スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天誅組、立つ。イケイケ脱藩浪士VS十津川郷士。

こんにちは。


やたからすを祖先にするという十津川。

歴史的背景から尊皇の気風の強い十津川の人々を巻き込んだのは、天誅組。



【時代背景と天誅組の出発】

文久3年(1863)。

8月13日。
尊王攘夷の断行を祈願するための孝明天皇の大和行幸の詔が発せられます。

当時、京都の政局は尊王攘夷派が握っており、一部にはこれを機に一挙に討幕をはかろうとする動きがあり。


8月14日。
この機を伺っていた討幕急進派の中山忠光、吉村寅太郎、藤本鉄石、松本奎堂らが皇軍の先鋒となるため、翌14日京都方広寺に結集。


「天誅組出発の図」(五條市HPより)

舟で淀川を下り大坂を経て堺に上陸。
河内富田林甲田の水郡善之祐(にごりぜんのすけ)邸に到着・合流。

淡路の大地主で勤皇家であった古東領左衛門は財産を全て処分し、軍資金として供出。


8月17日。
天誅組志士は一斉に挙兵。

観心寺に参詣し、後村上天皇陵及び楠木正成の首塚で戦勝祈願。
千早峠を越え、当時幕府の直轄地であった五條に入ります。

五條代官所を襲い、代官鈴木源内を殺害。
櫻井寺を本陣として「五條新政府」を号し、討幕の旗をあげます。


画像① 櫻井寺に「御政府」の看板。

天誅組は菊の御紋の入った旌一流、「七生賊滅天後照覧」と大書された幟一本をつくり、士気を高めました。


8月18日。職制と軍制を定めます。

主将 :中山忠光
権大納言中山忠能の七男。母は平戸藩主・松浦清の娘愛子。
明治天皇の生母中山慶子は同母姉。

総裁 :藤本鉄石(岡山藩)、吉村寅太郎(土佐藩)、松本奎堂(三河刈谷藩)

御用人:池内蔵太(土佐藩)
監察 :吉田重蔵(筑前福岡藩)、那須信吾(土佐藩)、酒井伝次郎(久留米藩)
銀奉行:磯崎寛(因幡鳥取藩)
砲隊伍長:安岡直行(土佐勤王党)
参謀兼記録方:伴林光平(八尾の国学者・歌人)
小荷駄奉行:水郡善之祐(水郡神社の祠官で河内の大地主。パトロン)

※藩名のある者は脱藩浪士


半田門吉の『大和日記』によると結成時の同志は38人で、そのうち18人が土佐の脱藩浪士、8人が久留米の脱藩浪士。

最終的には、他に槍隊、鉄砲隊が編成され、総勢1000人余。
脱藩浪士が指揮し、兵士の主体は十津川郷士(後述)。

身分は郷士や庄屋、神官、僧侶。
年齢は13歳から46歳。
20歳代の若者が多く、主将の中山忠光は19歳。



本人達は真剣です。


ところが翌18日。

都で薩摩・会津などの公武合体派による政変が起こり、攘夷派が敗れ、朝議は一変して大和行幸は中止(八月十八日の政変)。

ここで天誅組の義挙はその大義名分を失ってしまったのです。




8月20日。
天誅組、本陣を要害堅固な天の辻へ移します。


朝廷は、天誅組の挙兵が勅命によるものでないことを公布。

幕府がまず天誅組討伐を命じたのは、紀州藩、津藩、彦根藩、郡山藩。

続いて、大和の高取・柳本・芝村・小泉・柳生・田原本と、津(藤堂)藩に追討を命じます。


幕府、ここで負けるわけにはいきません。


8月23日。
高野山が天誅組に服従。

8月25日。
吉村寅太郎が元来尊王の志の厚いことで知られる十津川郷士に募兵を働きかけ、960人を天の辻に集めます。

しかし。

天誅組が十津川に援兵を求めたとき、既に京都の政変により天誅組は「賊」とされ、孤立無援。

半ば脅迫に近い徴集であったため、十津川郷士の大半は「状況を確かめてから」という慎重論。


古くから十津川地域の住民は朝廷に仕え、壬申の乱、平治の乱にも参加。
また、大阪夏の陣では徳川方として出兵。

このような経緯から、幕末に俄かに流行った「尊王攘夷」による勤皇志士たちよりも、生粋の勤皇であったと伝えられています。

吉村寅太郎の説得により、十津川郷士は天誅組に参加したものの、倒幕の意思は低く、戦意も低く。

それなのに、貧弱な武装に、休息も食事もろくに与えられず、半ば脅迫で酷使されます。



十津川郷士・玉堀為之進ら数名は天誅組の作戦に抗議。

天誅組主将中山忠光達と半日議論するものの、遂に意見合わず。


十津川郷士・玉堀為之進は「反逆者」とされ、天の辻本陣で斬首されました。

辞世「国の為仇なす心なきものを仇となりしは恨みなりける」


8月26日。
天誅組、高取城に侵攻するも総崩れ。


画像② 失敗に終わった高取城攻め


天誅組の右往左往が始まります。


赤線が天誅組のルート。

事態はローリングヒル。堕ちていくばかり。


つづく。


参考文献

五條市
http://www.city.gojo.lg.jp/www/contents/1198563238818/

東吉野村
http://www.vill.higashiyoshino.nara.jp/tentyuguminohen.html

画像①、②は龍神村天誅倉内説明板より。


いつも応援いただきありがとうございます。脱藩し盛り上がるのは勝手ですが、わざわざ野を越え山越えてまで、十津川郷士を巻き込むなーと、思いました。十津川郷士・玉堀為之進の辞世は悔しさがにじみ出ていますよねぇ。天誅組は梯子を外された形に見えますが、朝廷にしてみれば「勝手にやってるよー」でしょう。井戸端会議的天誅組物語、続くのです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
バナーをカエル君にしました。応援、励みになっております。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~♪
よく調べられていますね(*^^)
さすがお詳しいと思います(^_-)-☆

No title

>主将の中山忠光は19歳

( ゚д゚)ンマッ!!
そんな若かったんだ^^

十津川郷士・・・勤王一途だっただけなのに、
頭数入れられて気の毒ですね^^;

苦手な幕末ですが、狛ちゃんの可愛さにつられて、最後まで読めました~
ほめt・・・・(._+ )☆\(-.-メ)アホ

ぽちぽちぽちーーー☆

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

テスト前の一夜漬けです。おほ。

紀伊半島は散々うろうろしているので、あちこちでバラバラに史跡と遭遇。
ちょっとまとめて考えないと支離滅裂なので、自分のお勉強でもあります。

あんよ、お大事にね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

気絶しては復活、気絶しては復活。

幕末、わかららん~(ノ-_-)ノ~┻━┻

十津川郷士といえば中井庄五郎なんですってねー、な、レベルなもので。

中山忠光は、多分そそのかされたクチじゃないかと。
若気の至り?でも、一生懸命。

対して、十津川郷士は嫌々なのが行動を追っていると散見されて面白かったです。

この頃、土佐藩の人とか、十津川に誘いに来ては連れ出して。
純粋な勤皇派だったのに、よその人が何すんねん、的なモヤモヤがあります。

苦手な幕末なので、うろついて地理がわかる紀伊半島のお話なら、何とか書けました。奇跡です。

狛犬さんがいないと、書いてて楽しくないです。おほほほほ。
ほめt・・・♪を、ほめt・・・(^^)\(^^)
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。