惣大明神。神はいますかいませんか。

こんにちは。


(クリックで拡大)目を皿にしてご覧下さい。



和歌山県田辺市龍神村殿原の惣大明神。


黄色の鳥居。


これ、いいな。


はいよー。ちゃりんちゃりん。


狛犬さん、若者。


ふむ。


旧境内地の鳥居の足かしら。


「室町時代に創立された唯一の社で、1726年/享保11年に再建された木札が残されている。
国道(371号線)拡張工事のため山手のほうに移動され、殿原地域に建立されていた『連合軍戦没アメリカ兵士の碑』もこの地に移動された。」
http://www.aikis.or.jp/~sanpo/ryujin/siseki/kami.html




えー。

祭神など、不明です。

お留守ではないと思うのですが。



こちらは神社の由緒よりも、B29墜落の慰霊祭が営まれる場所として知られております。


素朴なお社です。


少し残る朱が昔日の面影を残しているような。


向拝と屋根は後付けかしら。


本殿後ろ側の屋根と覆屋の柱がドッキング。


苔。


皆で一生懸命建てたんだろうなー。


維持するのは大変だろうな。


ここの西に龍神村の丹生神社があります。


扉を閉めていいのか悪いのか。


こちらはご在宅。


狛犬さんが紹介しろと言うので


狛さん、阿。


狛さん、吽。


素敵な雰囲気のお社です。

この石積、向かって左手前に。


庚申さん。


チクる虫の退治、よろしゅう。

日頃の行いが最悪なもので。おほほほほほ。


境内は前後に川。


境内から前面道路。


神社の横はちょっとしたお休み処。


虫のいない季節にのんびりしたいです。ぶぅーん。

さて、と。


次の目的地へ、れっつとらい。但し、逆向き。左へ行くの。

道が心細いぞ。



いつも応援いただきありがとうございます。この龍神村殿原の惣大明神は、B29墜落の慰霊碑がある神社、という事で知られています。が、祭神、わからず。扉の開いたままの境内社って、どうしたらいいのかなぁ。水車の東屋でのんびりするには、辺りが鬱蒼とし過ぎておりまして。カサッと音がするたびに、ビクッとするチキンな心臓です。だって、絶対いるよー、熊ちゃん。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キイロの鳥居・・・・|画像|・ ̄)じぃー

金運が・・・(._+ )☆\(-.-メ)ヤメンカ!

>扉を閉めていいのか悪いのか。

どっちやねん・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ
まさしく一瞬で誰もが関西人になれる建築様式(笑)

枯れ具合にウンチクするのも楽しいけど、
水を弾く お肌ピカピカ・若い狛ちゃもいいものねぇ←小母さん化発言

なんというか、「この広大が杜(もり)総てが お社さぁ~」と爽やかに言われてるようで気持ち良さそうです^^/

>カサッと音・・・

か・・・・考えたらアカン!
御賽銭たーんとで撤収!アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

ぽちぽちぽちーーー☆

No title

こんばんは
とても雰囲気が良いのに
やっぱり虫・・・気になりますね。
私も山ではミミズやゲジゲジ?とか
昨日も見ました、だからあまり地面は見たくないのですが
また捻挫になると困るので~

B29には11人も搭乗していたのですね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

金運に見放されております。ふ。

黄色の鳥居、どこで見たかと言われると、忘れた、なのですが、他にも見かけたので、鳥居の色や材質や形ってフレキシブルなのかな。

お世話も滞りがちなのかなーと思いましたが、神様が「お散歩でけへんっ」と怒っても困るので、そのままに。

おほほ。

鬱蒼とした杜は、気持ちが良かったり怖かったり。

おじいちゃんの手書きの「熊ちゃん出没注意」の看板ほど怖いものはないですね。

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はい。虫、虫、虫、気になって仕方がなくてうわのそら。

み、みみずとか、ゲジゲジとか、は、見えないことに。
地べたを見ると進めないかも。きゃー。

でもミント様はご覧になってね。キケンキケン。

B29って、勝手なイメージで二人乗りの戦闘機かと思ってました。
よく考えたら、焼夷弾を積載してきて落とすのだから、大勢搭乗していたんですね。

現代はどのような飛行機が飛び交うのでしょう。

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

神を探し続けていたら、上御殿のHPに辿りつきました^^

紀州藩主徳川頼宣さんが建造し「御成の間」が残っているとか。
日高川を望む露天風呂に入りたいです。

結局、惣大明神の神は旅にでているようで、見つかりませんでした。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

上御殿、素敵ですよねー。

下御殿は近代的な感じと古風な感じとを混在させるのにとても悩んだそうですが、小綺麗に改装されてます。

夜は、湯上りほこほこしながら、川のせせらぎをつまみに般若湯三昧です。うふー。

ですよね。惣大明神の祭神様、お散歩かしら。
実は誰も知らない、とかー。
名前なんてどうでもよかとー、とか。

図書館に行くには、和歌山は遠いです。しょぼん。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼