但馬国ドライブ。珍妙な子達と巨木に会いました

こんにちは。

但馬国へ、すかーっとドライブしました。


コウノトリ公園は、兵庫県豊岡市。但馬国。

但馬国にいるのはコウノトリだけではありません♪


触る♪

弌宮神社(但東町)の木鼻狛ちゃん。このお手手の向きがかわいい。


木鼻で酔っぱらい発見。

杜氏の祖神が祭神とされる酒垂神社(豊岡市法花寺)にて。むふふふ。


あら、親子ちゃん。おーい。

伊福部神社(豊岡市出石町)のちび狛ちゃん。こっち向いて~♪


ちっ。


久久比神社(豊岡市下ノ宮町)境内社・稲荷神社の狐さん。


ちょっと男の子。


がーん・・・。


穏やかに怒る中嶋神社(豊岡市三宅)のお方。ひいい。


謝る狛犬。出石神社(豊岡市出石町)の子。


手水舎はミニチュアではなく普通サイズです。

「にくきゅー見る?」君が住む弌宮神社の巨木。
このクラスの巨木が何本も立ち並ぶ境内。まあ、びっくり。


国道沿いの森。ずーっと気になっていたので、立ち寄ってみてよかったー♪

ここだけもののけ姫の世界でした。


いつも応援いただきありがとうございます。豊岡市は日本海に流れ込む円山川があり、山に囲まれた地形ですが平野が広く、気持ちよくドライブしました。いろいろな子達に会えてとても楽しかったです。あ、出石を幕末までの100年以上を治めた藩主は仙石氏です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

丹頂鶴の脚は黒、コウノトリは赤。
丹頂鶴は頭が赤、コウノトリは目の回りが赤。


こんばんは~
ありがとうございます(笑)
これわからないですよね。

お手水舎
ミニチュアみたいですよ、この写真素敵です。

No title

つねまるさん、こんばんわ~♪

但馬国へ、簡単に「すかーっと」と行けるなんていいですね~。

獅子に肉球があるの初めて知りました。

この地域の狛さんは、荒々しくて迫力がありますけど、
反省狛さんもいるとは・・・。
本当に表情がよく描写できています。

お賽銭は多めに入れたくなりますね!

ミント様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぱっと見て、丹頂鶴かと思ってしまい。(コウノトリ公園やっちゅうの。)

言われてみれば、丹頂鶴の顔のお饅頭には、頭に赤い模様があったなーと思い出しました。
どちらも羽根をひろげて飛ぶ姿はさぞかし大きいでしょうね。

手水舎と巨木。
立ち寄ったお社にこんな風景があると、やはり出歩いてみるのはいいなーっとしみじみしてしまいます。

奇跡の一枚でございます。うふー。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう。すかーっと。おほほほほ。
大山崎から舞鶴や宮津へ通じた京都縦貫自動車道は事故で通行止めになったりしていて、大変そうでしたが、下道スキーには関係なく楽しく走って参りました。

にくきゅー、ありますのよ。むふふ。
むにむにっとしたくなる真ん丸いのが。

丹波、丹後、辺りのお座りしたごつごつした狛犬さんは、出雲丹後型というそうです。

反省狛犬さん、心にヒットしました。きゅーん。

この可愛さを伝えられたら、余は満足じゃ。

そうです。狛犬さんにお賽銭、なのです♪

No title

木鼻狛ちゃは、肉球が楽しみ♪

象は殆ど何処もヨッパーにみえる^^;

コウノトリ~宇宙に行ったかなぁ(*´ー`)

巨木~~ねこバス停留場はどこですか^^/

親子~子狛は人見知りさんね^^

なんか疲れが心(しん)から抜けそうな世界です~

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぷにぷに肉球、梅の花みたいでかわいかったです(^^)
ヨッパーTHEえれふぁんと、目がいっちゃってますよね。

あー、コウノトリ、そうでしたねー。
宇宙まで幸せを運んでいくのねー。

ネコバス停留所は、目の前の国道にございます。
いやぁ、あるとこにはあるもんですね、こんな風景。
ええとこでした。出石へ行くときは、またここで休憩しまーす。

この子狛ちゃん、とーちゃんには甘えてるのに、つんつん。
足元に子狛ちゃんがいると、小躍りします♪うふふ。

小難しいことは置いといて、神社を巡る楽しみはかわいい子達に会うことですねー。あー、もう、かわいい。

疲れが抜けたら幸いに存じます。おほほ。

会いに行った本人は、へれへれ。暑いわ遠いわ鼻水垂れるわ。
何にかわからないけど反応して、花粉症みたいになる季節。
ティッシュ丸めて鼻に突っ込んでしまいたいわ。

でも、お出かけしてストレスはっさーーーん!いえーい。

なのですなのですなのです・・・。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼