FC2ブログ

コウノトリ公園でコウノトリ

こんにちは。



ふらーっとコウノトリの故郷、豊岡市へ。


(すみません、出石のパンフなので)城崎温泉が近いです。


ご親切にどうも。


ここは兵庫県立コウノトリの郷公園。

(引用)「国の特別天然記念物であるコウノトリは、かつては日本中に広く生息・繁殖していましたが、昭和46年に野生下では姿を消してしまいました。兵庫県教育委員会では県鳥でもあるコウノトリの日本最後の生息地となった但馬地域・豊岡市において、昭和40年に人工飼育を開始するなど、文化庁の多大な援助をいただいて、地域住民の皆様のご協力を得ながら、長年にわたりコウノトリの保護・増殖に努めてまいりました。

その後、飼育下のコウノトリの死亡、産卵からふ化の難しさなど、苦難の時代がありましたが、それを乗り越え、ロシアから寄贈されたコウノトリのつがいが平成元年に飼育下繁殖に成功して以来、毎年、増殖に成功し、現在は約90羽のコウノトリを飼育しています。平成17年からは放鳥が開始され、平成19年には43年ぶりに野生下でヒナが誕生しました。そして、平成24年には野生生まれの両親から雛が誕生し、野生復帰の新しい局面を迎えています。」(コウノトリの郷公園HP「ご挨拶」より引用)



コウノトリずハウス。


こうなるらしい。


とーちゃん、泣きすぎて目の回りが赤い。


コウノトリが飛んだら大きいだろうなー。


こちらは飼育中のコウノトリず。


お。


わーい。来たー。


じいいいいいーーーー。


丹頂鶴の脚は黒、コウノトリは赤。
丹頂鶴は頭が赤、コウノトリは目の回りが赤。


ここから投函すると、幸せを運んでくれるらしいです。

あかちゃんが届いたらびっくりですわ。

おほほほほほほ。


兵庫県立コウノトリの郷公園
《住所》兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128番地


いつも応援いただきありがとうございます。お寺でお経をあげて頂いた後、両親とわんこのバロンも一緒に、せっせと下道で豊岡へ。走りたい気分だったので、すっきりしました。豊岡は但馬国府が置かれ、国分寺・国分尼寺の遺跡と共に発掘されたところ。かばんの産地です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

コウノトリの公園があるとは知りませんでした、
しかも天然記念物になっているとは、ちゃんと保護し絶滅を回避しなくてはいけませんね。

写真のポスト凄く良いですね~郵便局のアイディアですかね~コウノトリのポストなら幸せと子宝を届けてくれそうですね!

No title

か、かわいいっ
兵庫県にあるんですね。
こんなポストがあるとは、すてきすぎる。
良いわ~~
飼育ちうの本物さんにも会えるのですね!

No title

こんばんは~♪
いいところみたいだから行ってみたいですね。
コウノトリの実物も見たことがないし(^_-)-☆

しまさ様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

全国から、野性に戻したコウノトリの飛来報告が来ているようです。
しまさ様のお近くにも行くかもしれませんね。

豊岡市のコウノトリ公園の活動は活発で、畑に巣を作ったとか、ひなが何羽巣立ちをした等と、関西ローカルニュースでもよく取り上げておりまして。

一度、生のコウノトリに会ってみたかったので、ドライブしました。
なるほどー、この大きさなら、赤ちゃんを運ぶことが出来るわね♪っと。こほん。

近くの神社では、コウノトリ御守り、なんてあります。

無論、子宝とか安産とか。
和洋折衷で、丹頂鶴とますます混乱してしまいました。

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

兵庫県、広いから困っちゃうぅ~。

コウノトリというと、赤ちゃんを風呂敷に包んで足でぶら下げて飛んでるイメージ。

ここで投函したら本当に幸せを運んで来そうです。
肩の郵便マークもツボりました。えへへ。

飼育ちうの本物さんを観察するデッキがありまして、ぽーっと眺めていると時間があっという間に経ってしまいます。

コウノトリにも個性があって、面白かったです。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

いいところですよー。もりもりっと元気が出そうな活気のある田園風景で。
豊岡市は国府が置かれた場所なので、史跡もてんこもりもり。

ぜひ、機会があればコウノトリに会ってみて下さい。

No title

こんばんは。

コウノトリもトキも、日本で絶滅してしまってから慌てて外国から貰い受け、必死に育てている。
絶滅する前に気付けよ!と思うけど、その時には気付かないものなんですかね。
とはいえ、せっかく一生懸命努力されているんだから、何とか元気に育って羽ばたいてくれれば良いと思っています。
こうしてみると、本当に丹頂鶴に似ているのね。
足が赤いなんて全く知りませんでした。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おっしゃる通り、絶滅する前に気づかないものかと思います。
まあ、昔は自然保護とか、絶滅危惧種とかよりも、産業優先だったろうとは思うものの、外国からもらい受けた時点でそれはもうよそのものかと。

遺伝子的には、日本の子なのかな。
いずれにしても今度は大切に。

こちらの活動は活発で、実績も上げておいでです。
見学者も多くて、驚きました。
こういった活動でも立派な観光誘致になりますね。

私、丹頂鶴の足が黒い方に驚きました。どうやらコウノトリの足の色と勘違いしてました。

丹頂鶴といえば、釧路で会った子達がとても印象的です。
また会いたいなぁ。

No title

天然記念物・・・( ゚д゚)シランカッタ!

「ペリカンは鳥目名」だけど「和名はコウノトリだよね」って、とことん勘違いしてたのは自分だけでないはず(`・ω・´)キリッ

その実態は~~~丹頂鶴と色違い!!←?
やはり何かに間違われる運命サダメの子・・・(._+ )☆\(-.-メ)アホ

施設の模型模造?というよりコウノバードふぁいみりあ的なホンワカした感じがする^^
公園回りの景色が人工的じゃなくて、普通の自然の景色だからなのかなぁ^^
そよぐ風すら優しそう^^

なんて牧歌的にコメントしちゃったけど、実際は暑さジリジリだったりしてたらスイマセン・・^^;
幸せの手紙、待ってま~す^^/

ぽちぽちぽちーーー☆

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あれぇ~?そうなのかなぁ。戴いたコメントを拝読していて、コウノトリがもしかしてあんまりメジャーじゃないのかなー?と。

関西では、豊岡市のこのコウノトリ公園の一喜一憂がニュースでよく取り上げられておりまして。
やっと会えたぜ♪って思ってたのでー。しくしく。

>「ペリカンは鳥目名」だけど「和名はコウノトリだよね」って、とことん勘違いしてたのは自分だけでないはず(`・ω・´)キリッ

和名コウノトリてー。微妙に合ってるよー。
そうよー、微妙なのよー、コウノトリてー。
丹頂鶴!のように、甲野鳥、とか漢字にしちゃえば良かったのよ。ぶうぶう。

北海道の鶴居村までせっせと丹頂鶴を見に行ったもん。

コウノバードふぁみりあ的なホンワカさんでも、子コウはかーちゃん一筋に見えました。おほほ。

この辺り、住宅も間近にあるし、横は県立大学なのですが、まずはコウノトリありきな環境で。
もっともっとなんにもないところだと思ってたので、意外でした。

人工的ではないけれど、適度に手の入った自然・・・て、なんじゃそら。

ここは入口で、実はとても広いコウノトリ公園。ゴルフ場みたいに地図では見えます。

そよぐ風は熱風。塗り壁だけはとれないようにしてましたが、お風呂で鏡を見たら、全落ち。ぎゃー。

んふ。明日の朝、時乃★栞様のお宅にお届けしますね。

皺よせ。ちゃうわ、幸せ♪
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼