スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《書写山》奥の院へ左甚五郎作のおしりを見に行く






1316年建築。書写山で最古の様式をもつ建築物。
三間四面で、手前の一間は礼堂。


三間、つまり柱の間がみっつ。
手前一間が礼堂だから、奥の二間が本堂。造りの違い。

解体修理の時に、この辺りから奈良時代の遺物が出たので、書写山ができる前からここには何らかの宗教施設があったかも…だとか。






室町時代建築。薬師堂と同時期・同仕様。
ただし、礼堂がついてない。



奥の院へ向かいます。



奥の院。




1589年建築。本殿は庭を挟んだ向かいにある護法堂。
神社形式をとる仏殿の様式が珍しいのだと、現地案内板。


開山の性空上人(1007年没)を祀る。
性空上人の骨を内蔵した等身大仏像がある。骨…。
建物は1671年再築。


右側の護法堂が工事中のため半分見えず。悔しいから合成。

さて、開山堂へ。







かりょうびんが
天人や観音菩薩が現れるとき、前触れにふわふわ飛んでくる人。
この人達が来るときは、いい匂いがしてきて、音楽が聞こえてきて、お花が舞うの。
この人は琵琶を演奏中。




軒下の四隅に、左甚五郎作の力士像。


そうなの。


北西の力士君は、あまりの重たさに脱走。

甚五郎さん、納期に間に合わなかったの?



ここは、この↓

の、乙天童子(不動明王の化身)を祀る。

若天は?

あまりに不細工ちゃんだから、性空上人が暇を出しましたとさー。
ひどい(T_T)


ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら重たい物を肩にのせます

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>左甚五郎作の力士像

可愛い~~♪ヽ(*´∀`)ノ

うちの土台を支えて欲しい(爆

時乃★栞さま

こんにちは。コメントありがとうございます。
力士像、というからお相撲さんの姿を想像してたのですが。
左甚五郎君、さすがです。
おうちを支えながら「ねえ、飽きたよー」とぶうぶう言いそうですが、宜しいでしょうか?

プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。