FC2ブログ

十津川郷士、勅旨により天誅組と袂を分かつ。

こんにちは。

天誅組第3話。


「天誅組出発の図」(五條市HPより)

文久3年(1863年)8月17日。天誅組、立つ。


8月26日。
天誅組、高取城に侵攻するも総崩れ。

三総裁の一人、吉村寅太郎(土佐藩)は夜襲を計画。
高取藩の浦野七兵衛と一騎打ちの最中に、味方の銃弾に当たり負傷。


画像② 失敗に終わった高取城攻め


天誅組の右往左往が始まります。


8月28日。
天誅組は本陣を十津川に移します。


以降、退去を通告されるまで十津川村に本陣。


8月29日。
紀州藩柴山勢は、天誅組が「五條新政府」を号し、討幕の旗をあげ
た「櫻井寺」に入ります。


ところで。



8月23日に天誅組へ服従した高野山。
紀州藩にチクる僧あり。

8月29日。
紀州藩津田勢が兵800人にて高野山へ出陣。

8月30日。
高野山三寶院の納所(なっしょ)沢田実之助が、天誅組と連絡を取ったとの理由で捕われました。

この実之助。
幼少の頃より高野山に入って小野派一刀流の武術を修め、近隣の若者に武芸を教えており、兵20名と共に天誅組に参加し、食糧も供給。

クロです。


捕縛後白状し紀州藩により殺されたか、投獄された後に病死。
享年40歳。


9月1日。
朝廷より天誅組追討を督励する触書。


9月8日。
幕府軍は総攻撃を10日と定めて攻囲軍諸藩に命じます。

紀州藩、津藩、彦根藩、郡山藩。
大和の高取・柳本・芝村・小泉・柳生・田原本。

総兵力14000人に及ぶ諸藩兵は各方面から進軍。


幕府、ここで負けるわけにはいきません。

総兵力14000人に及ぶ諸藩兵は各方面から進軍。


天誅組は善戦するものの、主将である中山忠光の命令が混乱して一貫せず、兵達は右往左往。


職制と軍制を振り返ると。

主将 :中山忠光

総裁 :藤本鉄石(岡山藩)、吉村寅太郎(土佐藩)、松本奎堂(三河刈谷藩)

御用人:池内蔵太(土佐藩)
監察 :吉田重蔵(筑前福岡藩)、那須信吾(土佐藩)、酒井伝次郎(久留米藩)

参謀兼記録方:伴林光平(八尾の国学者・歌人)
小荷駄奉行:水郡善之祐(水郡神社の祠官で河内の大地主。パトロン)

(藩名のある者は脱藩者)

主将の中山忠光は、若干二十歳に満たない公家。



赤線が天誅組のルート。

天誅組は、十津川村に対しさらに挙兵を求め、幕府追討軍と戦います。


9月14日。
紀州・津(藤堂)の藩兵が天の辻を攻撃。

天誅組では。
中山忠光等の本陣は十津川村上野地。
殿(しんがり)軍は、天の辻を放棄し、十津川に退きます。


これが、まずかったー。
天の辻は、天然の要害。ここを本陣として戦うべきでした。


9月15日。
天誅組の本陣、中山忠光達は、十津川村上野地に滞陣中。

そこへ。



京都にあった十津川郷士が、朝廷の勅旨を伝えるため、帰郷。



朝廷は十津川郷に対し、



中山忠光を逆賊とする令旨を下したのでした。


思い出してみましょ。
十津川は、どんなとこ。


やたからすを祖先にするという十津川。

歴史的背景から尊皇の気風の強い十津川の人々を巻き込んだのは、天誅組。



十津川郷士は変心して忠光らに退去を要求。


9月19日。
進退窮まった忠光は遂に天誅組の解散を命じました。

しかし引くに引けず、天誅組一行は大峰山系を東に転じて笠捨山を越えて北山に入り、東熊野街道を北上。


画像③ 笠捨山を越え北山村へ



十津川から反時計回りに移動する天誅組。



紀伊山地を右往左往。



次回。

天誅組、壊滅す。


参考文献

五條市
http://www.city.gojo.lg.jp/www/contents/1198563238818/

東吉野村
http://www.vill.higashiyoshino.nara.jp/tentyuguminohen.html

画像②③は龍神村天誅倉内説明板より。


いつも応援いただきありがとうございます。徳川幕府と良好な関係を保ち、諸大名と宿坊契約を結び、師檀関係を保ち、大名の墓所が無数にある高野山。天誅組に巻き込まれました。そして、純粋な勤皇派の十津川郷士も同じく。彼等に対しては長年の功績から朝廷より直接の令旨が下ったことで天誅組から離脱することができました。これぞまさに不幸中の幸い。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

十津川は天誅組に「???」と思いながらも巻き込まれたんだと思っていましたが、やはりそうだったんですね。
大体、若干二十歳のお公家さんに、部隊を指揮する能力があろうとは思えないし。
殺された五条の代官さんは、立派な人だったと何かで読んだ気がします。
それやこれやで、天誅組にはあまり同情できないんだけど、これも歴史の大転換点に起こるべくして起きた事件なんでしょうかね。
次回も、とっても楽しみにしています!

No title

つねまるさん、こんばんわ~

文久3年が大好きですが、スマホ からのコメントはままなりません😥
高取城の石垣は凄かったです(^-^)/

No title

狛ちゃんに「逆賊」って言われたら(映像的に)御終いよ!
子狛ちゃに「ぷぃ」されたら(映像的に)ホントにもうダメなの!

いや~間一髪で天誅組と縁切りおめでとうございます^^;
進軍ルートが・・・「あんたら何がしたかったん?」って感じのグルグルート。
十津川郷士がいたから迷子にならずに済んだんだろうなぁ^^;

ぽちぽちぽちーーー☆

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

十津川郷士は、討たれた五條代官・鈴木源内の頃に禁裏守護の令旨が下されており、源内は「名誉なことだよー。すごいね、すごいね」と十津川郷士達に道中手形を与えています。

何かあったら、ワシが腹を切ればいいんだよ、と言ったとか。

お気の毒なのは、着任が討たれる前年で。
温厚篤実な人物であったようですね。

太平洋戦争で敗戦国となって以降、天誅組は皇軍思想の極みとして、完全に否定されていたと聞きます。

天誅組を調べる時のびみょーな感じは、コレか?と迷いました。

色眼鏡なく天誅組を見たいなぁと思いながらも、十津川村好きなのでついつい、こっちに足を置いてしまいます。

若干二十歳に満たない中山忠光です。
本人は一人前のつもりでも、危機的状況になると経験のなさが露呈してしまいますね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お忙しくされてるようですね。あちらに通って巣作りなう、でしょか?

スマホからも投稿いただき申し訳ないです。
記事編集にはアプリが便利ですが、コメントはちびっこい画面ですものね。

老眼?

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

狛ちゃんがいないと先へ進めず。おほほ。
かわいい顔して、毒吐きます。

いーい日~♪旅ぃ立ちぃ~♪しゃべるちびこま~を探しぃにぃ♪

天誅組から離脱する際の十津川郷士間の収拾にも、血が流れております。
戦国武将のようなアチアチなお話ではありませんが、武装蜂起ってのは辛い挿話が不可欠なものですね。

今でも大阪と京都にはびみょーな空気が漂うものですが、天誅組でも河内組と京都組の間に亀裂が生じます。

進軍ルート、右往左往してるように見えるのは、京都組が新宮への進軍を考えたこともありますし、南下すればもっと山が深くなること、わずかながら集落があること、も関係あるかもしれません。

むろん、十津川郷士が途中まで案内を。

なんかこう、熊野ドライブで、「ぎゃー。道が落ちたですとー!?」と途中で知った私みたいです。ふ、ふふふ。

残り150kmが310kmに増えた時の絶望感といったらもう。
やけくそで温泉に入りましたわ。おほほほほ。

私も行ってきました

つねまるさん、いつもお世話になっています。

私もよく似たコースを旅行してきました。テーマを決めて旅行すると、いろんなことを知るきっかけになって楽しいですね。

天辻峠に天誅組本陣跡には行っておられないだろうと思っていましたが、しっかり行っておられたようですね。狭い道路をスイッチバックして辿りつきましたが、今回の旅行は運転がきつかったです。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しばやん様の記事のおかげで、旅をするテーマが拡がり、感謝しております。
南朝しかり天誅組しかり。とても興味深いので、この地域は大事に大事に廻りたく思っています。

うふふふ。実はこっそり、天誅組本陣跡等も立ち寄りまして。
山々を眺めて仁王立ちしました。

天誅組本陣跡のスイッチバック!!

ええ、あれはなかなかのインパクトですね。うふふふ。
ほんとに行けるのか、行った後戻れるのか、車から降りて確かめましたもの。
国道168号線の十津川村までの区間は、運転の上手そうな車のおしりを追いかけるのが楽なので、じーっと待ってます。えへへ。

狭いトンネルもありますし、さぞかしお疲れになったことかと。

狭い道をクリアした後、十津川村でおやつを食べて一息つくのが楽しみです。
その分、温泉の温もりが染みますねぇ。

しばやん様が次はどちらへ行かれたのかとわくわくしてます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼