故郷を救え。十津川郷士の奔走と天誅組エピローグ

こんにちは。

天誅組第6回。



文久3年(1863)。

8月13日。
尊王攘夷の断行を祈願するための孝明天皇の大和行幸の詔。

8月17日。
天誅組志士は一斉に挙兵。幕府の直轄地であった五條代官所を襲い、代官鈴木源内を殺害。櫻井寺を本陣として「五條新政府」を号します。


(五條市HPより)

8月18日。
攘夷派が敗れ、朝議は一変して大和行幸は中止(八月十八日の政変)。
天誅組の義挙はその大義名分を失ったのです。


8月20日。
天誅組、本陣を要害堅固な天の辻へ。

朝廷は、天誅組の挙兵が勅命によるものでないことを公布。

8月25日。
吉村寅太郎が十津川郷士に募兵を働きかけ、960人が天の辻に集合。
半ば脅迫に近い徴集で、十津川郷士の大半は「状況を確かめてから」という慎重論。

8月26日。
天誅組、高取城に侵攻するも総崩れ。
三総裁の一人、吉村寅太郎(土佐脱藩)他、負傷者多数。




前記事ではさらっと朝廷の勅旨により「変心」や「離脱」と述べましたが、現場の十津川郷士の葛藤はいかに。


【玉堀為之進】

玉堀為之進と数名は天誅組の作戦に抗議し、天誅組主将中山忠光達と半日議論するものの、遂に意見合わず。

玉堀為之進は「反逆者」とされ、天の辻本陣で斬首。


【野崎主計(かずえ)】

十川郷川津村の庄屋で、天誅組が五條に入り十津川に兵を募ると、主計は吉村寅太郎と会見、同志と共に天の辻に馳せ参じました。

しかし。

天誅組が高取城攻撃に敗れ、天誅組討伐令と十津川郷士脱隊の命が出されたのを知って、十津川に累が及ばぬよう自刃。

これにより、藤井織之助、前倉温理等が許されます。

若い頃より疾病の為歩行が出来なかった主計ですが、読書に励み地方第一の物識りであったといいます。享年39歳。


8月28日。
天誅組、本陣を十津川へ。

9月14日。
紀州・津(藤堂)の藩兵が天の辻を攻撃。
殿(しんがり)軍は、天の辻を放棄し、本陣のある十津川に退却。

9月15日。
天誅組の本陣、十津川村上野地に滞陣中。そこへ。



朝廷が中山忠光を逆賊とする令旨を下し、


京都や各地の十津川郷士が、急ぎ帰郷。


【丸田監物(けんもつ)】

ペリー来航以来、十津川の武備に努めた人物。

材木商用に託して江戸に行き実状調査。
帰郷後、郷中59ヶ村に十匁銃をはじめ槍、陣笠などを購入させ、また大坂の荻野正親を招いてみずからも荻野流砲術を習い、一子藤助や郷人にも練習させ、さらに十津川由緒復古のため大いに運動していました。

文久3年(1863)8月17日当時は、京都。

多数参加している十津川郷士を離脱させる目的で急ぎ帰郷。

天誅組の伴林光平、乾十郎と会見。
天誅組を十津川から退陣させます。

野崎主計の自刃を活かし、同志の罪を許し助命に尽力。
10月8日、渡辺相模守、東辻図書権助らを特使として十津川郷を鎮静化させました。




【上平主税】

医術を紀州松岡梅軒に学び、京都に出て国学を修め、安政年間、同郷の野崎主計らと梅田雲浜のもとに親しく出入り。

丸田監物らと脱党を説得。
天誅組の伴林光平達と会見して十津川郷の苦哀を訴え、天誅組の十津川退去を求めました。

横井小楠暗殺に関わり伊豆新島へ無期流刑。
明治12年特赦により帰郷。以後、玉置神社祠官。


【前田正之】

十津川郷風屋清右衛門の子。
文久3年(1863)4月。深瀬繁理らと上京して十津川郷由緒復古の願いを呈上。8月、禁裏守衛の任に。

文久3年(1863)8月17日当時は、京都。赴任ほやほやでした。

急遷、帰郷。
参戦している十津川の郷士を説いて天誅組から離脱させます。

天誅組壊滅後、正之はこの功によって藤堂藩から歓待をうけ銃器を貸与され、明治以降は十津川親兵人選方、青森口海軍軍監などを歴任。

宮内門監長、皇宮警部などに任ぜられ、25年病没。


【沼田龍】

十津川郷宮原。
安政6年(1859)、材木方総代。
新宮湊口銀の苛政を五條代官に上申し、文久3年(1863)には十津川由緒復古のため奔走。

文久3年(1863)8月17日当時は、京都。

急ぎ十津川に戻って十津川郷士の脱隊を薦めます。

その後、津(藤堂)藩を訪ね十津川の事情を陳述、藩主より六匁銃一梃を贈られました。

明治元年(1868)2月、十津川親兵人選方。
軍事監司など諸官を歴任し、同2年堺県に出仕し権大属。




この時なぜ十津川郷士達が多く京都にいたのか。


十津川村は、神武天皇御東征の際、山深い吉野の山中を先導した 「やたがらす」が祖先であるといわれる所。

壬申の乱(672)では、天武天皇(大海人皇子)の吉野御軍に参加。

この折の戦功により、三光の御旗と「とをつ川吉野の国栖いつしかと仕へぞまつる君がはじめに」という御製を賜り、さらに租税を免じられ、以降も継続。

よって、代々勤皇の気風が強い十津川です。

十津川郷士には、天誅組の変の前年に、禁裏守護の令旨が下されています。



この折、五條代官の鈴木源内(天誅組に討たれた)は「名誉なことだよー。すごいねー」と十津川郷士達に道中手形を与えています。

この鈴木源内さん。温厚篤実な人物であったようです。
お気の毒なのは、着任が討たれる前年だったこと。


無論、十津川郷士の間に、葛藤はありました。

同じ「勤皇」の志を持つ者ですから、天誅組に参加するだけでなく、一ヶ月弱の間、天誅組が十津川に陣を置くことを許しています。


谷瀬の吊り橋の袂に、天誅組本陣の石碑が残ります。


当初は、半ば脅しに近い誘いであっても、志は同じと天誅組へ参加した十津川郷士。

しかし、武装の貧相さや、組織内の未完成さに嫌気が差したのも事実。


【久保成吉 】

天誅組に参加、各地に転戦。
久保が活躍するのは、天誅組が敗れ、追討の諸藩が十津川に入った時。

紀州藩より「十津川郷の民が我が陣に降伏すれば、永く紀州藩に従属させ、その筋へはよろしく計らう」との申し入れに対し。

久保達は、「我が十津川郷は朝廷直轄地。他に従属することはない」と答え、その使者を追い返しました。

後、京都守護。明治22年、十津川村初代の村長に就任。



今後、十津川が生き残るためには、少しでも早く天誅組と手を切る事が重要だったのです。


9月19日。十津川郷士の変心と離脱により、中山忠光は遂に天誅組を解散。

9月24日。鷲家口の戦い。天誅組、壊滅。



天誅組の変からわずか5年後。


明治維新。


いささか早すぎる蜂起でありました。

おしまい。



《おまけ》

ざっくり地図。数字は国道。
国道425号線は、別名「酷道」。絶対に通ってはいけません。



参考文献

十津川村HP
http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/contents/1109301190312/index.html
十津川村観光協会HP
http://totsukawa.info/joho/kanko/3Historical_Museum.html

十津川村歴史民俗資料館リーフレット


いつも応援いただきありがとうございます。天誅組に参加した十津川郷士には他にも、後に吉野郡書記を勤めた松実富之進(後に漏器と改名)がいます。紀和変災のため北海道に移住し、現地で他界。さて。天誅組の変ですが、十津川にとっては、とんだ災難だったのではないでしょうか。あちこちから寄せ集まった人が突然現れて人材募集するわ、おうちに陣取るわ、お上から叱られるわ、散々です。故郷を救うために必死に説得した面々がいなければ、どうなっていたことやら。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。応援、励みになっております。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

天誅組!

>当初は、半ば脅しに近い誘いであっても、志は同じと天誅組へ参加した十津川郷士。
どうも良く解らなかった天誅組のこと良く理解できました。ありがとうございました!

No title

ウンウンウン、と頷きながら読ませていただきました。
十津川郷士、大変だったでしょうね。
確かに葛藤もすごかったことと思います。
こんなに詳しく、天誅組当時の十津川人の様子を読んだことがないので、とっても勉強になりました。
それと、最後のザックリした地図。
こんな感じに国道が通ってるんですね。
まともな地図を見ても、どうも良く分からなかったんですよ。
早過ぎた蜂起、本当ですね。

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね、天誅組と十津川郷士の関係は悩むところです。
十津川を知るには、長い歴史を追わなくてはならないようで、これからの楽しい課題です。

今回は飛ばしましたが、南朝の史跡も多く、また、勤皇故に苛烈であった明治の神仏分離についても、調べたいなーと思っております。

ほんとに歴史を学ぶのはエンドレスですね。うふふ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほんとですかー?嬉しいなー。

志は同じでも、十津川あっての十津川郷士。
皆が京都から飛んできて必死に説得したこと、とても印象的でした。

天誅組に加わった方が北海道へ渡ったと知り、天誅組の蜂起はむかしむかしのお話ではなかったんだなーと。
この点、ちょっと発見。

幕末はあまり好きではないのですが、天誅組は別格。
十津川の人々の足跡を追ってみたいです。
ほんとに真っ直ぐで、誇り高くて、知れば知るほど興味がわきます。

北海道の新十津川町も、気になります。(遠すぎますけど。)


ざっくり地図。
始点がそれぞれの道の趣を表しているようで、面白いなーっと思っております。。

現在は十津川と熊野本宮間が通行止めなのですが。
なんと迂回路がこの左右の国道なのですよー。死ぬー。

万見仙千代様を思い浮かべながらの十津川のお話、とても楽しかったです。
ねーねー、こんなのありましたよー、って。

高取城は素敵な石垣が残っていますし、五條市は神社集中地帯があったり、古い町並みがあったり、とても素敵な所なのです。

No title

おりこう狛ちゃ、なでなで~~

個々の奮闘を見れば、より大変だったのがリアルになりますね^^;

>我が十津川郷は朝廷直轄地。他に従属することはない

川* ̄д ̄*川ポッ 

「その筋に取り計らう」の言葉に、一瞬「いい話じゃん」と思った自分はヘタレ(爆

425号・・・地図見た!酔う~~~吐く~~~凄い~~~
まさに酷道!

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おりこう狛ちゃん、改めて会いに行きたくて。
拝殿の屋根工事中だったので背景が、現場。

一口に「奔走した」と言うより、伝わりまして?よかったー。
天誅組の変の前から、十津川郷士達は故郷復権に向けて活動していたようなんですよね。

お前ら、何してんねん!!

心の叫び。

男前な発言、長い歴史に裏打ちされているので重みがありますね。
「その筋」があまりにへなちょこだから、馬鹿にすんなー!っと思ったかも。

425号線、すごいでしょ。
近道に見えるけど、いっちばん遠い道です。

二輪の方でさえ、怖いらしく。

「水曜どうでしょう」カブの旅編でさえ回避してましたよー。

ミスターのルーツは十津川なんですって。

辛いことがあったときは、DVDで和みますの。おほ。

勉強になりますなあー

なかなか幕末は頭の中にスッと入らず何度お勉強してもドロドロしておりますw

このあたりの記事を読むとどうしても内田康夫の「天河神社殺人事件」を思い出してしまい、舞台となった天川村の天河大弁財天社に行ってみたいなあーと常々思うておりまする。

いつか記事にしていただけるとチョー嬉しいなあーと思うのですが(笑)

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

幕末は、もう、無理です。ばんざーい。

もぐらたたきのようで、何が何やら。さっぱりわかりません。

天川~!?こ、こほこほこほ。

そうなんですよね。
あれで有名になりましたが、天川村やそこまでの道中はとても歴史のある様々なものがありますしぃー。

天河弁財天はえらいことになってたりぃー。
鬼さんがいたりぃー。

・・・わっくわっく♪

いやいや。

ここは落ち着け、わたしー!
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼