社
印象深いです (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
21話もあったんですね(←お前が言うな状態でスイマセン)
凄い濃くて色々刺激されたから、日々、夢中で読み進んでました^^

ここの神事は賑やかそう^^
ぽちぽちぽちーーーー☆

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

どぶろく、おいしいですよね~( 〃▽〃)

これが飲みたくて、放浪の旅に出たり。

(なにこのお返事( ;谷)

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

バッカスが、ぽん、っと出るとはー!

さすが万見仙千代様です。
私はひたすら酒蔵とか、酒樽とか、一升瓶で頭が充満。

関西の酒造メーカーさん達は、奈良の大神(おおみわ)神社や、京都の松尾大社、梅宮神社への参拝が多いですね。

他は酒蔵の地元の神社へ祈願されているようですね。

酒垂神社の奉納樽の銘柄も、但馬地域の酒蔵さんが多かったです。

境内はきれいに手入れされていますが、境内社は扉がもげていたり、幕などが朽ちていたり。

どの業界でも大手メーカーに呑み込まれ、地元で長年に渡ってこつこつと頑張っていいものを作り出してきたメーカーさんが失われていく事が、察せられました。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

但馬妙見日光院と名草神社。
机の上が資料と本でごっちゃごちゃになったり、書いた記事が消滅したり。
四苦八苦の日々でしたが、続けていたんですねー。

自分でもびっくり。

長々とお付き合いいただきましたよね。
ありがとうございました♪

奈良や京都の祭事ほどではなくても、賑やかだといいなーと思います。

豊岡市の人口が減っているようで、あれこれ心配になってしまいました。

No title

お酒好きの私にはとても魅力的な神社でございます(笑)

読みはサケタレでいいのかな?サケタル?

本日は花金でございますし、今夜もゴクゴク。このペースでいきますと、晩年にはおこがましいことに酒弥豆女命と呼ばれていそうです。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あら。yuki様もお酒がお好き~(*^^*)オトモダチ♪

サカタレ、が多いようです。
サカダル、ではないです。
サケフルフル、でもないです。

んふふ。今夜もゴクゴク。花金、ばんざーい\(^^)/

明日はゆっくりできるので、今夜は楽しいです(≧∇≦)

私は、おはらしょーすけさん、かも。いかんいかん。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼